« 湘南戦試合終了。ドローで勝ち点1 | トップページ | ナビスコカップ初戦、甲府戦開始前 »

2013/03/17

2013J1-03 湘南ベルマーレ戦(アウェイ)観戦記

前日に久々に「サッカー批評」を買いました。サポーターに関する内容だったことと、会社で某サポから清水が結構 褒められているとの噂を聞いて久々に購入。980円は高いけど、半分を金曜日の暗闇なベットで読み、残りは湘南への電車内で読むつもりでしたが、案の定 行きは眠さと帰りは寒さで挫折した。


試合前から正直 期待してなかった。若いチームのズタズタ感はここ2年で身にしみている。0-4の3連発とかもあったし。ただ、相手が湘南となるとよほどのレベルじゃないと負けるわけにはいかない。安易な負けは、チームの存続を賭ける試合になることは間違いなく、結果に関しては緊張感が要求される試合に。

前半から、単調なロングフィードがDFラインから繰り返されたが、意図的だとすれば湘南のプレスを早々に交わして地上での肉弾戦を避けたいということだろう。パスワークでかわしきれない未成熟なメンバーの現実策という側面もあるように感じた。 DFに関して言えば、ラインが高いわけでもないのに、サイドを破られるあたりからの帰陣が遅く、簡単にピンチがやってくるのが気になる。また2ボランチがコウタとタイスケだとディフェンシブになりがちで、八反田が前線に吸収されて、の浮きっぷりも布陣を変えたところで前3枚とのこりとの開きが大きくてセカンドはまったくこっちにこない感じでした。

後半 八反田が1列下がってタイスケの仕事がはっきりしてからはせぬーの身体をはったポストも実を結んで、バレーのワイドへもボールが効果的に届くようになる。そうなると河井にも前にでるチャンスが来てなんとなく躍動感が戻ってきた。でゴールが生まれてからは押せるようになる。 トシユキがまったくダメなのはいまに始まったことではないので過度に気にしてません。悩みまくっているのが顔に出ている。問題は「なに」に迷っているか判らないのです、それが心配。

逆転にいたらなかったのはチーム状態から勝ち点1を優先し、今日はギャンブルをしなかったからだと思いますが、バランスをとりながらも攻める手をつくれないのが現状のメンバーなんだろうな、と思います。
20130316_01
立派な大型ビジョン
20130316_04
先発にせぬー登場、河井さんがサイドバック
20130316_05
武富のゴールは褒めるしかない。
20130316_13
ボールを拾う係りは新人の役目?
20130316_22
いい感じで日も暮れて
20130316_23
ということで今週ナビスコ2試合は、ダレをつかうか判らないので楽しみにしていきましょう。

|

« 湘南戦試合終了。ドローで勝ち点1 | トップページ | ナビスコカップ初戦、甲府戦開始前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013J1-03 湘南ベルマーレ戦(アウェイ)観戦記:

« 湘南戦試合終了。ドローで勝ち点1 | トップページ | ナビスコカップ初戦、甲府戦開始前 »