« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012/07/16

12J1-18 柏レイソル(ホーム)戦 観戦記

厳しいことですが、あの内容で勝ちきれないのが清水エスパルスの現状の力だと思います。主審のジャッジはこちらに一方的に不利ということはありませんでした。
20120714_24

エスパルスは、今シーズンも、「弱い」ってことでしょう。目標はカップ戦の勝ち抜きじゃなくて、リーグ戦で勝ち点40だろうな、と。このままじゃ、暑い夏は全敗でしょ、応援するヒトはまさにここが踏ん張りどころ。あとはこちら


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/08

12J1-17 川崎フロンターレ(ホーム)戦 観戦記

いろいろなひとの努力でチームが誕生し、20年続いたことは素晴らしいことです。バブル的に発生し、危機的な観客動員と成績で落ち込んだときもあった。とはいえ、20年に満たないサポも増えているのは確かなことで、なにをいまさらOB4人が集まっても、年寄りじみた話ばかりでした。<=回顧するなら別の機会でいいんじゃないかと。

20120707_08
そんな、誕生日にサツバツな気分を持ちながらの川崎戦。どっちもやりたいサッカーは努力しているけど結果が出てない感じ。いまのエスパルスの戦術であるなら、もっとSB2人がクロスじゃなくて、内側に入ってシュート打たないと入らんでしょ。最初に2本ほどあった、センターFWへの足元へつけるパス。あそこへまずはボールを届けないと、相手DFを中央に寄せきれない。CB=>アンカー=>MFが落ちてきて=>サイドバックへボールを供給するだけ、両サイドからばっかりじゃ、相手に1対2を作られて、カットされる。

ここからのこっちの守備はバランスは悪くは無いけど、たとえボール奪取できても、やっぱり思い切りの良さもなく無難な攻めになっている感じがする。

正直、(数値的には)次節に負けたら、(トップを目指すといっていた)ほぼ今シーズンは終了じゃないかな。
あと、川崎戦で晴天にもかかわらず鳥栖戦よりも集客できていない。久々に中位を彷徨ってか、案外ボトム3を争うまでに落ちるかも。運が無いと嘆くよりは、まずは走りきって泥臭く攻めきらないと。

マイナスイメージのまま、月曜日が始まります。その他の写真はこちらからごらんください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/07

川崎戦、試合終了。こんなもんか。

川崎戦、試合終了。こんなもんか。
どちらも意図的に繋ぐチームですが、完成度はエスパルスの方が高い感じ。川崎は出したボールに追い付いてない、ポジションにいないことが目立ち、相手の最終ラインを崩すということができない前半。決まったかのようなボールは西部が弾いてゴールを割れず。悪い内容じゃないけど、勝つためにっているというよりは戦術のリハビリ中といった感じ。
セットプレイもわかりきったコースに飛ぶけど全く合わないのはなんだろうな、自分が決めるという意図が希薄だからか。
後半は高原がはいってさらにマシになったけど西部のミスを引き出せず、接近戦で引き立て役に。あれだけボールポゼッションしてゴールが決まらないのは、攻撃のタイミングが常に遅すぎるのと、精度が低いからだろう。
今のホームでも勝てないのは重症で、違ったことをはじめないとシーズン終了になちゃうかなと。あと、意識をカップ戦に懸けすぎるるのは危険かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


OBからのメッセージ、ヤスも元気そうだが、イチが泣けた。ベストイレブンに右サイドが2人いるのはどうかと思うが、イベント向けかな。

20年間いろいろありましたが、今日も試合に勝って帰りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/01

12J1-16 大宮アルディージャ(アウェイ)戦 観戦記

失礼ながら、先週の鳥栖よりは総合力で落ちると思った大宮。このチームを相手にしても不発。相手チームのスカウティング担当はデータどおりで大喜びという感じ。ある程度は予測できましたが、激しくいくわけでもなく、足元中心にいつものつなぎと時たまにあるチャンス。こんなものかなという不出来。イキナリ良くならないですね。

20120630_20
左サイドのキジェ、小野。翔さんの後半に見せた連携とか、高原が入ってからのポストっぽさとか、ちょっとは改善できていると思われる場面はあったのですが、前半の状態で得点できないとつらいです。まだしばらくこの調子は続くでしょう。勝たせることができるか、チームとサポの雰囲気づくりですね。

ただ、試合を左右する失点は、鹿島戦も大宮戦も同じような時間帯に起きています。メンバーが変わっても事象は同じということ。チーム戦術的にもメンバーに左右されないサッカーであると考えると、最後の5分間のリスクマネージメントを変化させないと、こうゆう劇的な負けは続くでしょう。5試合に1試合くらいは劇的に勝つかもしれませんが、それはGW中に確率的に使い果たしたと思います。

では、懲りずに川崎戦ですね。その他の写真はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »