« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012/06/30

大宮戦、サヨナラ負けみたいなもの。

大宮戦、サヨナラ負けみたいなもの。
思い出せば、シュートを小気味良く打ったのは序盤の二本くらい。
最終ラインとサイドでボールをキープするだけのサッカーは見飽きました。崩しに仕掛かっているときにミスしてカウンターを喰らって疲弊する。
後半は小野がキジェと翔を繋ぐことはできたけど、ゴール前が固くて決められず。
トシユキと高原でサイドで崩してなかへと狙ったサッカー担った気もする。
三枚目のエダは勝負カードだと思ったが、ここのところ負傷やイージーミスが多いヨンアピンを何とかしたかった。
大宮の基本は耐えて、チャンスは5人で決めるパターンにはまるのは納得。
調子が悪いというより、やっているサッカーの質が悪いです、適切なパススピードとポジショニング、ランニング。悔しいなら動いて競り合え、相手に当たるかもと思ってシュートをやめてパスを選ぶな。
タフさがない、このままならリーグ戦は残留争いまで落ちるんじゃないか?とまで思えた。リカバーするのはしばらく難しいな。
出来れば、最後はドローで終るような組み立て、交代カードで、と思ったがゴトビ監督じゃ無理か。

残り数分、最初から90分やることは同じだが、悔しいキモチは倍増ですね。ただ、水曜日も今日もミスは稚拙な部類だと思う。イイジカンタイだったよね(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大宮戦、快適すぎる天候

大宮戦、快適すぎる天候
席が足りない以外は快適な大宮公園。
相手の状況からすると、多少のカードは覚悟してかないといけないような強い攻めが必要じゃないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/24

12J1-15 サガン鳥栖(ホーム)戦 観戦記

失点12しかないチーム相手にゴールコールしてもなかなか難しいなと思った序盤。PK獲得して、先制しても、これでやっと同点レベルかな、ハンデ貰ったな、とおもった前半。後半も突き放せず、同点に追いつかれたまでは予想範囲だった。小野が入っても相手がいやなプレイは少なく、最後はGK林が2本ほど止めなければ負け試合だった。
20120623_13

ここの2試合はチームとしてのしぶとさが問われる内容。「押し込んでいて先制され、でも逆転できない」、「押し込まれていても先制できた、でも勝ちきれない」、したたかなチームはどちらも勝ちに持ち込めるんだよね。研究されているのはわかっているし、いつまでも好調のままでシーズンは終わらない。

ダメなときにどうするか、他人任せで90分は終わらせないで欲しい。シュートが打てない、持ち込めないなら、もっと必死に喰らい付いて走れば、と鳥栖の走力を見て思いました。次節もガマンでしょう。でも、アウェイだからちょっとはプレッシャーが軽くなるかな。この試合、ゴール裏からの音圧は相手には脅威になっていたと思うのですが、一方でホームがホーム力になっていない、と思うのですよ。

その他の写真はこちらから、よかったら「いいね」を押してくださいm(__)m
写真が少ないのですが、この試合ひさびさに400ショットに届かなかった。チャレンジもせず、プレイ自体が消極的、失敗しそうになるのがわかると指が動きません、やっぱり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/23

鳥栖戦終了、策はあっても勇気なしじゃん

鳥栖戦終了、策はあっても勇気なしじゃん
相手の攻撃パターンは分かっているけど、こっちは対策されるとダメって感じ。
シュートも他人任せであることは代わりなく。よくやっているとは思うけど、相手のハンドPKだけじゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーム鳥栖戦、試合前。

ホーム鳥栖戦、試合前。
横浜での東名事故渋滞に巻き込まれて、ドット疲れたままで到着。
今日は雨は降らないのか?どんより曇ったままでの空を見上げながら、シブーイ展開になりそうな試合です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/18

2012年6月新潟アウェイの旅

遠距離アウェイは、試合よりもこちらのほうが大切な気もします。特に負けたときはとっとと帰りたくなるのですが、屈辱に満ちた週末は癒されないとやってられないです。

土曜日は新潟市内、旧齋藤家家別邸、タレカツ丼。日曜日は、瓢湖、月岡温泉、農家レストランぶどう畑、薬師の湯とやや北よりを巡ってきました。


20120616_22
旧齋藤家家別邸


20120616_24
月岡温泉


20120616_25
月岡温泉 農家レストランぶどう畑


20120616_26
瓢湖 あやめまつり


20120616_27
薬師の湯

ということで残りの写真はこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/17

12J1-14 アルビレック新潟(アウェイ)戦 観戦記

つらつらとは今日の朝のエントリーで書いたので、もういいでしょ。

最近、気になるのは、円陣を組んでスターティングに散る時間が忙しないこと。相手チームがピッチに出揃う前に終わっていたりする。もっと時間を使ってコミュニケーションしたほうがいいと思いますが、どうでしょうか。
20120616_02

20120616_19
ウマくいっていないヤツがU-23に目立ちます。精神的にツラい時期ですが、プレイでは自ら切り開くしかありません。ただ、折角のチームなのですから、お互い要求し合って、精度を上げて攻めましょうよ。懲りずに次節もスタジアムには行きますよ。

その他の写真はこちらからご覧ください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟戦、アウェイで勝てず

新潟戦、アウェイで勝てず
おはようございます、新潟の朝は曇天、風もなく静かです。
昨日は押し込んだままの序盤に決めることができず、難しい試合になるなと思いました。
新潟の前から守備力が戻ってきたのは確かで、おどおどした時間帯に猛攻にしたかった。高い位置でボールを持ち続けるだけではゴールは生まれない。
失点後は、新潟の自信にあわせるかのように考えすぎで、間合いを詰められて、苦戦。相手はドン引いて守っているわけではないのだから、もっと単純なミドルシュートやロングフィードで負けて勝ててないチームが嫌なことをやりたかった。
交代のメンバーは戻ってきたメンバーのリハビリみたいだった。いい面もあったけどテンポは悪い。新潟は金を代えてキクチが入ったのが効いた。イエロー2枚にしなかった東城主審のアシストもあったが、あそこで10人に追い込めなかったのは潮目だったかな。

結局、FWの得点力、セットプレイの精度が無いから苦戦しているんだけど、まだまだ我慢かな。イーブンペースで中位に落ち着くのか、上位に留まるか、シーズンの行方も分岐点 、次節もキツいね、自分達で難しくしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/16

新潟戦、試合前、寒い

新潟戦、試合前、寒い
少し風が強く、肌寒いビッグスワンです。ヒト入らないなぁ、アルビも。
いつものように始まるリーグ戦、メンバーは充実してますが、シンジは何処のタイミングで使うのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/10

FIFAWC2014_FR02 日本対ヨルダン観戦記

平日のナイトゲームは辛い。横浜国際なら行かないけど、自宅からの距離は圧倒的にサイスタは近いので観戦候補になる。ただ、オフィスから高いけど新幹線でいける新横浜は脱出が容易ですが、サイスタは移動手段が限られるのでちょっと困る。追加抽選販売で当選したチケットはカテ4の片隅。まぁ、観れればどこでもいいや、という感じで出発。

20120608_00
試合は、もう最終予選なのか?という感じがしない内容。ファールにアピールして長谷部の傷み具合から主審のジャッジがイエロー2枚で退場。日本相手に10人というのはかなりDFの負担が大きい。以前であれば、それでも2-0、よくて3-0くらいで試合が終わるのに、前半で4得点でほぼ試合をつまらなく(予選なのでこのさい、別にどうでもいいんだが)、まるで格下相手の「キリンチャレンジカップ」をみせつけられているようだった。

20120608_01
クオリティ自体は個々によるものが大きく、3日のオマーン戦と同じで本田、長友、香川、岡崎、この日は内田も踏ん張っていた。技術的にも精神的にも進歩を感じられる内容で圧倒できるのも納得。前田も慣れてきたのか試合に参加できるようになった。ハーフナーは出番がないね、これだと。
オーストラリアがもたついている間に予選の勝ち抜けを決めてしまいそうな勢い。観戦するほうもこれくらい若い・子供の客層がJリーグに来て欲しいな、ただ、目玉になるプレイヤーも少なくなかなか難しいだろう、そんなことを考えながら翌日のエスパルスの試合も考えて、終了10分前には離席開始。栗原のゴールは場外で聞くことになった。サイスタでの開催は賛成だけど、交通網はもうちょっと整理しないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12NC-GL6 大宮アルディージャ(ホーム)戦 観戦記

関東の朝は雨、駅までの数kmを自転車でいくか、徒歩で行くか迷った末に徒歩を選択。さすがに1週間で4試合ともなると夜遅く朝早いからか疲労感も強かった。30分ほどかけて着いた最寄り駅から始発を乗り継ぎ、沼津行きの電車でアウスタへ。道中 ほぼ熟睡して開門前になんとか到着。

試合前にサッポロ土産をちょこちょこと配布して、腹を満たして試合を待つ。どこかで横になって下半身を休ませたかったが、雨でコンコースも混雑していて。SS席の入り口が唯一の空&乾燥したスペースだったのでここで横になり、試合開始を待ちました。

先発は札幌戦とほぼおなじような、予想通りなメンバー。唯一 GKは変えてくるかとおもったが、大宮戦は今月末にもリーグ戦で再戦があるからか、海人を連戦で使う。立ち上がりからボールを支配し、丁寧に繋いで攻めることはできていたが、なんとなく疲労感は感じられる。相手が予選敗退した大宮であるからか、鋭さはないものの、長距離遠征しての連戦がキツイと思わせる匂いがした。

20120609_04
失点は、スローインを安易に許して、相手右サイドからFWに廻したボールをあっさりとシュートさせてということ。ただ、その後は、意識を取り戻したのか、落ち着いた感じでセットプレイから同点。

20120609_07
後半は、ベテラン勢の高原、大悟を交代させて若さがさらにでるかと思ったが、中央はコウタに変更してからも、要所で相手に鋭く詰めてボールを支配してペースは落ちず。追加点のボールもゴール前からコウタが元紀に出したボールを深谷と競って、深谷は背中から掻くように微妙なファールをしたことでPK。世界基準としたら意図的な妨害であるから決定機阻止でレッドなのかな。

20120609_15
PKが決まって、白崎が投入されては想定の範疇。リーグ戦で使っている伊藤翔とかはあえて交代で使わず、後は若手というかルーキーたちがこのチャンスを生かせるのか、チームがいいほうに回転しているなと思わせる展開。白崎は、一つ目のチャンスでパスを選択したときにチイセーナァ、と思ったが、2つ目のチャンスは他人任せにせず、しっかりシュートまでいって、しかも決めてしまった。勢いにノルというのも重要。

20120609_19
すこしハラハラしたものの、試合がハッピーエンドで終わるのは心地良い。仲間内の車に同乗することができ、乗り換えも無くスタジアムを脱出。天気も回復してゆっくりと帰路に着くことができました。ただ、あんなに晴れてきた天気も、車中で寝落ちして箱根を越えて厚木あたりからは雨。折角脱いて半そでシャツで帰り始めたものの最後はウォームアップまでを動員するハメに。4時30分に起床して帰宅は20時30分、この日も長かった。

飯食って寝たのは22時、日曜日は2度寝、3度寝とグタグタなまま過ごした。次週はアウェイで札幌戦。相手は新監督の緒戦となりそうです。その他の写真はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/09

ナビ杯大宮戦、勝ちました。

ナビ杯大宮戦、勝ちました。
石毛君を先発させて高原が入って、後はほぼ水曜日と同じような布陣。
攻め立てて、疲れているときに緩んで失点。その後は前半中に同点にできたのが大きかった。後半は西村主審のジャッジで流れが変わって、白崎の3点目で相手が完全に諦めて。

まったりした試合だったけど、結果が出て良かった。流石に勝ちロコの足取りはみんな疲れで重たかったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/07

12NC-GL5 コンサドーレ札幌(アウェイ)戦 観戦記

こんばんは、世間的にいわれている「勝ち組」です( ̄ー ̄)ニヤリ あっという間でしたが札幌から午前便で帰ってきました。

普通なら9月1日開催のリーグ戦(札幌ドーム)を優先するであろう水曜平日なナビスコカップ予選。今回は迷惑な休日出勤をした代償、代休を充てての遠征してみました。往路の羽田にオレンジな影はほとんどなくビジネス・観光客の集団に紛れJALな旅となり。分刻みでスケジュールをこなした後にたどり着いたビジターゴール裏は約100人くらいのサポーター、さすがに少なかった。

試合開始1時間ほど前についたものの、イベント装飾以外は試合があるのか?と思わせる静寂ぶり。アウェイ側唯一のスピーカーから漏れてくる選手紹介は寂しい集客風景と共に、こりゃしょっぱい試合内容で後悔すっかな?と思ったりしました。

20120606_01
布陣は事前に漏れてきたとおりゲンキがCFに入って、ワイドが河井とトシユキ。トップ下が小林、コウタ、GKは海人のナビスコ仕様。以下はいつものまま。相手
は、前俊もいないし、純平、マサキもいない。DFラインがU-19ばかりの若すぎるくらいの情報しかなく試合に。攻撃面では、トップに大島・キリノがいるとはいえ、後半に近藤+マサキが投入されるまでは辛抱するのかと思わせる布陣でした。

20120606_05
攻め方は、丹念にショートパスをつないでギャップをつくり、前3人突破口を作るといった雰囲気で、特に河井、吉田、ゲンキ、コウタが絡んだ右サイドは面白いように粘れるし、ボールが廻る。先制点も真ん中でつぶれたとおもったら、河井がしっかり詰めて蹴り込んだ。2点目もファールをゴール前で獲ったところから、キジェがスピードはしっかり曲がるボールを蹴って2得点。新布陣で早速 結果が出たこともあり全体的にボールを押し込む時間が続きます。

20120606_16
後半は、ハーフタイムのアップに石毛がいないことを確認し、左足を痛めたトシユキに変えるのかと思ったら、大悟に代えて右のワイドに投入。河井がインサイドになって、コウタが左側にずれる。相変わらず札幌は大味なことはしないけど、パスカットしてもタイミングよく前にボールを出すのを躊躇するシーンが目立ち、右サイドは常に押し込んでいて、清水のターンは変わらず。相手DFのこぼれを掻っ攫って、薄い角度のゴール前に持ち込んだときはどうするのか?と思っていたら、シュートを選択、リフレクトするかと思ったら、そのままゴールで3点目。4点目もコウタが拾ってゴール前に侵入し、コントロールしたシュートを最後まで追っかけて決めきった。下位チーム相手に緩むことなく試合を決めてしまったのは素晴らしいとしかいいようがない。これ以外にも得点できそうな決定機は多く、単純に置き換えはできないが、FWの追い回しがリズムを生むとこれくら崩れるという好例になったと思う。更に辻尾が吉田に代わって試運転ができたり、得点から余裕が生まれ白崎の投入もできたりと清水サポ的にはおなかいっぱいの展開。

20120606_28
試合後は、往路は使ったバスを使わず大谷地駅まで歩き、すすきので乾杯してホテルで就寝して、朝イチで起きて帰ってきました。せっかくだからゆっくりしたかったのですが、仕事がありますから仕方なし。

次節はナビスコラスト2試合の大宮戦です。ここで勝ちきればOKなのですが、まったりしてしまうと折角のこの大勝での雰囲気がまたいつもどおりになるかもしれません。

残りの写真はFacebookページにありますので、こちらからご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌戦、試合終了

札幌戦、試合終了
立ち上がりに2得点で相手の勢いを削いで、後半も得点を重ねて逃げ切りシャットアウト。
新布陣右サイドは相手になにもさせずに圧倒できたんじゃないかと。
辻尾の試運転もできたし、ほぼ満点のデキかな。気分が緩んで土曜日の大宮戦でポカしないようシッカリ応援しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/06

ナビスコカップ、札幌戦の試合前

ナビスコカップ、札幌戦の試合前
およそ100にんくらいのアウェイ、ガッチリ決めて帰りたい。ボールは水分で滑るし、いいコンディションだと思います。

頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/04

FIFAWC2014_FR01 日本対オマーン観戦記

FIFAWC2014_FR01 日本対オマーン観戦記
自宅を出たのが16時前、いつものようにイオンで水と食料を調達して駅を経由して南スタンドへ。
ちょっと驚いたのはこれだけ人が多いのに、ちっとも入場が進まないこと。席確保に殺到するのを避けるのはわかるけどスピード感なく。指定も自由も導線が同じというのは今回は失敗。特に休日開催といったのは早めに並ぶ人が増えるし、運営の首を絞めたかも。

試合は海外組の長友、岡崎、本田がクオリティの違いをみせ、早い時間に先制点をとったことで決まった。カウンターを繰り出してと思っても、長谷部、今野あたりにあっさりセカンドを拾われて繋げない。
イチゼロで凌ぎきった後半もやっぱり立ち上がりを耐えきれずに失点。オマーンがなんとか形になったのは3人を交代させ4-1-4-1みたいな終盤か?
日本の岡崎、本田の前線のワイドカバーと推進力が落ちないと何ともならない感じ。
日本相手には失点しない事と主軸のスタミナが切れる後半30分くらいまで 粘れるかかな。前田はそつなくこなしてたしラッキーなボールストップから得点できたけど、前向きながら得点できなかった香川は南ア組に合わせるのか、自分のペースを主張するのか、今回は自己主張がなく、沈黙してた感じもします。
3点目が入ったことでラスト5分は捨てて退出。レッズとかの地元客だけならなんとかなるけど、ワケわからん代表戦だけサポーターとう若い世代には付き合いきれません。
8日ヨルダン戦は平日、でも週末だから改善されるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/03

FIFAWC2014アジア最終予選、日本対オマーン試合前

FIFAWC2014アジア最終予選、日本対オマーン試合前
初体験、最終列のカテゴリー4。全体は見えるけど、遠いっす。
当然、勝つつもりですが、雰囲気はお祭りですね、頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »