« 12J1-09 鹿島アントラーズ(ホーム)戦 観戦記 | トップページ | セレッソ戦、試合前。 »

2012/05/09

リーグ戦、序盤の10戦を終えて勝ち点21で2位。

開幕前の個人的な今期予想は最終順位は13位、早々から降格争いと思っていたので、正直 現時点でのデキは完敗です。2011シーズンイン時のメンバー大量移籍からみたら派手さはないが、DF陣の入れ替えが多く、こりゃ簡単には勝てないと思いました。
昨シーズンとの違いは、両サイドバック、太田=>イ・キジェ、辻尾=>吉田、アンカーがヨンアピン=>村松、GKが海人=>林。香港遠征でも予想範疇のデキで、プレシーズンマッチも磐田相手では判断に至らず、開幕戦では期待以上の動きは見えたものの、勝ち運はないな、と思わせる結果。
20120503_21

昨シーズン、サポ席から歯がゆく見ていた点は改善されたと思います。
(1)DFイワシとGK海人の連携イマイチ=>GK林に変更、岩下との関係も良好
(2)両SBの思い切りの悪さ、消極性=>キジェ、吉田の推進力
(3)囲みプレスがかからずDFラインがさっさと引いてしまう=>ピッチ全体を使ったパスワークで主体的な組立
(4)SBからクロスが上がってぺナエリア内のFWが決める=>FWクロスから逆サイドFWが決める

たぶん監督が目指すサッカーは変わっていないが、実践できるメンバーを追加獲得または配置転換したことで連動性が向上し、結果が出始めているということでしょうか。鹿島戦も、相手のデキが悪かったというより、鹿島の布陣システムがアンマッチでやりたい放題だったということじゃないかと。

気になるのは
(1)夏場もプレスがかかるのか?=>たぶん相手もきついから大丈夫?
(2)両ワイドのFWはマークされる=>中央を突破できるパターンを増やす?
(3)セットプレイからは失点減少も、得点もほぼ無い=>キッカーとのタイミング?
さらに
(4)各国代表での召集可能性 ※ ( )は開催時期のみ
1.アレックス=>WC最終予選(6/3・6/8・6/12)
2.林=>WC最終予選(6/3・6/8・6/12)
3.高木、大前、吉田、村松=>トゥーロン国際、オリンピック(5/23-6/1、7/26-8/11)
4.イ・キジェ=>オリンピック?(7/26-8/11)

特にオリンピックは、一気に半数くらいの戦力ダウン。IOCイベントなので拘束力が無くFIFAが援助しているものの
欧州組が所属チーム次第で不参加となると、意外なメンバー構成にならざるを得ない。とはいえ、現在のメンバー選考基準からすると吉田が最低限選ばれるかどうか?という感じで、大前・高木が選抜される可能性は非常に低いと言わざるを得ない。後は、周りが騒ぎたてて選抜レースみたいな感じで選手が精神的にマイるかどうか。

2012年シーズンの夏場を好調のまま乗り越えられるかどうかは、案外 U-23チームの関塚監督の選考次第でという感じがする。ジミー・フランサがフィットするかどうかもポイントではあるが、夏場に、今の主軸がいるかいないか、が一番のポイントになるところが、今の選手層なんだろうな。

|

« 12J1-09 鹿島アントラーズ(ホーム)戦 観戦記 | トップページ | セレッソ戦、試合前。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーグ戦、序盤の10戦を終えて勝ち点21で2位。:

« 12J1-09 鹿島アントラーズ(ホーム)戦 観戦記 | トップページ | セレッソ戦、試合前。 »