« 12J1-06 ジュビロ磐田(ホーム)戦 観戦記 | トップページ | 鹿島戦試合前、混雑してます »

2012/04/29

12J1-08 FC東京(アウェイ)戦 観戦記

昨日は試合前、試合後もアップできず失礼しました。開門ギリから夜中まで楽しい一日を過ごしてGW突入。厳しい試合となりましたが、勝ててよかったです。

20120429_20
試合終了した直後のホームゴール裏、撤収開始・完了はみごとでした。選手が来る前に外しきってしまうなんて。


次節は調子を戻してきた鹿島との戦いですが、連勝に期待しつつ、こちらもがんばりましょう。

その他写真はFacebookページにアップしましたので、ご覧ください。

(観戦記4/29追記)
11時開門になんとか間に合って、2階のU自由席、中央に席を確保して、コンコースをぶらぶらと試合前は過ごしました。金曜日までの悪天候続きはなんだったのか、というくらいに暑い、気温の上昇が必ず試合の内容・クオリティに響くのだろうと思っていました。


先発で変化があったのは伊藤が左のFWに入って、高木がベンチ。ジミーがハイボールの競り合いに弱い部分を補って、セカンドがジミーに零れてということを狙ったのか、序盤はまずまずの成功。ただ、小野・アレックスがサイドの組み立てに終始してしまい、サイドからのクロスには中が人数不足という感じなのと、暑いのか動きも抑え気味。
FC東京も中盤での楔パスからマークを外して中央で主導権を握ることはできていているけど、両サイドからは清水に抑えられてクロスもキレイにあがらない。イーブンというよりは、FC東京セットレイを跳ね除けて、中盤のボール廻しにしっかり喰いついて粘る清水といった感じです。暑くて、マッタリした前半で一人飛ばしていたのは、西村主審という感じで、自慢の体力を生かして、厳格にジャッジ続けます。

後半は、立ち上がりに攻め込む清水に対し、鋭さに欠け、ぱっとしないFC東京という時間が続きました。ジミーに競り合いで肘が出たということで、2枚目のカードが出て退場、1枚目のカードは、相手リスタートへの遅延行為だったというのが悔やまれます。カードを出すタイミングに併せて、FC東京のサポがコールしてましたが、「ジミーがいないほうがいいんだぜ、数的不利が有利になるのが清水のお家芸」と思っていたのは内緒w
数的優位になってからも、東京ベンチの意図はピッチでは通じてないようで、動き出しはいいけど、誰もムリせず、つないでお付き合いといった展開。高原・高木が小野・伊藤に代わり投入された後、清水も4-4-1でキレイにラインを作って、下がってスライドしてさらに粘ってました。アレックスがリスタート位置から離れず、ボールを触ったことにより2枚目のカードで退場。

2人がいなくなってからは、ハーフコートの練習みたいでしたが、4-3-1(ゴトビ監督は4-2-1-1と評してましたが)グタグタしているうちに、高原に遊ばれパスミスから失点。清水の歓喜から有利なチームが意気消沈して、誰彼と繋ぎまくる不思議な試合展開に。一方で、太田・石川のサイドは攻略ポイントだったようで、平岡を投入して、吉田の背後を旨くカバーしていたのが秀逸でした。徳永側の東京右サイドは、左と違い突進力とシュート力を加味するとキツいはずで、こっちを捨てるというのはかなり勇気がいることかと。

平山・渡辺と次々と2枚入れても、時間も遅く、最終ラインは横からロングを蹴ることを混ぜるのでもなく、崩しを意図したようなパスを繰り返し、バイタルからのシュートもなし、と勝つ気あるのか?ということで試合終了。旨く守られていたとはいえ、終盤東京サポから繰り返された「シュート打て!」コールは正しい反応だった。


で、主役に祭り上げられた西村主審
察するに彼のポリシーは、
・競り合いでボールに足が行っていれば、ラフ気味でも止めない。
・アドバンテージは取るからアクチュアルプレイングタイムはしっかり確保する。
・つまらない遅延行為、リスタートの妨害、ボール保持を目的としないハードタックルはダメ、すぐにカード。
試合運営方針は
・清水の岩下がセットプレイでいざこざを起こさない用に注視する。
・清水の岩下に起因して東京側が報復的に引き起こさないように注視する。
・清水のアレックスについては、口が悪いという評判なのでバットワードが出たら警告する。

審判団の連携については、ジミーの2枚目の判定を見ていてもコミュニケーションは取れていた。
バックスタンド側副審のボールはオンライン上はボールはインであるという動作をはっきりしてました。
観戦していても、わかりやすかったですが、試合全体のコントロールは序盤のカードが唐突過ぎた感があり、失敗したかなと。

(マメネタ)
アウェイ側でユルネバが聞こえなかったようですが、バックでは聞こえてました。あの時間帯がまったりするので、こっちがキングダムで被せてたのは成功
太田ネタを引きずっていたのは東京側かな、「太田、東京」コールは多過ぎ、「ハッセガワ~アーリア~ジャルール」を聞きたかった。
白崎くんの親族がバック前列いらっしゃいましたが、ベンチ外れて残念がってました。が、トシのゴールには大喜びでしたw
辻尾JAPANをみて、東京サポが喜んでいたが、アウェイで勝ったのは初めてじゃないかと。


|

« 12J1-06 ジュビロ磐田(ホーム)戦 観戦記 | トップページ | 鹿島戦試合前、混雑してます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12J1-08 FC東京(アウェイ)戦 観戦記:

« 12J1-06 ジュビロ磐田(ホーム)戦 観戦記 | トップページ | 鹿島戦試合前、混雑してます »