« 試合終了、アウェイ初勝利 | トップページ | ダービー勝利 »

2012/04/08

12J1-05 ヴィッセル神戸(アウェイ)戦 観戦記

水曜日に他チームの試合を観戦し、慌しく週末までの2日間を過ごした後。始発電車に揺られて羽田から伊丹経由で着いた先が三宮。伊丹で感じた肌寒さは、神戸でも変わることなく乾いて冷たさが残る空気と満開に近い桜を見ながらスタジアムへ。

20120407_22

※その他写真はこちらFacebookページにアップ

メールが届いて確認したメンバーには小野がいない、でもエダもいない。予想通りジミーがトップでアレックスがワイドかトップ下。
前半は、相手を蹴落としたい神戸がいきなり猛烈プッシュしてきてコーナー、セットプレイ、と攻め込まれる。アレックスのシュートはあったものの、ジミーも(というか)ジミーへのボールは相変わらずロングフィードまたは放り込みばかりでなんとか耐え忍んだ前半の序盤。それでもパスや競り合いに食いつけるようになった中盤以降は互いに様子見しながら攻め込む感じで、HTへ。
後半も、序盤は神戸が強く攻め込んでくるが、野沢からのボールがことごとくフィニッシュに結びつかない連携の悪さ。(鹿島なら・・・という感じ)
大悟とエダが入ってからは中盤が攻めを意識したピリッとした感じに変化して、右サイドの吉田との組み立てや、ダイレクトでの縦パスがジミーに入ったりと、押し込める展開。村松も競り合いからボール奪取してアンカーとしてのチラシも目立ち始めた。
ゴールは、アンカーが奪取、繋いでゲンキがクリアをセカンド拾って、攻めなおしてエダが突っ込んで、クリアされて吉田が拾ってと、前にイク意識がはっきりした結果。
神戸は和道がコントロールを一手に引き受けていたが、この場面では1対3みたいな局面に追い込まれた感じ。
得点後は神戸のテンションが落ち、中盤でも安易にボールを奪取して時間を稼げるパターンが増えた。勝てていないチームにダメージが表出したことでアディショナルタイムも無難に締めてアウェイで久々の勝利となった。

ジミーも先発が嬉しいのか意欲的にゴールを狙い、前回までよりは進歩しているのかも。しかし、あれだけのオフサイドに引っかかるのはちょっと低脳といわざるを得ない。エダも前を意識した攻めは相変わらずだが、中盤でボールつなぎ時の相手との呼吸が合わない、横パス時のスピードが遅く狙われるなどマイナス点はあるが、このパターンがオプションなんだなと思う試合でした。

|

« 試合終了、アウェイ初勝利 | トップページ | ダービー勝利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12J1-05 ヴィッセル神戸(アウェイ)戦 観戦記:

« 試合終了、アウェイ初勝利 | トップページ | ダービー勝利 »