« 札幌戦、勝ちました | トップページ | 神戸戦、試合前 »

2012/04/01

12J1-04 コンサドーレ札幌(ホーム)戦 観戦記

昼過ぎに車で都内からダイラまで。ポツポツ降っていた雨が、強風に変わってドキドキしながら神奈川県を通過。低速運転を強いられたから開門には間に合わなかったが、御殿場から沼津、富士と急速に天候が回復してきて、清水は晴れていた。
20120331_07

※その他 写真はFacebookページをご覧ください。

おかげで、真っ白な富士山が見えて、ノンアルコールビールですが、桜で花見もできましたね。
試合は、やりづらいと思っていたとおり、安易に攻め込んではこない札幌の手堅い守備力に撥ね退けられて、ミスから数度はピンチを演出してしまう凡試合の様相でした。
特に前半の札幌は、なんとか風下の時間をやり過ごして、前田にボールを入れて、近藤あたりに繋いで得点できればという狙いだったような気がします。
エスパルスは、立ち上がりからプレッシャーをかけていくのか?と思いましたが、案外慎重にボールを保持して繋いで、サイドでミスしてとお寒い内容でした。河井が繋ぎ役で右サイドを狙おうと下がってくるのですが、前線に迫力がなくなり、ゴールできない雰囲気。
後半は、大悟がジブンで時間を稼ぎながら前に運んでいくパターンで中央でコントロールしたり、風下を使って、浮き気味の縦パスをサイド前にイワシが入れてみたりと工夫はしてましたが、高木の得意コースになりつつあるシュートが決まって、札幌のメンバーとゴール裏に今日もダメ感が少し漂って、寒い試合は終了。
ジミーは相変わらずサポートもなく、ボールを引きだすこともなく不安材料ではありましたが、平岡がしっかりボールを跳ね除けてくれるという現実的な3枚目交代もあって勝ち点3をゲットしました。去シーズンと比較すると、前進はしていると思うのですが、2勝0引2敗、中位力を発揮中です。ただ、残留争いの候補ともいえる相手チームにしぶとく勝ちきった点は評価したいかな。
後半の終盤に、SB吉田が清水サポに消極的なパス、中途半端なドリブルを酷評されてブーイングを浴びてカウンターになったあたりは、選手とサポの温度差が見えて面白かったです。次節はなんだか内容が安定しない神戸とアウェイでの対戦ですが、出足鋭くプレスをかけて勝ちきった鳥栖の戦術は参考になるかもしれません。

|

« 札幌戦、勝ちました | トップページ | 神戸戦、試合前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12J1-04 コンサドーレ札幌(ホーム)戦 観戦記:

« 札幌戦、勝ちました | トップページ | 神戸戦、試合前 »