« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011/11/27

11J1-33 鹿島アントラーズ(アウェイ)戦 観戦記

アウェイ最終戦は鹿島との対戦。東京駅から電車で行きたいと思ったのですが、やはり乗り換えにムリがあって諦めて、東京駅からの直行バスを予約しました。昨シーズンまでとの違いは、長距離路線バスがすべて鹿島スタジアムまで延長されていること。こちらは市内を循環するので時間がかかります。逆に、直行便は片道2,000円(割引時)に値上げされ、バスの発着位置が東京駅、スタジアムでも違います。

開門直後に到着するはずが、首都高の渋滞したおかげで、約15分ほどの遅延。中では、いつもどおり、五浦ハム焼き、モツ煮をいただきまして、ちょうどよい腹具合で試合前の目的は達成。

試合は、はっきりいってお話にならない内容で終了しました。ジャッジがどうのというよりは、清水が意欲的に攻めきれず、消化不良なままパスを繋いで、インターセプトされて、いなされて、崩されてと鹿島のやりたいサッカーを表現されてしまいました。なんだか、シーズン終わって、調整中という感じです。柏のもたつきでガンバ大阪にも多少、逆転優勝の匂いがしてきましたが、次週も思いやられるという感じです。Facebookにはその他の写真もアップしてますので、こちらからごらんください。

111126_02
震災の影響は、仮設になったスタジアム内の照明、PAとかで感じました。後は、高速潮来IC近辺の段差、バスがドスンと揺れたときにスゲーゆがんでいるんだなと思いました。

111126_03
これが食べたいがためにアウェイゴール裏は遠慮させていただいておりますが、相変わらずウマいし、行列も長い。

111126_07
ここ数試合は、外国籍選手のイラツキが上昇中。特に試合中のジャッジについては、不満が募っているようです。かといって、誰も注意するわけでも押さえきれてもいない。

111126_08
メインスタンドでの観戦でしたが、スタジアム内は、日陰になりますので、かなり寒かった。コートを持っていって正解でした。観客2万人というのはちょっと少ないかなと思いますが、順位もこれではしかたないかな。

111126_12
後半、失点がかさみます。今の布陣は自信を持ってボールを保持して攻めていかないとかんたんに崩されるような布陣です。大量得点の可能性よりも失点の可能性が高い。それだけに前向きになれる精神的なモノが各自に求められるのですが。。。

111126_14
前も、イエロー2枚でレッドという試合があったようなマサキ。カード喰らったときの立ち振る舞いは相変わらず、血が上っている感じで整理できてない。左SBが様にならないのは、ドリブルでのボールのつつきかたにスピード感がなく、どちらかというとすぐに中央エリアのサポートを見て、パスするために止まってしまうあたりか。守備時のポジショニングはしかたないとはいえ、素人っぽくなってしまい、高原、エディのヘルプが増える。走力は問題ないから、後はタイミングと距離感、ヘディングとスローインはマサキに限らず要改善ですけど。

111126_18
レギュラーと目されるサイドバックのメンバーに意欲が見られないから、ここでチェンジを繰り返しているんでしょうけど、2戦連続で成功していない。
イエローカードを喰らって、失点を重ねて、打開策が見えてこないのは、開幕戦あたりに戻った感じ。天皇杯も怪しいなぁ、前向きになれない。
柏が引き分けたことで、ガンバにも優勝の可能性が出てきてしまった。ホーム最終戦に笑って終われるか不安です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/26

アウェイ鹿島戦の試合終了、コールド負けにチカイ。

アウェイ鹿島戦の試合終了、コールド負けにチカイ。
立ち上がりにオフサイドといえゴールネットを揺らすことはできたが、その後はいつもの鹿島の動きに対応できず、後半に三失点。
もっとポゼッションできないと両サイドは上がれない。怖がって消極的なパスが目立つ。いつの間にやら他人任せなパスワークで、相手のファールと主審の笛に反応しすぎて自滅した。
トップにアレックスを入れたり、左にマサキを使ったり、あれこれ刺激策を施すのはいいですが、上手くいかなかった。ほぼ順位の決定した中位チームの出来でした。
最終節、天皇杯もこのモチベーションでは怪しいですね、残念ながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿島戦、試合前です、寒いです。

鹿島戦、試合前です、寒いです。
日陰となるアウェイゴール裏はこんな感じ、もうちょっと増えると思います。仮設の照明を見るとまだまだ復興出来てない現実を知らされます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/21

柏戦です、試合前ですが。

柏戦です、試合前ですが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/20

11J1-32 柏レイソル(ホーム)戦 観戦記

暑い一日でした。Facebookに写真アップしました。blog観戦記は後日に追記します。次回は鹿島戦に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柏戦終了しました、逆転負け

柏戦終了しました、逆転負け
東名の渋滞2時間以上ですのでここで休憩。
試合は、押し込んでいた前半に先制できず、福岡戦と同じフリーキックでの得点が生まれず。
場内含めて、ジャッジに反応しすぎ、もうちょっと冷静にリードしてからの粘る時間を増やしたかった。後はエダの交代後、やっぱり中盤の守備が、カバーリングが遅くて破綻したかな、まぁ、監督力、采配負けだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柏戦、混みすぎ

柏戦、混みすぎ
バックスタンドに容赦ない直射日光が降り注ぐいい天気。
混雑がひどく、動き回りたくないな。柏サポも大漁発生中、オツカレさんです。意気込み語っていた前キャプテンはベンチにもいない、流石 ネルシーニョ、無用な軋轢は避けたかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/13

mixiページ作りました

Facebookにおされて、mixiが始めたと思うmixiページですがつくってみました。背景つくって、カラーコードをオレンジ系で指定して終了。

mixiページ 川口本舗別館

いまのところ、Twitterとの連動しかできないので、利用方法が浮かばないのですが、福岡戦の写真とかもいれてみた。5枚ずつしかアップできない、まぁ、簡単に誰でもというコンセプトだろうし、しかたないかな。mixiのアカウント持ってないと閲覧すらもできないかもしれないけど。

誰でも閲覧:blog
サポな仲間うち:mixiページ
リアルな知人・友達:Facebookページ

とすみわけと考えてますが、めんどくささがありありです。Google+もどうしようか思案中ではあるので、なんだか、SNSだらけですが、Blogはどんどん旧勢力になっていっていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/06

11J1-31アビスパ福岡(アウェイ)戦 観光編

福岡は日帰りだったのですが、やっぱり泊まりが良かった。とはいえ、簡単に休めないのがにほんの社会人なわけです。Facebookページのアルバム、こちらにアップしました。

111103_100
烏賊天定食が朝飯

111103_102
長浜ラーメンがおやつ

111103_104
久留米ラーメンがお昼

ということで、スタジアムではまったく食べることなく、空港でリュウキュウというどんぶりを食べながら反省会を経て、21時のJALで東京戻り、0時過ぎに帰宅となりました。しばらくラーメンはいいや・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11J1-30 アビスパ福岡(アウェイ)戦 観戦記

Facebookページにはアルバムに試合写真を掲載しております。こちらからごらんください。

試合については、携帯から感想を長々とアップしているので省略します。

111103_001
明るい西日本

111103_003
先発

111103_008
ハンドで先制PK

111103_010
イワシのゴール

111103_014
エディのゴール

111103_017
うかつな2失点

111103_019
ということで、もったいない負け、いやドローでした。

次はホームの柏戦まで観戦記は間隔が開きますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/03

福岡戦、微妙なドロー

福岡戦、微妙なドロー
前節で降格が決まった相手は序盤は自信がなく、圧倒的なポゼッションを清水が誇っていたが、攻めきれないうちに、リズムとパススピードになれてきた福岡が、カウンターからおちついたパスワークで、サイドチェンジから好機を重ねてペースを奪う。
前半は福岡がゴールを押し込めないままで終了。後ひとつ中でポイントが合えば、決めきれる負け試合の内容。
清水の好機が生まれないのは自分達のポールを大事にしすぎで攻めにメリハリがないことと、ユングベリをいかしきれない、スペースへの走り込みがアタッキングサードで噛み合わないあたりにあったと思う。
後半も、ある判定への抗議から笛の印象が代わり、数少ないゴール前のエリアでPKを獲得、エディのフリーキックと意外な形で得点を重ねた。
本来であれば、ここでゲームは終わらせなければならないが、どう閉めるのかあやふやなままボールを繋ぎ、ハマゾッチのアバウトなボールが決まると、その後も落ち着かなく失点。失点後の立ち直りはリード役が不在のまま、単調な攻めに終始し、90分をドローで終わらせてしまった。

相手の勢いを凌いで、ペースをひっくり返すまではよかったが、最後の油断というか集中力にかけ幼い試合をしてしまった。
順位的には変動が大きく変わる状況ではないが、局面であやふやにすることなく意識していかないと天皇杯獲得を目指すというのも口だけに終わりそう。リーグ終盤になっても、去年までの甘えが抜けきれていないかな。

最後にゴール裏への挨拶に来る間、エディのとフレディが口論となり、エディがナキベソな感じだったが、フレディの批判的な反応は当たり前で、内容の優劣はどうあれ、拾えそうだった勝ち試合を落としたということを自覚しないと甘いままのチームになっちゃうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »