« アウェイ鹿島戦の試合終了、コールド負けにチカイ。 | トップページ | 最終節試合前 »

2011/11/27

11J1-33 鹿島アントラーズ(アウェイ)戦 観戦記

アウェイ最終戦は鹿島との対戦。東京駅から電車で行きたいと思ったのですが、やはり乗り換えにムリがあって諦めて、東京駅からの直行バスを予約しました。昨シーズンまでとの違いは、長距離路線バスがすべて鹿島スタジアムまで延長されていること。こちらは市内を循環するので時間がかかります。逆に、直行便は片道2,000円(割引時)に値上げされ、バスの発着位置が東京駅、スタジアムでも違います。

開門直後に到着するはずが、首都高の渋滞したおかげで、約15分ほどの遅延。中では、いつもどおり、五浦ハム焼き、モツ煮をいただきまして、ちょうどよい腹具合で試合前の目的は達成。

試合は、はっきりいってお話にならない内容で終了しました。ジャッジがどうのというよりは、清水が意欲的に攻めきれず、消化不良なままパスを繋いで、インターセプトされて、いなされて、崩されてと鹿島のやりたいサッカーを表現されてしまいました。なんだか、シーズン終わって、調整中という感じです。柏のもたつきでガンバ大阪にも多少、逆転優勝の匂いがしてきましたが、次週も思いやられるという感じです。Facebookにはその他の写真もアップしてますので、こちらからごらんください。

111126_02
震災の影響は、仮設になったスタジアム内の照明、PAとかで感じました。後は、高速潮来IC近辺の段差、バスがドスンと揺れたときにスゲーゆがんでいるんだなと思いました。

111126_03
これが食べたいがためにアウェイゴール裏は遠慮させていただいておりますが、相変わらずウマいし、行列も長い。

111126_07
ここ数試合は、外国籍選手のイラツキが上昇中。特に試合中のジャッジについては、不満が募っているようです。かといって、誰も注意するわけでも押さえきれてもいない。

111126_08
メインスタンドでの観戦でしたが、スタジアム内は、日陰になりますので、かなり寒かった。コートを持っていって正解でした。観客2万人というのはちょっと少ないかなと思いますが、順位もこれではしかたないかな。

111126_12
後半、失点がかさみます。今の布陣は自信を持ってボールを保持して攻めていかないとかんたんに崩されるような布陣です。大量得点の可能性よりも失点の可能性が高い。それだけに前向きになれる精神的なモノが各自に求められるのですが。。。

111126_14
前も、イエロー2枚でレッドという試合があったようなマサキ。カード喰らったときの立ち振る舞いは相変わらず、血が上っている感じで整理できてない。左SBが様にならないのは、ドリブルでのボールのつつきかたにスピード感がなく、どちらかというとすぐに中央エリアのサポートを見て、パスするために止まってしまうあたりか。守備時のポジショニングはしかたないとはいえ、素人っぽくなってしまい、高原、エディのヘルプが増える。走力は問題ないから、後はタイミングと距離感、ヘディングとスローインはマサキに限らず要改善ですけど。

111126_18
レギュラーと目されるサイドバックのメンバーに意欲が見られないから、ここでチェンジを繰り返しているんでしょうけど、2戦連続で成功していない。
イエローカードを喰らって、失点を重ねて、打開策が見えてこないのは、開幕戦あたりに戻った感じ。天皇杯も怪しいなぁ、前向きになれない。
柏が引き分けたことで、ガンバにも優勝の可能性が出てきてしまった。ホーム最終戦に笑って終われるか不安です。

|

« アウェイ鹿島戦の試合終了、コールド負けにチカイ。 | トップページ | 最終節試合前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11J1-33 鹿島アントラーズ(アウェイ)戦 観戦記:

« アウェイ鹿島戦の試合終了、コールド負けにチカイ。 | トップページ | 最終節試合前 »