« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011/10/28

11J1-30 ヴァンフォーレ甲府(ホーム)戦 観戦記

【お知らせ】※Facebookページでも観戦記を始めました※【お知らせ】
URLはこちらです。Facebookアカウントをお持ちの方は宜しくお願いします。

13時キックオフともなると、移動手段は限られていて、始発に乗って沼津行きの鈍行でいくとか自家用車で渋滞を加味して移動するくらいです。この日は前日に休息をとっておけるということと渋滞予測がさほど酷くないということで自家用車で移動。現地ビールはゼロパーセントでガマンするのがなんとも。

111023_01
甲府サポ

111023_03
ハーフナー・片桐でキックオフ

111023_04
テルのパスカットから逆襲

予想では甲府の守備的な布陣+ハーフナーに苦戦すると思ってました。立ち上がりは主審のジャッジにかなりイラつきが選手、サポともにあって甲府のペースになりかけましたが、アンカーで入った平岡へのファールが発生したあたりから、風向きが変わったかのように、落ち着いた展開となりました。

111023_05

先制点は海人のフィードから元紀、センターで競り合いが逆サイドへ零れて、高木が持ち込んでシュートが決まります。

111023_06

その後もペースはつかみながら、オフサイドやシュートミスを繰り返し停滞した前半でしたが、セットプレイからの零れをエディがバックパス、伸二がミドルシュート、相手DFとなったハーフナーのアシストもあって、絶妙な回転がかかったボールが決まり、前半で2得点。

111023_07
ボスナーがこぼれをバックパス

111023_08
いい時間帯に2点目

111023_09
高木に代わってユングベリ

セレッソ相手に4点獲得とはいえ、前半の終わり際での失点。甲府のデキでは、ほぼ勝ち点1くらいしかみえないだろうと思っていました。後半は、イチを右サイドに入れて、ハーフナーに併せる策できましたが、最初の1つめのクロスが外れてからは、やっぱりボールつなぎに自信がないのか、清水を押し込めません。

111023_10
元紀のフェイント

清水は、ユングベリが要所で繋いで時間を作って攻めます。3点目も太田からのやや苦し紛れな縦パスをキープして、蛇行しながら逆サイド中盤へ、ここで囲まれても失わずにさらに蛇行しながら一気に前に出て、追い越した伸二へパス、伸二から元紀にスルーがでて、これを冷静に蹴りこんで得点。

111023_11
3点目は感心するようなキープからのスルー、でシュート

111023_12
まぁ、観てるほうも楽しい得点だったな。

111023_13

まあ、いいもの見たな!的な展開で試合を決定付けることとなり、残りは順当な交代枠、最後は翔さんも試運転させて終了。

111023_14

残留争いする相手にやさしさをみせずにしっかり勝ちきったところは評価したいです。

さて、この日のもっともサポとイワシが注目した木村博之主審ですが、その後の水曜日のJ2、草津対横浜FCでもすばらしいクオリティで大変な活躍をしたようです。まぁ、甲府戦は副審もめちゃ怪しかったけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/23

甲府戦、3 得点の勝利

甲府戦、3<br />
 得点の勝利
序盤はラフなプレーとはっきりしないジャッジ基準にイラついたものの、平岡が傷ついた後からは、危ないプレーに対する基準がはっきりしたようで、地力の差を見せて完勝。

自信のないジャッジは笛のボリュームが大きくなるのを再認識。
平岡が頑張ったとはいえヨンアピンのボールを失わないよさ、とユングベリのボールを呼び込んでからのタメて時間とコースを作り出す素晴らしさを感じながら帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲府戦の試合前

甲府戦の試合前
アップも別メニューのユングベリ。交代の優先順位は最後という感じ。

甲府は最近の通りの布陣、相手の出来不出来とは関係なく、先制をどの時間帯で出来るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/16

11J1-29 ヴィッセル神戸(アウェイ)戦 観戦記

前日までの天気予報では夜中から朝にかけて悪天候が予想される中、4時半に起床。天候が雨であれば自家用車でとおもっていたが、曇天のままなので、駅までチャリに乗り、始発で羽田へ移動。予約したのはJALが撤退した神戸線を維持するスカイマーク。

定刻どおりに出発し、朝の神戸で三宮駅まで移動し、そこから徒歩で向かった先はこちら、サ・マーシュです。

111015_03
パンは、セルフで取るのではなく、手すりの前から店員さんに取ってもらう、で、レジに向かうという感じ。

111015_04
こちらの3点を戴き、さいたまから空腹で来てよかったと思いました。

111015_10
その後は、北野町を上下して異人館を外から観光。予想外に暑く湿気もあり、秋とは思えませんでした。
昼飯として次はこちら、カフェ フロインドリープ本店。1階が店舗、2階がカフェですが、教会を改装した建物は天井も高く、快適です。ただ席数は規模の割りに少ないので昼前とかは確実に並びますね。バランスをとって、チェフサラダをいただきました。大きさは水のグラスから察してください。こちらは上げ底でパンが約1.5人分入っているそうです。

で、その後はポートタワー、川崎重工の海洋博物館をめぐり、試合会場であるホムスタへ

111015_20
相変わらず室内モードです。

111015_21
試合開始。ユングベリはベンチ外でした。今までならエダの先発なんでしょうが、監督のセレクトは竹内。リーグ戦でも決めることができるかがポイントのひとつでした。

111015_22
序盤からいいように前線に繋がれて神戸にチャンスを与えてました。前線の2人に上背があるわけでもなく、フィードを出されているわけですから、いかにこっちのプレスが緩かったのか。

111015_23
DF陣は序盤でかなりスタミナを消耗したと思われます。後は、室温と湿度でしょうか、暑くて水分が欲しいという感じよりは、ベタツキで身体が思い感覚。

111015_24
主審のジャッジとファール基準について、愚痴がいろいろ出てますが、清水は「倒れてもパスを繋げよう、プレイを続けようという」方針であれば、笛が鳴らないのは当たり前だと思わないと。神戸はいい?タイミングで倒れ、プレイを切っていたということだと思います。
中のヒトまでが愚痴ってしまった、「こちらにいい笛が吹かない」のではなく、その他の場面では(後半、イワシがボールの方向とは関係なく、相手FWを肩で押しのけ倒したプレイとか)神戸側がアンフェアと激昂するような見逃しもあったので、トータルではどっちもどっちじゃなかったかと。
ただ、当日の主審は選手との対話で事前に落ち着かせることができてなかったのは間違いないですし、副審との連携も良いとはいえず、後半は、位置取りが中盤のパスワークを邪魔するポジションも何度かありました。主審のジャッジ傾向を中堅・ベテランはしっかり見極めて、伝え、ゲームを90分運んで欲しいのですが、ムリだったようです。

111015_25
相馬がイエローゲットし、途中で負傷交代、いなくなったのはこちらに有利かと思いました。

111015_26
押し込まれる展開が続く中、コウタが途中交代でイン、ボール保持できるプレイヤーが増えて、押し込めるような展開ができて、得点。ここまではプラン通りだったと思いますが、この後の攻撃チャンスを逃したことと、ヨンアピンへのカードが変換点ですかね。

111015_27
ボスナーも得点は悪くは無かったですが、最終ラインでのパス廻しは最後まで落ち着かなかったです。このメンバーではベースとなるようなデキでした。ムリにクリアしないでパスで繋げる場面もあったし、だた、パスをしっかり止めることができずに、ルーズを拾われてカウンターを喰らったりも多かった。

111015_28
主審は語りませんので、エスパルスの中のヒトは、審判アセッサーとか、審判部の松崎委員長にでも質問し、解説してもらったほうがいいんじゃないかと思います。ここのワンプレイで判断されたのか、どうか。

111015_29
記憶が確かなら、相手の最終ラインから、こちらの左サイドを縦に繋がれて、クロスを上げられ、中央で合わせられたシュート。サイドで潰すのか、中央で弾くのか、ここはあやふやな気がします。村松はフォアチェックは良かったですが、サイドのケアは誰がやるのかなと。

111015_30
最終盤の残り5分は10人で失点しない、アトムを前線に入れるけど、相手ミスでチャンスが生まれたら得点するという形だったと思います。結果は両チームのできを考えれば妥当だったかな。こちらはウマく逃げ切りたかったですが。
コウタが入ってからは、ムリをしないで、前線へのボールは、高木のサイドに深く入れてキープせよ、という指示がベンチから出ていたのですが。神戸のDFと中盤のプレスが強いなかで、ウマく逃げ切るような先制点を取れていただけに、その後の拙さが残念な試合でした。まぁ、今年の平均的な試合のひとつ、そんな感じです。

111015_12
試合を終えて、最後の1店によってから神戸空港へ。機材の準備が遅れたとかで、30分以上の遅延が発生。晩飯を神戸空港で食べるハメに。羽田はターミナルに近づけず、タラップ、バスでの到着となりました。結果的には帰りは新神戸から新幹線がよかったのかな。

次節はホームで甲府戦、下位チームへの取りこぼしはないシーズンですが、今のエスパルスは、メンバーのコンディション次第という印象が強いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/15

神戸戦、追い付かれてドロー

神戸戦、追い付かれてドロー
前半からワイドに走らされていたのと、室内アリーナの高湿度にヤられたか。後半は走れてないという印象です。中盤の競り合いがラフな神戸にイラつきセルフジャッジでピンチになる。

途中で時間を使おうという意識が見えていたけど、ラインが広がりすぎでコンパクトがどんどんなくなり、あっけなく失点。
ジャッジはわかっているはずなので、上手くいかすようにしっかり切らないとね。
両チームの力量はお互いにベストメンバーじゃなかっただけに、こんなもの、均等。勝ち点を拾えたのはいいが、ヨンアピンは2試合かなぁ。
大輔インで失点するのは何とかしたいね、よかったのはコウタが生かせるパターンが出たこと。竹内は初めから前半だけだったということでしょ。ちょっと酷だったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸戦、試合前

神戸戦、試合前
食べるのは終了、試合に集中。

90分、走って粘れるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/03

11J1-28 名古屋グランパス(ホーム)戦 観戦記

水曜日にちょっと衝撃的な逆転負けを喰らい、シーズンの目標がひとつ潰えたなかでのリーグ戦。相手はガンバ、レイソルとともにトップを狙う「8」がなくなった名古屋グランパス。早朝の高速でちょっとしたトラブルに見舞われたものの、幸運なのか当然なのか切り抜けて、開門前に到着。アウェイサポーターも非常に多く、ほぼ定数満員の2万人越えの試合となりました。

111002_01
アウェイの指定に若干の空席はありますが、1,2階席、Aゾーンは満員となり立ち見が出てました。先発にはついに伸二とユングベリが両立。ただし、アトムは先発でなく、水曜日と同じくアレックスがトップFW。相手は、ダニルソン、トゥーリオが不在で金崎が先発し、ボランチには中村(な)がアンカーとして入ります。

111002_02
ユングベリの飲みたいのは「勝ちロコ」のときに飲んでいるやつなんでしょうか?

111002_03
高木のシュートが不思議な軌道を描き始めました。今シーズンの公認球を叩くコツがつかめたのか?この写真の後は、右に曲がるんですよね、無回転。

111002_04
ブーイングで迎え、持てばブーイングでしたが、ポジションがインサイドだからか、あまり持ちあがるパターンはなく、パスをチラシて終わる。

111002_05
序盤は、そこそこ持ち込まれたりはしましたが、中盤から前にボールを入れさせないと順調に弾きかえしてました。

111002_06
完全にオレ(たち)のターン、という清水のセットプレイの時間が続くのですが、さすがに決まらない。ここで焦ると名古屋のパターンに嵌るのですが、この日は3ラインが適切な感じでしっかりボールを廻してました。

111002_07
松尾主審、前半は不安定ながらまずまずのジャッジだったと思います。副審との連携もよかった。ただ、ポジションがフィールドの中央に偏り過ぎなのか、ヨンアピンの邪魔になるパターンがいくつか。後半の中村(な)へのカード提示ではユングベリの報復キックを見逃していたのかな。

111002_08
海人の出番は少なかったですが、ここも藤本のシュートをしっかり横に弾いてケネディのプッシュを許さなかったです。

111002_10
前半ゼロゼロはあっちのペースかと思いましたが、後半に玉田がシュートチャンスでピッチを蹴ってしまったのか、ちょっとオカシイことに。後半もヨンアピンから伸二にボールがちゃんと渡ることで、前線3人は攻撃に集中できてました。名古屋は中村(な)から小川、藤本へボールが繋がらず、ちょっと距離もあり、かと言ってサイドバックは、こっちのFWの相手で忙しいという感じ。

111002_11
ピクシーは予測どおり、金崎と藤本を交代。ブルザノビッチ、永井投入なんですが、なぜか2人とも2列目なんですよね。このデキなら、ケネディと永井がトップで、ブルザノビッチ、玉田が2列目、最終ラインからのフィードで勝負かと思ったんですが。
永井は中盤でのドリブルを仕掛けてヨンアピンにさらわれて、ユングベリに独走をゆるすきっかけも作ってしまいました。

111002_12
さすがに「いい加減にして!」と溜息とともにイラッと思った元紀のシュートミス。

111002_13
その前からハイボールへの競り合いで中村(な)に2度ほどやられていたので、どっかでやり返すだろうなぁと思ったら、ここで足を上げて腹に一発入れてました。
ハユマは気づいたようですが、松雄主審はその前のファールをジャッジしてお咎めなくFKに。

111002_14
ナビ新潟戦の1戦目?でもあったような難しいヘディングシュートを元紀が決めて、先制できました。ただ、緊張感がある試合で残り時間を考えると、ここからが勝負だなと思ってました。

111002_15
しかし、この元紀のシャウト顔 (*´Д`*)

111002_16
さらには、押し込んで、相手に一度は押し込まれて、そのまま逆襲で繋いで、サイドからキレイに流し込んでゴールという2点目。

111002_17
正直、「こいつ(ら)、サッカーうめ~~~~っ」って久々に体感しました。それだけできるならなぜ水(ry

111002_18
ATの間もエダが絡んでチャンスもあったし、なかなかいいマネージメントですた。

111002_19
バモスジュンゴというチャントも、ゴール裏の踏み絵も、ブーイングも、やりたいやつがやればいいんじゃないかと思うので、周囲がそこまで騒がんでもいいと思うけど。本人に危害を与えるのはヤバいけどね。
試合前にちょっと横になって寝たので、「8」のコレオも観てないし、あのヒトはいまやどうでもいいなと。まぁ、代表では中盤のサブのサブのポジだし、積極的には応援しないけどね。

111002_20
「勝ちロコ」も秋空の下で。

111002_21
喜ぶ伸二の横で、不審者(笑)が靴を脱いでます。

111002_22
サイドスタンドにスパイクを投げ込むイワシ王子。どうゆう心境かは知らん・・・。

111002_23
2試合レンチャンで勝った新潟の黒崎監督がこの週の勝利者なんだろうけど、ゴトビ監督の修正力と強運もなかなかのものだった。
これで、残りが6試合で毎週1試合。サブメンバーにはちょっと辛いけど、トップチームのマネージメントはちょっと余裕が出てくるかな。

次週は、天皇杯ですが、所要により現地にはイケず欠席となります。NHKと「テンノウハイマン」の活躍を期待しておりますが、さて、どんな緩みが綻ぶのかなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/02

名古屋戦、勝った。

名古屋戦、勝った。
意外なことに圧倒することができて、チャンスも数多く潰したけど、なぜか完封勝ち。

木曜日からどう建て直したのか、そっちが気になります。

先ずは勝ち点40を達成、後は上を見るだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋戦、試合前ですが。

名古屋戦、試合前ですが。
水曜日にあの結果があったので、個人的にはいまいちもりあがりません。

場内はいい雰囲気ですが、こっちは意外と冷たい、覚めてます。ただ、結果は楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »