« 2014AQF-3rd 1stMatch 日本対北朝鮮(ホーム)戦 観戦記 | トップページ | GK眞田雅則の思い出 »

2011/09/05

GK陣をめぐるあれこれ

武田選手の期限付き移籍が発表されました。時期的には国内チーム間の移籍期間が可能な時期は過ぎているのですが、規約の例外がありまして、こちらの「プロサッカー選手の契約、登録および移籍に関する規則」を参照。pdfでも埋め込まれています。

⑪登録ウインドー
(1)JリーグまたはJFLの第1種チームについては、選手は、本協会が定めた年2回の移籍を認める期間(以下「登録ウインドー」という)においてのみ登録されることができる。
(2)年2回の登録ウインドーは以下の通り定められ、本協会がFIFAに報告するものとする。
イ.初回の登録ウインドーは、シーズンの終了後に始まり12週間を超えない。
ロ.2回目の登録ウインドーは、シーズン中に設定され、4週間を超えない。
(3)上記(1)に関して、選手は、登録ウインドー中に当該チームから本協会に対し有効に登録申請がなされた場合に限り、登録されることができる。
(4)本条の規定は、アマチュア選手が主として参加することを意図した大会には適用されない。かかる大会については、関連する大会におけるスポーツ上の秩序を十分配慮したうえで、個別に登録されるべき期間が設定されるものとする。

⑫登録ウインドーの例外
(1)⑪にかかわらず、登録ウインドーの終了前に契約が終了したプロ選手は、当該登録ウインドー終了後においても登録されることができるものとする(「登録ウインドーの適用例外に関する申請書」(書式H-1)により本協会に申請)。
(2)ゴールキーパーの選手であり、かつ、当該追加登録を望むチームに既に登録されている他のゴールキーパーの選手について、怪我等により試合に出場することができない特別な事情があり、かつ、所属リーグが認めた場合は、⑪にかかわらず、登録ウインドー外においても登録されることができるものとする(「登録ウインドーの適用例外に関する申請書」(書式H-2)により所属リーグに申請)。
(3)本協会への選手登録を伴わない形式により当該チーム(JリーグまたはJFLの第1種チーム)の選手として試合に出場する場合(特別指定選手制度による場合、協会またはリーグの規程により当該チームの育成組織のチームに登録したまま当該チームの試合への出場が認められる場合等)は、⑪の適用対象とはならない。

ということで、Jリーグの許可が出ればGKは期間外でもOKということ。新潟のGK事情は、黒川がアキレス腱断裂、今回、東川がファン感で事故ってケガ、もうひとり渡辺もダメということで小澤が一人。サブが居ない。なので夏休みは高校生を2種登録しました。この小澤さんはアントラーズで長年セカンドGKやって、パラグアイに行って帰ってきたヒト。詳細はここでも読んでください。

エスパルスとしては、強化部としてはケガが怖いので積極的に進めたくないけど、ゴトビ監督が現状のテコ入れで意図的に放出を許可してチームに刺激を与えたと個人的には考えています。

理由としては、ほぼ同時期にGKコーチの交代(本人からの申し出ではなく体調不良で降板。考え方が合わなかったんでしょうね、あれだけ失点するとねぇ。)

ジュニアユース、ユースがトップチーム練習することは積極的にやる(というようなスポ新聞記事があったような。)。ホントに実を結ぶかどうかはわからんけど、フツーに国際的なチームにするためにいろいろ改善(改革ってほどでもないでしょ)。

そうそう、期間外でもフリーなリュングベリならJリーグは登録できて、(買い叩ける)お安いっていうのも、ちゃんと規約を読んでないと考え付かないだろうしね。

武田を対戦が残っている相手に出すということは、それなりに武田対策できると見込んでいるからでしょう。お互い意地の見せ所なんで、ナビスコ杯の2連戦は楽しみですね。

|

« 2014AQF-3rd 1stMatch 日本対北朝鮮(ホーム)戦 観戦記 | トップページ | GK眞田雅則の思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29219/52657477

この記事へのトラックバック一覧です: GK陣をめぐるあれこれ:

« 2014AQF-3rd 1stMatch 日本対北朝鮮(ホーム)戦 観戦記 | トップページ | GK眞田雅則の思い出 »