« ナビスコ新潟戦、負けて終了。 | トップページ | J.B.Antenna清水からのお知らせ »

2011/09/30

11NC-R2 アルビレックス新潟戦(アウェイ)観戦記

9月になっても調子はアップせず、リーグ戦はちょっと上位との差が広がり気味。ということで望みを賭けるとするとカップ戦。3連休が出勤となったことで代休を取得し、新潟までいってきました。ただ、直前まで体調不良で体が重たかったので、予約したのも前日という甘さ。

110928_01
アウェイの新潟戦といえば。

110928_02_2
やはり、辻尾JAPAN、(通称)○辻軍団。平日アウェイだったためか、リーグ戦以上にこの助っ人にたよるゴル裏動員となりました。
※撮影にご協力ありがとうございました。来シーズンは是非 アウスタにも団体で400名、バス10台でお越しください。

110928_03_4
さて、選手がアップ開始です。

110928_04
小野が先発して、アレックスがCFW、平岡がボランチで村松がSB。全然 攻撃的じゃない、囲んで獲ってカウンターという仕様だったのですが。

110928_05
序盤は圧されてながらも、しっかり受け止めて前に押し出すというアウェイらしさを醸し出してましたが、それでもDFの危うさは変わらず。特に、チョ・ヨンチョルとミシェウは囲んでも、そこまでという感じでした。ホントは、ボランチの小林、三門あたりをしっかり潰して欲しかったのです。相変わらず、新潟の逆サイドへのフィードがばっちりきまってしまうあたりにヘタさを感じます。

110928_06
右サイドで村松、平岡、元紀と3人で囲んでも取れなきゃ、ダメだな、と思います。リシャルデスがいなくなった今、ファールでFKのほうが怖くないのが今年の新潟のはずですが。

110928_07
逆転弾を後半に喰らいます。小野が交代したのもありますが、ユングベリはさほど脅威にならなかったですね。中盤で落ち着かせるだけなら先にコウタ=>ユングベリ=>辻尾だった気がします。海人を心配するDF陣がいないことも、ファールを主張するメンバーがいないことも気になります。この時点で延長がチラつきました。

110928_08
ムリにつないでリスタートして、奪われて決められるというのはシーズン序盤と同じですね。監督のいう簡単に繋げは、プレイヤーが動かないと足元にしか行かないのですが、ポジションを修正するために動けば簡単な距離のボールでも脅威になるのです。
この日は、ヨンアピン、イワシに任せきりで、さっさとワイドに張ってしまうひとが多過ぎでした。

110928_09
セットプレイも練習しているとは思えず。蹴りたいやつが自分のイメージだけで蹴っているという感じ。2-1になった時点で、パスサッカーを放棄して泥くさくスタミナ切れを待つというのもありだったかな。キックオフの平岡の頭にパスを合わせたのを見ても、案外、平岡を途中からトップに入れて、常に競り合わせるとか、カップ戦の戦いかたはあったかも。

110928_10
今のポジションからしたら、カップ戦狙い、重視でよいと思ったのですが、どうやら監督はリーグ戦とカップ戦の2つを狙いにいったようです。1点を先にとって安心したのは確かですが、そこから精神的にもプッシュできなかったのはハーフタイムの交代がキーだったと思いますよ、言い訳でもいいから、5~10は小野を後半入れておくべきでしたね。
手を踏まれたと抗議するのは、あの失点のときだけで、いいし、試合終わってから、食ってかかってもしょうがないと思うぞ。

110928_11
これで、10月2週目の天皇杯でコケると一気にマイナスな雰囲気が強まるので、チームの雰囲気を締めるうえでも勝っておきたかった試合でした。
まぁ、策におぼれたのもあるけど、試合の流れとか勘所がつかめてないですね。外国人のベテランもいいのですが、コーチングができているとは思えないので、まだまだチーム変革も道半ばだということ。

さて、日曜日は気分を変えて、Jリーグのトップチーム様を迎えますか。

|

« ナビスコ新潟戦、負けて終了。 | トップページ | J.B.Antenna清水からのお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11NC-R2 アルビレックス新潟戦(アウェイ)観戦記:

« ナビスコ新潟戦、負けて終了。 | トップページ | J.B.Antenna清水からのお知らせ »