« ダービー終了、負けた。 | トップページ | 浦和戦、試合前。 »

2011/09/12

11J1-25 ジュビロ磐田(アウェイ)戦 観戦記

前日までの仕事の都合により、当日移動はかなりはハード。早朝のバス、途中の飛行機から東海道線で、鈍行。旅すること約9時間後に愛野駅に到着、こんときにはすっかりバテてました。

110909_01
おそろいの背番号1Tシャツでアップ開始。本来はこの思いをバネにしなければならないのですが、なんだか足枷だったみたいですね。

110909_02
想像したよりは辛かった移動でまったりのメインスタンド観戦。しかも、まったりな空気がお似合いのダービー。出足の早い清水サポよりも、タダ券で入った磐田側が思ったよりも多い。たぶん、半分が清水側にならなかったのは初かもしれない(と思えた)、それくらいファン層が激減している(昨年比)ことを体感させられる。

110909_03
弾幕は「真田」、出力されるのは「眞田」。わかりやすくでも正式でもどっちでもいいけどね。

110909_04
一瞬弾ききったかと思ったら、あっさりゴールインした駒野の弾道。高原が居ないので、相変わらずトップにボールが入らない。でも永井さんにロングをあてる海人と仲間たち。アップ練習はキャッチからクイックスローでセンタラインをサイドに狙っていたのに、実現されることはなし。リスタートはDF中央2人とキャラの相手FWとの駆け引きでさりげなく中央エリアでキープして、ワイドの引いたウィングに入れる。。。まではできているけど、そっからはクロスなのか、突破なのか、シュートなのか、はっきりせず囲まれて終了というパターン。

試合は、伸二が腿裏に違和感を発生させた前半30分でほぼ終了といった感あり。さらに交代もせず、チャンスを演出させようと引き伸ばしたので、4-1-1-4みたいになった。そっからは、中央は空き放題、相手の好き放題になった。失点もお約束の時間に、ポロリなパターン。フィスティング失敗か。

110909_05
後半も、全体的に緩慢な動きと連動性のなさから抜けきれず、ミスから失点。さらに交代がわかってからベンチでの指示確認に手間取った。このへんはケンタのときもそうだったけど、着替えてから打ち合わせて、送り出す。といったベンチワークは緩慢。ハーフタイムの打ち合わせとアップはなんなんだ?

110909_06
痛くてボールを抑えられない伸二が出したダイレクトに反応できたから得点。計画性は感じないけど、伸二の意地は感じた得点。問題は、残ったメンツがここからペースアップするか圧力をかけるべきだができないというところ。

110909_07
動けないプレイヤー#18に動けないプレイヤー#21が交代なので、全体的には変化なく。隙間を埋めるポジションはさすがにできているけど、脅かすまでにはいたらす。たまに触れば相手にちょっと緊張感が走る程度。

110909_08
1点取っても、ゼロでは負けてないよ!というアリバイ的な感じがした。ユングベリもあれくらいだろうなぁ、というアイドリング状態のデキ。彼の全開を見てみたいけどまだまだ先じゃないか。

110909_09
次節は浦和、その次 川崎と意志薄弱チームとの対戦が続くけど、その後の名古屋、神戸戦とかは勝てるイメージが湧かない。総評としては、精神的にダメだったというけど、そんな動揺を受けて反発してポジティブに変えきれないなのは痛いなぁ。

メンタルを鍛えないといけないとは思うけど、その手段がユングべりの獲得か?というと疑問な一戦。残念だったけど、意地とか喰らいつくといった意欲を感じなかった。ジュビロはプラン通りで楽勝だったと思う。

|

« ダービー終了、負けた。 | トップページ | 浦和戦、試合前。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11J1-25 ジュビロ磐田(アウェイ)戦 観戦記:

« ダービー終了、負けた。 | トップページ | 浦和戦、試合前。 »