« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011/08/31

11J1-24 横浜Fマリノス(ホーム)戦 観戦記

FWの意地で引き分けに持ち込んだ試合、ドタドタになって引き分けに持ち込まれた試合。どっちも納得できる結果ではありますが、ここまでの8月の試合で稼げた勝ち点は、広島0、セレッソ0、大宮3、山形1ということでトータル4。一試合1点はやはりペースダウン。

110827_01
ペースが落ちてきている理由は、
(1)ベストメンバーが組めていない。明らかに今シーズンはカードコレクターが多い。
(2)後半残り20~15分で生きる交代戦術がない(または最適な才能を持つサブメンバーが不在)ということか。

(1)については、思わぬ怪我人が出ている中、手薄なサイドバックに左利きのヨンアピンを獲得できたが、右はマサキをあてがう応急措置。(2)はせっかく永井を投入しても、ハイボールでのパワープレイを選択。このFWの特性を行かせるパスは無しというチグハグさ。いっそのこと、キムクナン並みに岡根をFWにして、ハイボールがいいんじゃないの?とまで勘ぐってしまうオプションの無さ。

110827_02
試合は、予想されたように、お互いが軸となるプレイヤーがいないことでゴタゴタした感じ。いきなり横浜FMにFKを2度与えてピンチを迎えた後は、しっかりと清水が攻めることになり、なんとか横浜が凌ぐ。でも前線にはボールが渡らないといった展開に。

110827_03
エスパルスも、右は単騎、左は宏介から、ワイドからのクロスも切り込んでのシュートも弾かれて、繋げなくてとチャンスらしいけど決まる雰囲気もないまま前半を終了。

110827_04
退屈じゃぁないが、時折ジャッジを巡ってイラツク両チームだったけど、ベテラン層がなだめて落ち着かせて。水曜日からの短期間での連戦ということでまずは、失点をしないという両チームの最終ラインが強い意思が滲んだ感じ。

110827_05
後半は、キムクナンをFWで投入したあたりで、いつもの横浜FMの展開、とりあえずフィードして、あとは誰かがミドルを打つ、になり始めた。

ただ、キムクナンに入るボールもしっかりエディが競り、セカンドをいい位置で拾わせないことで、ラインが間延びしたなかでも相手の攻撃に厚みを感じない。後は、海人の前への飛び込みが遅れてゴールが空いたとき、零れたボールがポストだかバーに当たって生き延びたときはちょっと覚悟したけど、相変わらず局面での運はこっちに残っているらしくドローのまま終了。

110827_06
あそこで突っ込んでいったことを勇気とみるか、無駄とみるか。タイミング的にムダなカードだったな、と思いました。つか、避けることはできるでしょ。


110827_07
一時期よりは持ち直しているとは思うけど、シュートへの結びつける展開を生み出して、もうヒト伸び欲しい。

110827_08
戦術的には、セットプレイでのマンマーク併用も効果的だけど、なんとか相手のマークをずらして、得点に結び付けようという工夫はそこかしこにあり。

GKからのフィードは、海人がキープしてエディとイワシがラインを一旦上げて横浜FMのFWが中盤まで下がったあとに中央の間に入ったヨンアピンがDF低い位置まで戻って、ボールを貰ってスタートするとか。
相手が必ず狙う辻尾の後ろ側。ここを狙われたフィード、ハイボールについては、まずはイワシが競って弾いて、辻尾は後ろでカバー、内側の右CB位置に入ってこの零れをカバーするとか。
トップは、アレックスが中央だったけど、途中からは高木とチェンジして起点を左前に変えて栗原、中沢とは正面から勝負しないとか。
サイドからのクロスいろいろ細かくやってんね、とは思うけど。

工夫しても得点できるだけの決定機につながるパターンにはなっていない。手詰まり感があるから、ここで補強となったわけでしょうけど、逆にレンタルされるかな?と思っていたメンバーには8/12を過ぎたということで移籍の発表はないのかな。例外規定はGKだけだとおもうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/27

横浜F・マリノス戦、ドローに終わる。

横浜F・マリノス戦、ドローに終わる。
なか二日にしてはきちっと整理できて対処できていたんじゃないかと思います。
特に前半は、大黒、小野をよくおさえていたんじゃないか。

後半はキムクナンが予定通り出てからが勝負でしたが、しっかり押さえきった。要するに守備は何とかできているんで、後はサイドからのフィニッシュだけ、までは戻ったと。
ドローだけど、悪くない。けど結果は物足りない、そんな試合でした。
6日間のおやすみが選手にはあるそうですが、ここまでお疲れさまでした。残りも焦れずに頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜F・マリノス戦、試合前に鹿児島デー

横浜F・マリノス戦、試合前に鹿児島デー
アウェイゴール裏の蛍光色カラーのユニ。スチュワードのベストみたいに目立ってキレイ。
名産品も買ったし、試合楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/21

11J1-22 セレッソ大阪(ホーム)戦 観戦記

結果はドローだけど、現地感覚では負けた、という印象。負けたのに勝ち点1が付いてきたということかな。先制するのはよかったけど、その後の2点目が遅かった。相手が水曜日からの連戦ということを考えると前半で意識を断ち切りたかった。

110820_01
試合前は我慢できていた空も、やっぱり試合時間になると降ってきました。

110820_02
前半に得点できるのは進歩なんですけど、後は追加点を畳み掛けることができないかと。

110820_03
ヨンアピンは大幹もしっかりしているし、ボールを失わない、ミドルパスも正確といい感じですが、右へのパスはまだタイミングが合わないのか、うまくリンクできていなかった。

110820_04
同点に追いつかれるには時間帯が悪い。クローズにむかう時間帯にPKを与えてしまった。

110820_05
しかも、ほぼリスタートから連続失点って、なに??意思の弱さ、勘所の無さにちょっと情けなさを感じた時間。支えあえてないなぁ・・・。

110820_06
後ろのおっさんが「撃て!」といって、ホントに打ったら決まったので、ちょっとびっくりした2点目。決まりだすとマークも変わるから、高木には期待できるかも。逆に右サイドは心配ですが。

110820_07
で、3点目が決まるのはジャッジのせいでもなく、修正力のなさと思います。エダとヨンアピンの中盤での連携はまだまだという感じで、ヨンアピンは中盤底のスペースを漂って、エリアに入った相手を潰すに徹していた。アレックスが入ってまではまだよかったけど、小野から岩下に変わって、平岡が中盤の底になったときにヨンアピン、平岡がべったりになってしまった。相手は捕まえたけど、前にいけなくなって、連携も無くなって、という感じ。選手交代はベンチワークですが、ちょっとそこから一歩アレンジできないといけないような気もします。

110820_08
ほめるべきは、たしかに3得点で追いついたことなんだけど、アウェイで4失点負けしたカリは返せてないから、「負けた」感が強いのかもしれません。
終盤になって、辻尾がマイボールでも前にでないことに不満をいうヒトが多かったですが、どうみても完治という雰囲気もなく、途中からはムリに前にはいけないという動き、ポジションでした。そこを突かれて播戸に決められているんですけどね、あそこはベンチの采配が外れたという感じです。

110820_09
ベテランの意地で追いついたからには、このあたりで勢い出して決めきれれば、チーム運ももっと上昇するんですけどね。

110820_10
水曜日の鹿島戦、土曜日のアウェイと連戦のセレッソでしたが、3-2で勝ちきれなかったのはやはり重かったのかな。

110820_11
この後、水曜にアウェイで山形戦。そして土曜日にはホームでF・マリノス戦。今までなら、小野か高原はオヤスミ&ベンチですが、しっかり残留にむけて筋道つけるにはきちっと勝ちたいとこです。個々を見ればメンバーの層は厚くなっているのですが、マイボールを失ってから、ミスから失点というのがちょっと多いだけに、この短期間での連戦は不安感は強いですね。村松が居ないからと無理して出した辻尾も連戦はキツイ、層は厚いといいながら実は、スペシャルなポジションについては不足なのかな、バランスが悪いのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/20

セレッソ大阪戦、試合はドロドロなドロー

セレッソ大阪戦、試合はドロドロなドロー
序盤に先制して、バランスよく好守できていたと思いますが、後半は呆気なく追い付かれると悪癖で連続失点を喰らう。
意地で追い付いたものの、そこからボールを中盤で奪われて、そのままシュートまで持ち込まれる始末。
やはり2枚目の交代枠を使った後のポジションが消極的だったような感じ。
こちらから見る限りは、右足を痛めて上がれなくなった辻尾を手当てしてバランスとるのかなと思いましたが、イワシを最終ラインにいれ、平岡とヨンアピンの中盤2枚は前後の役割がなくなって難しくしてしまった感じです。3枚目の交代が平岡だったのは、上手くいって無かったのを修正したのかな。ただし、今日の様子では、永井も体はキレもあるし、十分に先発でもやっていけそうな雰囲気は感じます。

前半のバランスもヨンアピンが位置取り重視な動きで前との距離が広かったなと思うと。ベンチメンバーではコウタの出番だったかも。
踏ん張って、ドローに持ち込めたのは好材料ですが、岩手から来ていただいたメンバーに勝ちロコを見せることができなかったのは残念でした。

次節はアウェイ山形戦、ここをきっちり刈り取らないと、今日の頑張りをポジティブにするために。土曜日のF・マリノス戦も踏まえてチーム編成は見物ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セレッソ大阪戦、試合前

セレッソ大阪戦、試合前
ヨンアピンを補強して即先発、辻尾も復帰、アレックス、岩下もベンチで待機。
余裕が出てきたベンチメンバーですが、さてさて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観戦記記事を修正しました

大宮戦の観戦記ですが、改行がウマく反映されていないため、ちょっと手を入れてみました。書き直しはしてません。
最近の記事はテキストをfirefoxにコピペしてます。クロームは画像を受けいれてくれないのでしかたなくといったとこなんですけど、やっぱり、ココログにはIEなんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/18

11J1-21 大宮アルディージャ(ホーム)戦 観戦記

結果を見れば3-0と新潟戦までの3連敗とは違った
結果でしたが、内容はといえば、新潟戦の前半途中ま
でとの違いを大きく感じるものではなかったと思います。
そう感じるのも、チームとしての戦術が固まってきた
からなのかな。
ワイドに入れて前4人と上下するサイドで崩す、
センターMFは守備重視でポジショニングする、
パスはできれば引きつけてワンタッチでと。
多少メンバーが違っても、ボールの動かしかたや
ポジションの埋め方が「いつもどおり」と観ている
ほうにも伝わるくらいになっているからじゃないかと。

違いを生みだしたのは、誰もが感じたエダの
ポジションが前で攻撃だったこと。
後は、平岡のアンカーが破綻しなかったことですかね。
エダの上下動もどちらかというと序盤は、
守備で役立っていた感じ。
どうしてもトップ下になるとコンディションからか、
下がるのが遅れ気味な小野の分もエダが走る。
エダについては、少なくとも体調不良のアレックス
よりはマシというのが選択の理由だったんじゃ。
逆に、大宮は前2枚+イチョンスのポジションが
高めでで攻めに重きをあって、
なぜかラファエルのほうが降りてきてプレスに参加
していた。
平岡、エダがボールホルダーとなったときの青木と
上田は、特に平岡へのプレスが甘かったこと。
あれだけ平岡自体のパスが安定していれば、
こぼれが大宮にいくことはない。

110813_01
大宮アウェイゴール裏はこんな感じ、約1/3。
少年少女草サッカーから流れてきた観客で
満員にちかい雰囲気になった。

110813_02
試合開始直後はまだ明るく、夕焼け空も。

110813_03 カードは余分だった。村松の倒し方は競り合いで
勝てるところをめんどくさいからテキトウに転がした
という風に見えました。
正当に競っていればファールもなく競り勝てた、
それで十分じゃなかったかと。 それでも、前半はお互い稚拙なフィニッシュ前の
エラーで均衡した印象。
ホームということでやや圧を与えることができて
いたとはいえ、不用意なカウンターは喰らって
ピンチは招いている。
なにより、海人の不安定なキックは試合勘が
無かったとはいえ、溜息つくのに十分な出来栄えだった。

110813_04 エダのゴールで。久々にボールに詰めるエダを見た。

110813_05
DF陣のポーズが困惑と疲労感を感じさせる。
110813_06
あの位置で得点できるとアレックスの先発も
安泰じゃなくなる。
バックにチラミ、生着替えの永井さん△ 110813_07
クロスのスピード、ミートのタイミング。
ゴトビ監督の意図するサッカーっぽいゴール。 前線の枚数じゃなくて、タイミングとコースで得点。
110813_08 イ・チョンスのファール、ボスナーのフィード、
高原のポストからゴール。
110813_09 意地で3点目。まぁ、この後4点目を生むチャンスが
あったんですけどね。
後半は、修正をかけて、2トップに絡んで前に行きたい
イ・チョンスの後ろ、サイドバック前を太田が引っ
張って攻め込んだことで、相手右サイドにパニックを
引き起こすことに成功し、序盤に立て続けに2得点。
1点目の後に、小野、高原の指示で強プレスを続けた
ことが、均等へと引き戻そうという大宮の勢いを
打ち消すことになった。
最後は、リスタートからセンターに楔を打った後
に絶妙なスクリーン(になった)から高原が決めて
試合を決めた。

110813_10
大宮は居る面子とサッカーがマッチしてないような。
お決まりのメンバーはいいけど、
なんだか中~下位を漂う感が出てきました。
110813_11 エスパルスは、今期 ベテランの勢いを生かす試合
には勝てているし、若手が委縮して、スタミナが切れた
試合は大敗している。
そういった意味では、やはり体力的にベテラン枠で
交代を促される45~60分までにいかに得点できるか?
が勝負となっており、ここを超えるとほぼ打つ手が
ない状態。

得失点という借金はひと桁に戻せたものの、
今週末からの上位チーム相手に2~3試合で-5よりも
前に戻せるか?今シーズン対戦時の下位には勝てて
るものの上位には勝ちきれてない、
間に挟まるアウェイ山形戦もあるだけに、多少でも
ターンオーバー風にやり過ごしたいが、1試合だけで
の判断するとその見積もりはすこし欲張りかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/13

大宮戦に勝利、欲を言えば後1 点

大宮戦に勝利、欲を言えば後1<br />
 点
心配していた精神面は、上手く切り替えできたようで、前半からしっかりボールを追いかけて、相手のペースでも我慢できました。

後半は、相手のルーズになったスペースをたてにパスいれて中央へクロスが上がるようになることで、決定機をつくって、立て続けに得点。
高原、小野が勝負をかけて猛プレスを指示したときの2点目が効いた感じ。

後は、最後の10分でもう一点決まれば、最高でしたが。
今日は出来たことを来週も続けたいですね、お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大宮戦、試合前

大宮戦、試合前
夏休みらしく、満席に近い集客になりそうです。
ガンバりましょう、90分間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/08

11J1-20 アルビレックス新潟(アウェイ)観戦記

なでしこリーグの新潟対神戸とダブルヘッダーが組み込まれたこの試合。午後2時のビッグスワンは、大型の屋根のおかげかピッチの2/3は日陰になるくらいだから、陸上競技場に比べれば多少やり易さはあったはずですが、夏場の消耗戦を嬉々(じゃないだろうけど)とこなしている女子力は凄い。どっかのチームのように腰が引けることも無く、味方のキープ力を信じて走るし、アングルをつくってパスを待ち受けるのも適切。チーム力は圧倒的に神戸だったけど、諦めの悪さとかは新潟も負けておらず、食いついて接戦に持ち込んでました。

さて、そんな清涼感のあるキビキビした試合の後ですが、リーグ戦4失点で連敗とスコアでは完敗が続く清水。ただ、アウェイゴール裏は悲壮感というよりは覚悟を決めた人たちが多かったように思います。
先発は辻尾がやや無理目な先発復帰、昨シーズンまでのようにサテライトや対外ゲームを経てではなく、ほぼぶっつけ本番。大悟・エダの代わりに中央2列目にコウタ。試合前に展開を予想するに、この2人はスタミナ・運動量に不安があるから、必ずこの2枚は途中で引っ込む。ということは、辻尾の怪我具合からすると、3枚目はここで。で、FWは永井を90分使用と。ゴトビ監督の采配はほぼ先発陣を選んだ時点で終わりで、途中からの修正についても相手は予測が立てやすい。まぁ、弱り目チームが特攻しているなという印象。

110806_01
噂の「辻尾ジャパン」軍団。お疲れ様&ありがとうございました。ナビスコのアウェイもお願いしたいが無理ですかね(笑)

110806_02
試合は19時からでしたが、まだまだ空は明るい

110806_03
松田直樹への黙祷

110806_04
前半は我慢できていたが、反撃を狙うとコレがあって、という感じ

110806_05
立ち上がりは、ボールフォルダーに厳しく当たることはできないものの、しっかりボールを追って難しさを演出できていた。が、やはりワイドの2人にボールが渡らないことが多く、相手中盤の底から簡単に両SBの奥にフィードされて振り回される。それでも喰らいついていたので、なぜかちょっとだけ涙が出た。(不器用なやつが必死だったからか?) そんな感傷に浸れたのも一瞬で、繰り返される相手の技についに前半失点。ここからも厳しい展開は変わらず、時折、閃いたかのようにボール奪取からサイドを攻め込むも、あっという間に単独突破は止められるといった感じ。

110806_07
2失点目。このあたりですでに崩壊気味。

110806_06
3失点目。見事に崩されてという感じ。ここで終わればまだマシでしたが。

ハーフタイム、エダと高木が別枠でアップしている様から2枚交代を予測したものの、まず一枚はアレックス。本人が悪いっていうよりはそこにはボールがこないという感じ。もう一枚は、やっぱりコウタ。ただ、コウタは明らかにバテテいるけど攻守面での貢献を我慢して10分超過した感じ。エダ、高木と変わっても、中盤の底が落ち着かないのは相変わらずで、マイボールで遅攻になってもボールが収まる場所、パターンがない。結果3ラインも定まらず、コンパクトさもなくなったところで失点が重なる。
これだけ失点が重なるのは、後半の途中から終盤に前線へのパワープレーを選択しないで、あくまでも繋ぎを強要するから失速が激しくなるということだと思うけど、ベンチの指示を無視していくほどの勇気もなく、90分を過ごしてしまった感じ。DFラインから1枚上がって、ボールを叩きにいくのもありだと思うけど、そんな反逆者もいない。

110806_08
最後はお約束。人数も足りているけど、味方同士で被って、競り合えずあっさり。

110806_09
監督的には戦略遂行できるメンバーがないというのもわかるけど、気候的な割り切りも必要じゃないかなと。90分をレッスンにつかうんじゃなくて、残り20分は現実的にとか。相手が攣っているのに、こっちはまだ動けているわけだからね、なんだそりゃって感じ。
せめてイチ得点くらいと望むヒトはいるだろうけど、現地の感覚じゃ、それはムり難題。スペシャルなキッカーがいるわけでも、強力なフォワードがいるわけでもない。微妙なパスワークと幸運と意地で競り勝った勝ち点だったし。

監督に信頼されて使われているけど、使われているほうは、わかっちゃいるけど動けないし、できない。お互い妥協して現実に切り替えるかの瀬戸際。まぁ、このままなら今年の8月も凄惨な結果になるかな、という結果でした。

不貞腐れても、前には進まないし、粛々と勝てるように研鑽を重ねるのみ。試合からしか研ぎ澄まされた自信は生まれないけど、まずは練習で激しく戦わないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/06

新潟戦、今日も同じ結果

新潟戦、今日も同じ結果
どの失点が痛いというよりは90分間、冷静にメンタルを維持できなかった事が残念でした。

現実を受け入れて戦術を変更するのか、このまま真っ向勝負するのか。チームの判断ですね。
みなさん、遠くまでお疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウェイ新潟戦、試合前

アウェイ新潟戦、試合前
辻尾ジャパンの応援団に和みながら、今季何回目かの岐路を迎えました。

しっかり90分、アディショナルタイム終わりまで走りきりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/04

松田直樹の思い出

敵にすると嫌みったらしい能力を見せつけられて、いっそのことミスジャッジかなんかで喰いついてカードがでないかな?と祈ってみたり、代表であれば、まぁ、アジアレベルであれば普通なら突破されないくらい頼もしかったり。

110804_01

彼との最後の思い出は、昨年の天皇杯、11/17水曜日、平日三ツ沢のナイトゲーム。ほぼ優勝が無くなっていたエスパルスは、霧雨降る中で横浜Fマリノスと対決。結果的には清水が勝つのですが、いいなぁ・・・と思ってシャッター押していたのは、試合後に談笑するテルとマツ。
試合後とはいえ、テルが笑顔で笑い、話しかけるマツ。テルは契約更新されないのが報道され行く末が未決定、マツはまだ解雇を知らされてなかった?かな、良く覚えてない。

お互い年を重ねて、自分よりも年上のプレイヤーがチームには居なくてなのか、なんか盛り上がってんなぁ・・・とカメラから見てました。
そういや、二人とも知的というよりは天賦の才、類稀な運動能力で生き延びてきた本能型。テルは大して語らなくても、マツが的確に突っ込みいれる・・・ですかね。

また、ひとつ惜しい才能を亡くしました。安らかにオヤスミください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/02

11J1-19 サンフレッチェ広島戦(アウェイ)観戦記

シーズン前半を終えて勝ち点27をゲット。予想を上回るヤリクリぶりにみんな油断があったような。セレッソ戦で4失点。ナビスコできっちり勝ち、精神的には回復基調かと思いましたが、中途半端な思いじゃ、勝てないというのがはっきりしました。

110730_01
いつか見た風景のアウェイゴール裏。やっぱり少ない。
最後まで諦めてなかったけど、選手が先にキレてた感じがしました。

110730_02
広島はそこそこ入っていても1万6千人でした。同日にカーブが中日戦を開催しているとはいえ、この郊外のスタジアムに1万6千人は多いのか?まだまだサッカー観戦という雰囲気じゃない、週末のスポーツ観戦的な雰囲気を感じました。

110730_03
先発ではアレックスのポジションがボランチ、やや前目といったところ。後は普段どおり。マサキも普段どおりの右SB。

110730_04
広島も監督以外はフツー。それなりにチャンスは外してくれていたので、こっちがきっちり受け止めて競り合うことはできたはず。

110730_05
立ち上がりから、ダメな雰囲気。簡単に失い、簡単に押し込まれる。碓井が凌がないともっと失点しそうな前半。

110730_06
マサキの前後をいかに生かしてゴールを奪うか。セレッソ、広島レベルだと簡単にアレンジして狙ってきます。

110730_07
2失点目も痛かったけど、この後45分以上あるのだから、必要以上に落ち込む必要はないのですが。なんだか、連戦で体調が悪いのを理由にしている感じ。

110730_08
ハーフタイムで入ってきたのは、イワシ。平岡がSBにスライドして対応します。まぁ、何年経っても、激る方向性がブレないのは個性でしょうけど。イワシとエダ、マサキが個性ではなく、意識的にチームにかかわるようにならないと、ダメですね。
逆に、コウタは身体は動かない、万全じゃないけど、やることやるし、仲間を叱咤するのも正しいタイミングでできているな、と感じました。

110730_09
3失点目。仕方ないとはいえ、甘過ぎる。

110730_10
最後の4失点目。この辺のリアクションが「若い」ですね。下向いてしまう、なんとなく終わらせたくて、時間を使ってしまう。

110730_11
応援するほうも、それぞれ、事情はあると思いますけど、危うい攻守のバランスでシーズンを乗り切るためには、もっとホームもアウェイももっと声援をおくらないと、駆けつけないといけないなと。

広島で見たのは、アウェイならホントにどこでも来るヒトと、関西~九州エリアから駆けつけてくれたヒト。得失差がマイナスなのに一桁順位というのも、中位グループが団子状態だからか、勝てるチームじゃないときにアウェイ遠征に行くのは正直辛いと思いますが、そんなときだからこそ、なんか支えないと。いまの状況じゃ、最後に泣くな、こりゃって感じ。

ということで、ちょっとでも時間、余裕がある人は「新潟」には行きましょう、ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »