« 横浜F・マリノス戦、ドローに終わる。 | トップページ | 2014AQF-3rd 1stMatch 日本対北朝鮮(ホーム)戦 観戦記 »

2011/08/31

11J1-24 横浜Fマリノス(ホーム)戦 観戦記

FWの意地で引き分けに持ち込んだ試合、ドタドタになって引き分けに持ち込まれた試合。どっちも納得できる結果ではありますが、ここまでの8月の試合で稼げた勝ち点は、広島0、セレッソ0、大宮3、山形1ということでトータル4。一試合1点はやはりペースダウン。

110827_01
ペースが落ちてきている理由は、
(1)ベストメンバーが組めていない。明らかに今シーズンはカードコレクターが多い。
(2)後半残り20~15分で生きる交代戦術がない(または最適な才能を持つサブメンバーが不在)ということか。

(1)については、思わぬ怪我人が出ている中、手薄なサイドバックに左利きのヨンアピンを獲得できたが、右はマサキをあてがう応急措置。(2)はせっかく永井を投入しても、ハイボールでのパワープレイを選択。このFWの特性を行かせるパスは無しというチグハグさ。いっそのこと、キムクナン並みに岡根をFWにして、ハイボールがいいんじゃないの?とまで勘ぐってしまうオプションの無さ。

110827_02
試合は、予想されたように、お互いが軸となるプレイヤーがいないことでゴタゴタした感じ。いきなり横浜FMにFKを2度与えてピンチを迎えた後は、しっかりと清水が攻めることになり、なんとか横浜が凌ぐ。でも前線にはボールが渡らないといった展開に。

110827_03
エスパルスも、右は単騎、左は宏介から、ワイドからのクロスも切り込んでのシュートも弾かれて、繋げなくてとチャンスらしいけど決まる雰囲気もないまま前半を終了。

110827_04
退屈じゃぁないが、時折ジャッジを巡ってイラツク両チームだったけど、ベテラン層がなだめて落ち着かせて。水曜日からの短期間での連戦ということでまずは、失点をしないという両チームの最終ラインが強い意思が滲んだ感じ。

110827_05
後半は、キムクナンをFWで投入したあたりで、いつもの横浜FMの展開、とりあえずフィードして、あとは誰かがミドルを打つ、になり始めた。

ただ、キムクナンに入るボールもしっかりエディが競り、セカンドをいい位置で拾わせないことで、ラインが間延びしたなかでも相手の攻撃に厚みを感じない。後は、海人の前への飛び込みが遅れてゴールが空いたとき、零れたボールがポストだかバーに当たって生き延びたときはちょっと覚悟したけど、相変わらず局面での運はこっちに残っているらしくドローのまま終了。

110827_06
あそこで突っ込んでいったことを勇気とみるか、無駄とみるか。タイミング的にムダなカードだったな、と思いました。つか、避けることはできるでしょ。


110827_07
一時期よりは持ち直しているとは思うけど、シュートへの結びつける展開を生み出して、もうヒト伸び欲しい。

110827_08
戦術的には、セットプレイでのマンマーク併用も効果的だけど、なんとか相手のマークをずらして、得点に結び付けようという工夫はそこかしこにあり。

GKからのフィードは、海人がキープしてエディとイワシがラインを一旦上げて横浜FMのFWが中盤まで下がったあとに中央の間に入ったヨンアピンがDF低い位置まで戻って、ボールを貰ってスタートするとか。
相手が必ず狙う辻尾の後ろ側。ここを狙われたフィード、ハイボールについては、まずはイワシが競って弾いて、辻尾は後ろでカバー、内側の右CB位置に入ってこの零れをカバーするとか。
トップは、アレックスが中央だったけど、途中からは高木とチェンジして起点を左前に変えて栗原、中沢とは正面から勝負しないとか。
サイドからのクロスいろいろ細かくやってんね、とは思うけど。

工夫しても得点できるだけの決定機につながるパターンにはなっていない。手詰まり感があるから、ここで補強となったわけでしょうけど、逆にレンタルされるかな?と思っていたメンバーには8/12を過ぎたということで移籍の発表はないのかな。例外規定はGKだけだとおもうけど。

|

« 横浜F・マリノス戦、ドローに終わる。 | トップページ | 2014AQF-3rd 1stMatch 日本対北朝鮮(ホーム)戦 観戦記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11J1-24 横浜Fマリノス(ホーム)戦 観戦記:

« 横浜F・マリノス戦、ドローに終わる。 | トップページ | 2014AQF-3rd 1stMatch 日本対北朝鮮(ホーム)戦 観戦記 »