« 浦和戦、ほぼ快勝。 | トップページ | 川崎戦試合前、暑かった一日 »

2011/06/19

11J1-16 浦和レッズ戦(アウェイ)観戦記

今シーズンのさいたまアウェイはどっちも雨。でも、NACK5の豪雨を体験してしまうと、サイスタの雨はまだやさしいと思えてしまいました。
両チームの順位は大差ない下位チーム同士。レッズが勝てないロードを驀進中、エスパルスは勝ち負けが常に混ざり落ち着かない、そんな感じ。試合内容も、レッズがとりわけ拙いということはなく、立ち上がりから積極的にボールを前に進め、シュートを打ち、セットプレイを繰り返しと押し込んでましたが、先制点がエスパルスに入ってしまった(失点してしまった)ことがレッズの負のツボに嵌ったきっかけと思えます。

110618_01
「この街の誇りをかけ戦え」だそうです。

110618_02
あのころは強かったということでしょうか。

110618_03
しかし、さらに減った感のあるホームゴール裏。

110618_04
ゴールは割らせなかったですが、立ち上がりから積極的に攻め込んだのはレッズ。

110618_05
徐々に膠着状態になった時間帯。アレックスと高木がグチャグチャとボールを運んで、ラインをしっかり押し上げて、ボールホルダーへはしっかり寄せてと、なんか様になるなぁ、成長してんね、辻尾落ち着いているジャンと思ったころ。

110618_06
壁横にいた元紀が動いて、田中達也が逃げ気味に身体をひねってコースが開いたようですが、ボスナーがズドンと打つと

110618_07
ぁ~~~~~って、入ったよ、オィって感じで決まりました。

110618_08
ボスナーFKを決めて先制!雨天のコンディションを生かして、狙い通りということなんでしょうか。

110618_09
早くも前半で坪井=>原JAPANに変更。山田がCBに入って、原JAPANは2列目の中央か左あたりにいたような。最初はボール持って前に進めることはできたけど、徐々にボールもこないし、エリアもなくなったという感じ。レッズでの優先順位は4~5番目。高崎、山田直がケガで原口もいないし、という選択なんでしょう。エスパルスがわかっているといっても、メンバー変わり過ぎで、先日こっそりチーム練習を偵察しただけですからね、彼。

110618_10
後半も中盤での奪い合い、レッズのセットプレイが続きますが、マルシオにも迫力なく、全体的にボールは柏木が絡まないと動かないという感じ。ワイドに入るボールまではいいのですが、中央の2人が鈍くて遅く感じる。逆にエスパルスは、ダイレクトパスが無駄?と思えるくらい常に動かして、ボールを保持する局面も多いが、スペースに動いて常に受けるし、出すという共通認識があって、攻撃への切り替えにスピード感が落ちません。

110618_11
チャンスをいくつか外していたので、そろそろ得点して、試合を決めたいな、と思ったら大悟が準備してありました。選手起用も納得のタイミングと選定、前シーズンまでのトラウマか、贔屓目に見てしまいます。

110618_12
レッズの勢いを削ぐように、2点目が決まった。枚数が少なくても中央に正確なクロスから決定機とゴールを作り出すのは、アヤックスとの試合で感じたこと。高原のコンディションとモチベというのもあるが、うまくチームとして好循環に嵌りだしている。

110618_13
最近は、ゴトビ監督は、チームで喜ぶ練習をしてんじゃないのか?と思えるくらい得点時にベンチが騒ぎますね。

110618_14
失点は、セットプレイからのリスタートを断ち切れず、粘られて梅崎が決めきったパターン。このあたりからはホームのムードが強まり、いつもなら同点・・・ってパターンなんですが、よく耐え切ったかなと思う時間帯。ただ、自信があって耐えていたというよりは必死なだけなのでまだまだ根拠となるものは薄いですね。

110618_15
何回か撥ね除けたのですが、足元にしか転がらず。緊張感のある時間帯が続きました。このリスタートをまったりとできない、ペースを変えきれないのがまだまだかなと。

110618_16
押し込まれている時間帯、ふわっとしたクリア?ボールを前線に残ったアレックスが拾う。ほぼイーブンなボールを横後から引っ掛けたのか、西村主審はレッズ柏木のファールとしてイエロー。

110618_17
前半よりは近い距離。時間帯的にはアレックスか元紀で直接かな。さすがに今度は枚数増やすだろうと思ったんですけどね。タリーさんと永井さんがこの合間におしゃべりw

110618_18
アレックス、元紀がフェイクを入れて、岩下がスクリーンを外して、コースができたと思ったら、エディは上に打ってました。加藤のポジを確認すると中央。ということはどのキッカーにも対応するつもりだったのかなと。

110618_19
ドーン!と決まった。いい感じねネットが膨らんでます。

110618_20
ゴールに(笑)がおきるくらいスーパーな軌道でした。これでレッズがほぼ諦めたという足取りになってきて、試合はクローズへ向かいます。

110618_21
写真は取らなかったですが、元紀が歓喜でゴル裏に向かおうとすると西村主審が戻れと促す場面あり。時間帯もありますが、遅延行為としてジャッジされる可能性があるのかな?ロスタイムも大目の5分。ただ、両チームともに3枚を交代済みだったので、刺激策はポジション変更くらいしかないんです。失点後はレッズが互いに萎縮して、でも個々で攻めるみたいなシーンが続き、こちらは足元へ入ったボールをしっかりプレスするというキチっとした任務をこなす感じ。

110618_23
試合終了。予想外に崩れるのが早かった印象。山形、浦和と勝ててないチームは一発で崩壊するのを実感。エスパルスも序盤はその匂いが強かったんですが、なんだか乗り越え始めたかなと。

110618_24
最後は、チームとゴトビ監督が一緒に挨拶するといった儀式?もまたありました。かなり手ごたえのある試合だったからか、笑顔が目立ちます。ってか、ボスナーは両手ガッツボーズばっかりでした。

課題としたら、高原のポストプレーが消えたあとの時間。永井投入後の攻め方でしょうか。どうしても、下がってカウンター、でもハイボールキープは得意じゃないから、もう一回攻勢を受けて劣勢が続くといったところをどう切り替えるか。

次は、相馬監督になってから日本人だけで先発メンバーを構成しつづける川崎です。ホーム3連戦も楽しみですね。

|

« 浦和戦、ほぼ快勝。 | トップページ | 川崎戦試合前、暑かった一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11J1-16 浦和レッズ戦(アウェイ)観戦記:

« 浦和戦、ほぼ快勝。 | トップページ | 川崎戦試合前、暑かった一日 »