« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011/02/05

10EC-FL 鹿島アントラーズ戦 観戦記

準決勝を勝ちきったことで、次にやったことが「静鉄観光に観戦バスを予約すること」でした(笑) 正月とはいえ、家族複数で移動するとなると新幹線は高い。自家用車はまた戻ってくる運転がめんどくさいということで、静岡駅からの往復を電話で申し込み。最初の10時過ぎはちょっと繋がらなかったけど、10分程度で予約できてしまう。しかもバス席なんて完売はしないしw 元旦は5時起床でおせちとかお雑煮とかも食べることなく、静岡駅のマックでした。

バスは順調に1時間程度早く、国立霞ヶ丘に到着。女子決勝を見ようかと思ったら、忘れ物を自宅に取りに行くというので、なんと埼玉まで一旦戻ることに(なんかヘン!) そんなこんなで1時間前くらいにやっと中に入れました。アウェイゴール側は寒いんだけど、テンションが上がりっぱなしで試合開始。

110101_01
コレオは撮影できず。鹿島は横断幕を出してきた。

110101_02
最後の試合でした。西部、兵働が居ない決勝。あとは粗普通かな。

110101_03
セットプレイから先制される。ホンタクがマークでしたが、それより海人の固さが気になりました。積極性がなかったですね。後は布陣が噛みあわないのか修正することなくズルズルと下がる守備になった前半。マサキはなんだったんでしょうね。

110101_04
後半、ホンタクからのフィードでヨンセンがゴール。このときもこんな感じ。

110101_05
三ツ沢での横浜Fマリノス戦では西部がFKを弾いたコース。海人は野沢に決められてしまいました。他GKと比較されるのはプロである以上は仕方が無い。このパターンにならないように戦術と技術を磨いてもらわないと。同点からさらにギアアップすることが出来なかった。

110101_06
負けて納得いかないヤツと仕方なしというヤツ。いろいろでしたね。

110101_07
負けなれていない宏介は泣くし。

110101_08
キャプテンはこんなんだし。

110101_09
こっちの人はこれだし、正月早々は暗い終わり方だったな、ケンタ・エスパルスは。際立って優秀な監督ではなかったと思いますが、魅力的な指揮官だったと思います。5年間いろいろな場所で見てきたけど、長谷川健太を監督にして、県外の大卒選手を育成してチームの骨格を作るというプロジェクトはこれで終わり・・・。

これからは高卒と県内出身の有力選手を組み合わせて、3~5年後にトップを狙うという育成期間になるんでしょう。監督・選手が変わったからということで地元がサポートを止めるというのは避けたいです。新監督が決まり、多少の希望はありますが、コンディションが良くない補強メンバーの面々を見ると、やっぱり苦労する2011年シーズンなんだろうなぁ。

開幕は日立台で柏レイソルとの対戦が決まりましたね、まずはチケットの確保かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10EC-SF ガンバ大阪戦 観戦記

いまさらながら、年末年始の天皇杯について観戦記をアップします。遅れて申し訳ないです。しかも、手抜き気味かも(笑)

101229_01
この試合を見るために18きっぷでエコパまで。さすがに遠かった。始発で出発しても12時過ぎになんとか到着する感じ。バックスタンドの席を確保していただき、難民にはなりませんでしたが、あの席割って集客具合からしたら意味ナイですよね。ただ、準決勝を大阪ではなく静岡でできるというのは県協会等の尽力があってできること、ありがたいと思わないと。(実際は、役員・スタッフが集まらないから準決勝以降はムリという協会は多数でしょうし)

101229_02
立ち上がりのチャンスはガンバのほうがあったような。それでもルーカスとか安田とかガンバのだれだか忘れたけど、左DFがスカスカだったような。リーグ戦のピリッと感がなくて、こっちのほうが集中していたし、サポは元日国立で自害してやる!!って雰囲気でソコソコ殺気だっているギスギス感もあったし、戦闘的だったと。

101229_03
ヨンセンがゴールしても安心はしてなかったけど。

101229_04
折角のゴールなのに、祝福するのはオカだけかよ、と思ったり。

101229_05
淳吾のクロス気味がこぼれて、なぜか兵働のほうが早く反応して(フタ・明神のほうが近かったのに)ミドルが決まった。前半で2-0ということは、あと1点で試合の流れが決まるなと。

101229_06
なんか、ガンバがダメダメな雰囲気になりかけていた時間帯。ガンバの攻撃も良かったのですが、なんとなく淡白でフィニッシュまで至らず。怖いことは怖いけど、凌いで前半終了。

101229_07
後半もあっさり追加点が獲れてしまった。淳吾は良くないというか普通の淳吾だったけど、ガンバの守備がボッタチすぎて競りきれてないというか、なんというか。

101229_08
まぁ、勢いが出た後 押し返すだけの抵抗力がガンバになかったという感じ。

101229_09
接触で痛んだときはそこまで深刻じゃないとおもっていたのですが、この兵働の負傷が結局 決勝の結果に結びついてしまった感があります。なんといっても接触してきた相手が元柏の明神で、移籍先も柏でというのも縁ですかね、そうですな。

101229_10
最後のロコロコになりましたね。決勝を勝ち抜いた後にとっておきたかったですが、これもしかたなしなのかな。まずは元日を国立で過ごせるということには感謝したかったです。

いま写真を改めて確認すると、やっぱり、ゴール後の喜びが淡白なんですよね。チームがいい時ってみんなでゴール決めたヤツにタカっていた、(軽く)叩いていたんですけど、ヨンセンにも兵働にも近づいて祝福する人も少なくて。
シーズンはすでに終了、気持ちは・・・ってことなんでしょうかね。天皇杯はそのあたりが難しいですね。そんなことに気づかないくらい、こっちも勝ったということに舞い上がっていたということでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »