« 2011年のご挨拶 | トップページ | 10EC-FL 鹿島アントラーズ戦 観戦記 »

2011/02/05

10EC-SF ガンバ大阪戦 観戦記

いまさらながら、年末年始の天皇杯について観戦記をアップします。遅れて申し訳ないです。しかも、手抜き気味かも(笑)

101229_01
この試合を見るために18きっぷでエコパまで。さすがに遠かった。始発で出発しても12時過ぎになんとか到着する感じ。バックスタンドの席を確保していただき、難民にはなりませんでしたが、あの席割って集客具合からしたら意味ナイですよね。ただ、準決勝を大阪ではなく静岡でできるというのは県協会等の尽力があってできること、ありがたいと思わないと。(実際は、役員・スタッフが集まらないから準決勝以降はムリという協会は多数でしょうし)

101229_02
立ち上がりのチャンスはガンバのほうがあったような。それでもルーカスとか安田とかガンバのだれだか忘れたけど、左DFがスカスカだったような。リーグ戦のピリッと感がなくて、こっちのほうが集中していたし、サポは元日国立で自害してやる!!って雰囲気でソコソコ殺気だっているギスギス感もあったし、戦闘的だったと。

101229_03
ヨンセンがゴールしても安心はしてなかったけど。

101229_04
折角のゴールなのに、祝福するのはオカだけかよ、と思ったり。

101229_05
淳吾のクロス気味がこぼれて、なぜか兵働のほうが早く反応して(フタ・明神のほうが近かったのに)ミドルが決まった。前半で2-0ということは、あと1点で試合の流れが決まるなと。

101229_06
なんか、ガンバがダメダメな雰囲気になりかけていた時間帯。ガンバの攻撃も良かったのですが、なんとなく淡白でフィニッシュまで至らず。怖いことは怖いけど、凌いで前半終了。

101229_07
後半もあっさり追加点が獲れてしまった。淳吾は良くないというか普通の淳吾だったけど、ガンバの守備がボッタチすぎて競りきれてないというか、なんというか。

101229_08
まぁ、勢いが出た後 押し返すだけの抵抗力がガンバになかったという感じ。

101229_09
接触で痛んだときはそこまで深刻じゃないとおもっていたのですが、この兵働の負傷が結局 決勝の結果に結びついてしまった感があります。なんといっても接触してきた相手が元柏の明神で、移籍先も柏でというのも縁ですかね、そうですな。

101229_10
最後のロコロコになりましたね。決勝を勝ち抜いた後にとっておきたかったですが、これもしかたなしなのかな。まずは元日を国立で過ごせるということには感謝したかったです。

いま写真を改めて確認すると、やっぱり、ゴール後の喜びが淡白なんですよね。チームがいい時ってみんなでゴール決めたヤツにタカっていた、(軽く)叩いていたんですけど、ヨンセンにも兵働にも近づいて祝福する人も少なくて。
シーズンはすでに終了、気持ちは・・・ってことなんでしょうかね。天皇杯はそのあたりが難しいですね。そんなことに気づかないくらい、こっちも勝ったということに舞い上がっていたということでしょう。

|

« 2011年のご挨拶 | トップページ | 10EC-FL 鹿島アントラーズ戦 観戦記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10EC-SF ガンバ大阪戦 観戦記:

« 2011年のご挨拶 | トップページ | 10EC-FL 鹿島アントラーズ戦 観戦記 »