« リーグ戦終了、最後は力負け。 | トップページ | 10J1-34 ガンバ大阪戦 観戦記(2) »

2010/12/05

10J1-34 ガンバ大阪戦 観戦記(1)

試合終わって一夜明けても疲れが抜けません。土曜日も実家に辿り着いて寝て、起きて、電車で寝て、自宅でも寝て。11月からのリーグ戦遠征がかなりハードだったので、仕事を併せてピークが来た感じ。選手と同じで1週間は休みたいのです。が、そんなに現実は甘くない。

最終戦ですが、もうちょっと泣くかなと思ったんですが、試合が試合だったし、盛り上がったのは試合前の練習中にちょっと感傷的にはなったものの、セレモニーもあんなものだったので、シーズンの結果に悔しさはあっても涙は12月最後に取っておけってことでしょうか。そんな脱力感で山を下りました。

101204_01
OWがパルちゃんショーに。 すでに2011年のオーディション告知が出ているんですよねぇ、はえーなぁ。

101204_02
12月の午後は日差しの傾くのも早く、影も長いです。

101204_03
サインボールをスタンドに投げ入れるために走るイチ

101204_05
アップ中のアオ、テル。ケンタは2人とも投入する展開にしたかったようですが叶わず。

101204_04
フローデ。さすがにシーズン終盤はキレが落ちてきました。

101204_06
イチ

101204_07
フローデ

101204_08
アオ。選ぼうとするチームはちょっと心配です。環境を変えればなんとかなるというモンでもないでしょう。

101204_09
テル。琉球でトルシエとやるのか、噂の甲府なのか。J2だと中盤でのヨサが活きるとは思えないチームが多いし難しい。

101204_10
ケンタ。他チームで精神的にはラクにやって、結果で鍛えてくればイチバンだけどね。

101204_11
まぁ、更新しない理由がなぜか判るようなアップでした。感情的なものを除けば、イチとテルはチームというか技術というか評価は低いよなと。金額を理由にしてますけど実際はそれ以外にもあるんじゃないかなと。後は地域的な「甘さ」を抜きたいんだよね、という意図もあるとは思いますけど。

【試合はまた後でアップします】

101204_25
求めすぎてもいけないと思うのですよ。「愛」は必要だけど。功労者・現場を大切にするかどうかはこの後の対応次第。過去みても「斡旋もせず捨てた」は少ないと思うけどね。

101204_26
ケンタらしく終わりました。 在任中に「結果」出なかったからの「この結論」です。

101204_27
場内を一周。イチバン遅れていたのはケンタ監督。

101204_28
ゴール裏は1階も2階も流石に多い。ケンタの握手会的なものは途中で打ち切り。

101204_30
一旦リセットして25日の天皇杯に望まないと、このままじゃ危ないというか、終わっちゃうんじゃないかと。いろいろな人の努力と交渉で25日をニホンダイラに割り当てできたわけで。ここを切り替えていかないと、居なくなる選手たちもハッキリしてくるし試合中とは違った「精神力」が問われる残り3試合です。

|

« リーグ戦終了、最後は力負け。 | トップページ | 10J1-34 ガンバ大阪戦 観戦記(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10J1-34 ガンバ大阪戦 観戦記(1):

« リーグ戦終了、最後は力負け。 | トップページ | 10J1-34 ガンバ大阪戦 観戦記(2) »