« 神戸戦、敗戦。 | トップページ | 最終戦、試合前。 »

2010/11/28

10J1-33 ヴィッセル神戸戦 観戦記

さすがに連戦の疲れが出たのか、前節も後半は広島相手にフラフラでしたが、火曜日以降はサポである こっちもフラフラ。土曜日はマイル利用で羽田から伊丹まで朝移動。そこからモノレール、阪急電鉄で三宮まで1時間くらい。ちょっとショッピングして飯でマッタリして、地下鉄でホムスタに到着。

101126_01
半分眩しくて、半分は暗く寒いホムスタ。とはいえ、シート下にはダクトがあって、そこから温かい空気が流れてくるのです。ヨトスタ以外で初めてヒーティングシステムを確認、体感。

101126_02
先発メンバー。この試合でもテルを先発って・・・。マサキはベンチスタート。

101126_03
早々にイチにイエロー。厳しいといえばその通りですが、ちょっとフォローが遅れて、後追いになったから仕方なしかな。

101126_04
前半はチャンスがあるけど、神戸の執念で決められず。ただ、全体に動きが重い。広島戦からというより、ここ4連戦の辛さが出ている感じ。岡崎は「世界標準」ジャッジに反論するなど、空回り気味。もうちょっとボールを保持して、広く動かし続けれいれば、と思うこと多々。ファールを貰ってこっちが時間を稼ぐような場面も目立った前半。

101126_05
前半から積極的に水飲む副審も珍しいなと、思い撮影。

101126_06
中盤で報復行為【威嚇行為?】にでる淳吾を止める「世界標準」西村さま。この後の場面でもしっかり淳吾を保護して、両チームの諍いを押しとどめるなど、感心する。まぁ、いち早く準備して割り込める判断と体力はたしかに凄いかも。普通なら、三原は踏まれていたし淳吾はレッドだろう。

101126_07
ホンタクへのファールで田中にレッド。ここからペースを変えなければならなかったのですが、ガックリと運動量、連携が落ちてしまって相手に走られることがオカシイ。結局 イチも蹴り方みてもオカシかったし、先発メンバーの体調が回復してなかったのも一因かと。イチの代わりに辻尾と思っても、アレではねぇ。思い切ってFWとDFの2ラインでハイボール勝負でも良かったように思えるのですけどね。降格候補チームなら終了間際に必ず溢すボールがあるし。

101126_08
もたついて決められて。問題はゴール後の再開後も走られて、押し込まれる大学生サイドだったかな。高校生にヤラレル大学生ってなんだよ、って感じ。テクニックで負けるんじゃなくて精神的に負けている。勝負しないで押し込まれる。原が入ってからはドリブルで押し込める時間が出るものの、ほとんどやってない形だから結果がでない。まぁ、負けパターンに嵌る時間でした。

101126_09
最後はCKからシュートボールを味方がクリアしてしまうというオチ。残念だったけど、これも実力のウチ。同点にできていれば、先制できていればという試合でした。「勝負どころで弱い」というのは精神的な甘さというのと常に最悪の事態に備えてチームが準備できてないからだと思います。「逆転パターン」がついに作れなかったですね。

101126_10
残り1試合と天皇杯。一度崩れたらこのままなのか。意地はみたいなぁ。試合後は三宮でちょっと食べて空港まで戻り23時には就寝。飛行機だと羽田までがあっという間でした。
ということで次は土曜日にアウスタでガンバ戦です。

|

« 神戸戦、敗戦。 | トップページ | 最終戦、試合前。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10J1-33 ヴィッセル神戸戦 観戦記:

« 神戸戦、敗戦。 | トップページ | 最終戦、試合前。 »