« 湘南戦勝ちました。 | トップページ | 天皇杯 Fマリノス戦試合前 »

2010/11/15

10J1-30 湘南ベルマーレ戦 観戦記

ラスト5ゲーム、相手は降格圏を漂う湘南。しかも負けたら即降格決定という条件で、やさしさ満載なエスパルスのことだから、必死な相手にどこまでお付き合いして、どこから突き放せるのか、と思って観戦。朝は7時過ぎに高速に乗って、途中休憩しながらも開門前には到着。厚木を超えたあたりからチラホラと緑青の車も。お天気はドンヨリとした感じでした。

101114_01
スペースがっちりな2階。案外1階は少なかった。この状況なら迷わず2階で声援ということでもあるけど。

101114_02
レッズ戦のゴールで表彰されたのが岡崎。

101114_03
湘南先発。やっぱり多い取材陣。

101114_04
前半から、ハードに追いかけていた湘南に対し、ちょっと受身なのとパスが甘くて逆襲を喰らうエスパルス。 湘南の布陣は4-3-3でしたが、田原の1トップにトップ下は中村。阿部が微妙なポジで浮いた感じのウィングで、エメルソンはやたら位置取りの高いサイドMF。ボランチは2人いるけど、ひとりはヨンセンにセットやGKで張り付いて自由にやらせないといった細かな指示があったように見えました。実際、パス・シュートの精度がもうちょっと高ければはやいうちに先制されていたような気がします。

101114_05
で、ニアを狙われたCKで西部がセーブしたのですけど

101114_06
こんな感じで絡まって、踏んでしまったので。

101114_07
修理となりました。かなり慌ててましたが、結局2階からつるす案は紐解きが間に合わず1階のスピーカー付近の手すりにくくりつけて再開。再開直後もCKだったので、緩んで失点するかと思いましたが、しっかり凌いでました。湘南はこのプチ中断でエスパルスに考える時間を与えてしまったと思います。

101114_08
両軍ベンチには説明してましたが、観客にも前半XX分相当からの再開ですとアナウンスがあってもよかったのではないかと。

101114_09
ということで時計が進んでいたので、AT12分ということに。手元の時計を見直してトータル約30分経過したあたりか、と時間感覚を取り戻します。

101114_10
あまりの拙攻に小野がキレたのか、ジブンで持ち込むタイミングと追い越しが増えて、ついにはシュート。

101114_11
が、これが決まって。

101114_12
やっと先制。というかほとんどが湘南ペースで自滅気味、ヤラレ気味だったから一息つけたという感じ。逆に湘南はいつものパターンという雰囲気に。これで前半終了だったからホントにラストワンプレイというジャッジだったんですね。

101114_13
後半は、サイドからクロスで粘って、ヨンセンがコースを狙ってのシュートで2点目

101114_14
ネット支柱が破損したおかげで、一時はアップがバックスタンド側に。これはこれで嬉しい誤算ではありましたが。

101114_15
2失点したことで戦術を変更していこうと打ち合わせ中に。

101114_16
岡崎が守備陣に追われて、エリアから出る手前くらいの位置で引っかかってPKゲット。相手のしたらゴールに向かう姿勢じゃない選手にペナルティを取られるのは痛い。都築はかなり長時間の抗議を行い、集中力を奪う作戦。この辺は、元王者チームで身に着けた知恵といった感じ。

101114_17
淳吾のPKはやっぱり凄い。ちゃんと相手を外して蹴ることができている。

101114_18
その後は、攻勢に出る湘南に対し、カウンターで逆襲するエスパルス。溜めてもOK、速攻もOKという感じでした。相手がほぼ狙っている状況だからこその攻撃の迫力だったとも思いますが、攻撃の感覚を取り戻すには最適な状況でした。

101114_19
岡崎はPKゲットに続いて、得点。このときは1試合で2点目が取れないのか岡崎なんだよな、と思ってましたが。

101114_20
しっかり、その後も攻めて

101114_21
5点目を決めました。

101114_22
3点目が入ったあたりで試合が終わったように見えますが、グタグタで攻撃がちぐはぐだった1点目をあの時間帯で決めたことが大量得点に結果としてなったわけで、そういう意味では小野次第という今シーズンのストロングポイントは復活したかなと。後は、サイドの2人がしっかり攻めきれる、かわしきれるポジショニングをとれるかどうかだと思います。

101114_23
ATも4分と長めでしたが、何事も起こらず試合終了。

101114_24
崩れることなく淡々と、試合後の挨拶もできたということは、覚悟はすでにあったということと追いつくという気力は途中から無かったんだなと。なんとかして1点をと狙ったのですが、あれだけDFが剥がされるとキツイですね。

101114_25
試合終了後のアウェイ2階席。再来年 またJ1でお会いしましょう。こっちもJ2に落ちないように来年は必死で頑張らないとね。

101114_26
選手との勝ちロコはなく、間延びした進行で「王者の旗」と花火だけで終了。そういう試合観戦の終わり方でもいいんじゃないかと思います。 私は前半40分ボスナーの交代に気づきませんでした。いきなり交代か?イワシだ!なんかあったっけ?というほど。ゴール支柱直しているときに痛めたという噂(キャプテン談)ですが、アクシデントをハンディにしなかったのは、前半を先制で終わらせることができたから。テル、イチのプレイにはフロントの判断を前提にしても満足も不満足もありました。しかし、彼らの試合も後、残りホーム2試合、アウェイが2試合、まずはこの4試合をしっかり応援しようと、最後はボロボロに泣くだろうなぁ。。。。
次回は水曜日、三ツ沢で天皇杯のFマリノス戦です。ここは12月をHappyにするためにも勝たないといけません。

|

« 湘南戦勝ちました。 | トップページ | 天皇杯 Fマリノス戦試合前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10J1-30 湘南ベルマーレ戦 観戦記:

« 湘南戦勝ちました。 | トップページ | 天皇杯 Fマリノス戦試合前 »