« セレッソ大阪戦、負けたね。 | トップページ | 湘南戦試合前 »

2010/11/07

10J1-29 セレッソ大阪戦 観戦記

エスパルスサポーターとしては週明けから非常に苦しい一週間であったと思いますが、ついに6年分のつけを支払うときがやってきました。ケンタ監督と主力、ベテラン選手の契約満了での更新なしというツケは精神的に高くつきましたね。まぁ、今シーズンを見れば前年に比較しても過剰気味とも思えるメンバー、2010年はタイトルを取りに行った布陣と予算だったということ。それが実現できなかった(ということが見えた)ことの結果ですからここはサポーターも甘受すべきかもしれません。まだ、天皇杯は残っていますが、彼らの移籍先交渉と来期に向けた早期チーム編成を両立させるにはナビスコ敗退後での通知というのは、ギリギリのいい判断だと思います。

101106_01
ゴール裏が狭いのか、サポが多いのか良く判りません。フードコートも充実しており、両サポも仲良くといった感じでした。

101106_02
バックスタンド後にはJR線、アウェイゴール裏にはテニスコートとお墓、芝生席はカネが出来たらコンクリをいれるのでしょうか。来年は席割が代わるようですが。

101106_03
先発メンバー。

101106_04
こちらは高知県のキャンペーンなひとたちと。

さて、昨日の試合についてですが、アウェイ側がメインからみて左手(西京極も同じですが)、西日を背中に浴びてという変わった条件の改修したスタジアム、キンチョウスタジアム。名前のわりに虫が結構飛び交っていたのは名折れじゃないのとは思いましたけど。布陣は小野が腰痛で中盤にマサキが代わる以外はほぼベストメンバーといった感じです。前半 立ち上がりからセレッソが前線からのプレスを強めペースを握りボールを奪って中盤がドリブルでエスパルス陣形を崩して攻め込みます。この攻撃力で勝ててないのが不思議でしたが理由は意外とかんたんでシュート精度が低いことと2次攻撃がなく淡白なこと。最後の場面はやや雑なシュートが多く、零したボールへのプレッシャーも弱い感じです。途中からはエスパルスもこのプレスの強弱を学んで上手く吸収してカウンターを狙いますが、前線が急いでいるのか、3ラインが間延びした感じで攻撃は散漫に終わります。

101106_05
リズムがつかめないまま、相手に決定機を作られました

101106_06
セットプレイも生かせず。セレッソは2バック、2ボランチで中央で止める感じです。サイドは思い切って捨ててるという。

101106_07
こちらの中盤もアジャストできずに、苦しんだのが前半。

101106_08
西部が決定機を止めたりもありました、なんとか前半を凌いだ感じ。

101106_09
ボスナーのFKを前に壁希望者がいない(笑)

101106_10
マサキが捻挫?でアウト、大前が入ったことでちょっとバランスが怪しく。その後の永井を入れてさらに怪しい布陣に。まぁ、連携の練習しているとは思えないんですよね、交代枠予定の選手については。

101106_11
元紀もこのポジションはイキイキとできるんで楽しみなんですけど、逆に淳吾が生かせない感じ。岡崎は個の強さで貢献はしてますが、コンビで崩すまでには至らず。

101106_12
この人数で1万越えがやっと。中央のスポンサーシートは親会社経由で売れているから人がいなくてもイイのか?と思えるくらい。バック、ゴール裏が埋まっているだけに、メインの売りかたはもったいないんじゃないかな。

101106_13
そんなに難しいことをしなくてもいいのに、という時間帯にムリして、獲られて決められてという失点。

101106_14
ここからなんだけどね、ホントは。

後半は明らかに運動量が低下したセレッソ中盤に対し清水ペースにはできました。そんな中でアクシデントからマサキが負傷交代となり前線ワイドが淳吾から元紀に変わります。リスタートから失点しましたが、問題はここからです。交代した選手はともかく呼吸が合わない、選手もさらに焦るし、サポーターの声援もなんとなく低下。お互い踏ん張るところが出来ていない、もどかしいまま反撃も作れず、挑発に乗って試合終了。

101106_15
最後はボスナーを上げてましたが。

101106_16
本人の調子はいいだけに、なんとも。

101106_17
西日で影が長い。

101106_18
兵働は最後の小競り合いで指か腕を傷つけたもよう。ユニに血痕が。頑張ろうはいいけど悲壮感がにじんでいる。そういう意味では、なんかもっと雰囲気を替えていかないと、この後の試合は単なるケンタ組お別れツアーになるんじゃないかと思います。

小野伸二がピッチにいないとここまで落ち込むとしたら、なんかフロントの判断は正しく、情けないメンタル弱いチームと思えてきました。試合は全体をみたら悪くないんですけど、ちょっとした細かさにかけていて、また失敗を乗り越えられない。難しくしすぎてんじゃないかとも思う。来週の湘南戦にむけて立て直せるかなとちょっと心配です。技術じゃなくて戦術でもなくて精神的なものですね。ACL枠云々よりなんでこの状況でなにを求めてサッカーやっているのか、皆様でお話し合いを。

|

« セレッソ大阪戦、負けたね。 | トップページ | 湘南戦試合前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10J1-29 セレッソ大阪戦 観戦記:

« セレッソ大阪戦、負けたね。 | トップページ | 湘南戦試合前 »