« ナビスコ杯FC 東京戦、まずはドロー | トップページ | 大宮戦試合前、暑すぎる。 »

2010/09/05

10NC-QF1 FC東京戦 観戦記

予想以上にこっちの身体が重かった。別に選手みたいにフィールドを走っているわけでもなく、食欲が減退するほど疲弊することもないが重かった。さすがに日曜日の川崎戦を観て深夜に帰宅して、2日間の業務をこなしてのこの状態にしてはマズイ。そんな体調での観戦でした。

100901_01
代表監督の来場ということで、ナビ杯のわりには多かった取材陣

100901_02
イマイチ集客が悪かったアジスタ。国立でなかったのは嵐のコンサートが直後に入っていたから?ピッチは噂どおり、頑張っていたけどズルムケな感じ。

100901_03
高山さんは、「シャツ裾は中イレろ」とかジャッジへの態度には厳しいんですね。意外なところで初イエロー。

100901_04
ホンタクは結局90分を消化。大丈夫かいな?これもマサキの代役が不安だからでしょうけどね。エダとマサキは今シーズンの戦術にフィットしきれてないですねぇ。

100901_05
先発で注目したのはマサキじゃなくてテルを採用したこと。カップ戦の第1戦ということとホンタクの体調を考えると無理もない。逆に心配だったのはヨンセン。中2日で酷使じゃないかと思ったが、やはりきついようで競り合いに勝ちきれないパターンが多く、競り合った後を梶山にボール奪取されるパターンが目立つ。

100901_06
FC東京は、中盤からロングパスで逆サイドへ展開し、ゴール前にクロスを上げ続けるが、枚数が足りないことや清水の堅守により決定機を作りながらも決めきれないパターン。両チームともにボールへの執着はあるものの、全体的に90分をいかにコントロールするかといった内容重視の展開となり、前半を終了。

100901_07
兵働からのECがセンターに。この時点で今野とキムのズレを淳吾が生み出しており、岡崎はフリー。

100901_08
今野がカバーを試みたけど、ズルムケの芝でコケて間に合わず。

100901_09
岡ちゃんのコントロールショットが吸い込まれる。。。

100901_10
前線では相変わらず淳吾が好調に動きまわり、テルがそつなくボールを繋いでスペースを埋めて、といった感じだったが、辻尾の思い切りの無さ、消極的なポジションが目立ち、ワイドからの攻撃が少ない。それでも、徐々にスペースが生まれて散発的ないったりきたりの展開が始まる中、ゴール前のクリアから速攻を繋いでクロス、岡崎のゴールは見事だった。このときも兵働のクロスに対し、ゴール前にはしっかり3人が入っており、機を見てしっかり詰めるといった約束事を実行するだけの集中力はあった。

100901_11
その後も、FC東京のポジションチェンジを含めた攻勢を受け止めていたが、セットプレイから、マーク(ゾーン?)のずれから失点して同点。平山投入で約束事が徹底できなかったようですが、まぁ、ベンチワークが半分、選手の責任が半分といった感じ。

100901_12
ロスタイムにボスナーのFK。怖いだろうケド避けるなよ梶山(^_^;)

100901_13
その後もチャンスは少なく、なんとか1-0で凌げればよかったけど、ドローでもしかたがないといったコンディションでした。勝ち切れれば大成功でしたが、それほどこのチームは甘くないなと。第2戦は代表がいないのでどっちも苦しいけれど、ヨンセン・小野を使い切れればチャンスがあるのはこちら、といったところでしょうが予断は許しません。
(今野がケガで代表から離脱しましたが、シレっと水曜日ナビ杯に出てきそうな気もします。)

|

« ナビスコ杯FC 東京戦、まずはドロー | トップページ | 大宮戦試合前、暑すぎる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10NC-QF1 FC東京戦 観戦記:

« ナビスコ杯FC 東京戦、まずはドロー | トップページ | 大宮戦試合前、暑すぎる。 »