« 鹿島戦終了、勝ちました | トップページ | 横浜F・マリノス戦試合前 »

2010/08/08

10J1-17 鹿島アントラーズ戦 観戦記

首位攻防戦のアントラーズ戦、静岡に一泊して今日 帰ってきました。取り急ぎ画像だけアップしておきます。(観戦記はのちほど追記します。)

全般的な感想。選手もそうだけど、サポーターのパワーが非常に前向きで、(いい意味で)エスパルスらしくなかった。まぁ、だれもが指摘しているようにいい雰囲気でした。同点になってからもココロ折れなかったしね。
スタジアム到着した後は、場内をプラプラと。ビアガーデンは意外と人出がまだすくなくて(ラムネ早飲み競争は結構イタ)、バスチケット横でステーキセット食べようかと思ったけど1,500円は勇気がでなくて(待機列もできてなかったし)、ホットドッグで済ませました、アウェイ寄りのバックスタンドで韓式は相変わらずウマそうでしたがビールばっかりになってしまいそうなのでヤメトキマシタ。
100807_01

100807_02

前半は、立ち上がり鹿島がチャンスからシュートへとリズムを作っていたけど 、そこをきっちり凌いで攻勢に。攻め込みするけどシュートまで行かないなぁと思ったら、マルキがいなくなった。この前後から、しつこい守備に疲れたのかエスパルスのペースになって、西部がプレゼントパスした以外はほぼシャットアウト。
鹿島はレンズを通じても、大迫がスタンドのブーイングとヤジで雰囲気に呑まれていた感じでプレイが硬かった。PKはよく見えなかったけど、小野よりジュンゴのほうが体調もいいし、狙ったところにFKが入っているし、ますますジュンゴへの期待値が上がる。
岩政にイエローカードがでなかったのはしょうがないと思います。明らかに当たっているけど、岩政の視線はボールじゃなく目の前にかぶっていたヨンセンで、いきなりボールが来ちゃったときに両腕を広げていて、当たったんじゃ~~っていう風に吉田主審には見えたんじゃ。それよりも、小野に2枚目を出さなかったジャッジにはさりげなく拍手でしょう。そこは、せっかくの首位攻防戦を壊したくないという配慮だと思った。

100807_03
序盤は鹿島が着実にシュートに結びつける動き

100807_04
接触したのに動かなくなったので心配しましたが、前半でマルキがダメでした。このあたりも今日は「運」があるような気がしてました。

100807_05
2度ほど小野でうまくいかなかった。で、淳吾が蹴ることに。

100807_06
まぁ、トビこんでヨンセンを抑えられると思ったら、案外ボールが高くもなく、ヨンセンもスルー気味だったからか。

100807_07
しっかり決めるだけの度胸が、というか自信があるんだねぇ、淳吾には。

後半は、相手ボールに移ったタイミングで小野が走れず、歩き始めていたのでとっとと代えるかなと思ったら、やっぱり追い付かれました。ケンタ監督は、騙しながら様子見ながら小野が居る時間を引き伸ばしたい意図だと思ってはいたけど、きっちり追いついてくるのはさすが鹿島という感じ。
でも、ケンタ監督としては、今期の布陣なら追い付かれてもまだ大丈夫という余裕はあったのかもしれません。最初の交代は、テルで現状キープして3枚+兵働で追い越しを狙うかと思ったが意外なことにエダで、指を見る限り4とか!岡崎とヨンセンの位置を見て、ありゃ4-4-2かよと思ってました。
そのエダがかるく触ったボールを廻して、兵働がショート気味なクロス。いい感じの廻しだなと確認しているうちに、メイン側にスルッと前に進入してくるのが見えました。オカが胸トラしてクリアがゴール!綺麗じゃないけど、ソガハタ攻略としてはこんな感じだよなぁ、彼にシュートストップの体制に入らせない、タイミングをずらしてまっとうな反応させないとね、なんか全部止まりそう。そっからは、テル+ホンタクが底になって、交代の本山をケアさせてクローズに入って。ジュンゴがガス欠でジウトンと佐々木が攻め手になって、WB気味のジウトンが戻ってこなくてOKな攻めをイチのサイドから突っ込んでくるのは怖かったけどね、ヤられるかと思ったよ。
100807_08
まぁ、DFからの対角線クロスで抜け出してゴール!で同点。このときも、やっぱり来たなって感じはしましたが、まぁ、なんとかなるだろうと思ってはいました。

100807_09
あっという間に2点目を決めてくれたので文句のつけようがなかったです。

100807_10
このときテルは輪には加わらず、既にアップ=>ベンチでの起用タイミングを確認してました。

100807_11
いい時間でした。

100807_12
いつもと違うのは、この時間帯で両チームがバテバテなこと。パスを繋ぐところが動けなくてミスになるという最後の5分間でした。淡白っていうよりも果ててるといった感が。

100807_13
試合終了後は79年組が同窓会状態。ナカタコと辻尾が握手しているのはようわかりません。

100807_14
大勝利ということで。

100807_15
ケンタの代わりにマクドナルドさまが加わり「勝ちロコ」です。
帰りは、グタグタとVTRを見ていたらあっという間に静岡駅行き最終バス。もうちょっとなんとかできないのかな清水・静岡駅行きバス停の構造は。

とにかくこの試合は勝った、これからが、残り半分が大変。どこでも試合があると行きたくなるからねw
次は8月14日横浜Fマリノス戦です。

|

« 鹿島戦終了、勝ちました | トップページ | 横浜F・マリノス戦試合前 »

コメント

大迫へのヤジはどっから飛んでました?
2階上部にいるとピッチレベルへのヤジとか全く聞こえなくて。。
こういう些細な圧力がとってもうれしいです

投稿: shun | 2010/08/13 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29219/49098810

この記事へのトラックバック一覧です: 10J1-17 鹿島アントラーズ戦 観戦記:

« 鹿島戦終了、勝ちました | トップページ | 横浜F・マリノス戦試合前 »