« 行ってきます。 | トップページ | 2010WC-02 ブラジル対コートジボアール(サッカーシティ) »

2010/07/02

2010WC-01 香港経由ヨハネスブルグへ

現地にいくかどうかを迷っていたのですが、JALマイレージが多少あったのと、だめもとで申し込んだチケットが当選していたこと、香港ヨハネス往復が14万円台という好条件であったこと(HIS社、もっとも日曜日帰着であればプラス10万円でしたが)ということで2月には航空券を購入してしまいました。代償としては、今季のシーチケ購入は見送り、実際はダイラまでの交通費負担のほうが大きいのですが、手元にチケットがあれば移動してしまうので、誘惑を断つためにもということでシーチケは取りやめというのが2010年でした。


直前までキツキツのスケジュールをこなして、不安な冬用パッキングを終えてまずは香港行きに乗ります。海外旅行としては初の冬仕様。入れてみて思ったのは、やっぱり枚数・厚みがあるからか容量が足りない!ということ。帰りのパッキングも大変だと思いながらも、新規購入することなく、3日くらいの着替えと25Lのバックパックにカメラ等を詰め込み出発。

■2010/6/19  NARITA JL735(18:20) => HONG KONG(21:55)
100619_02
香港まではJAL様です。

100619_01
さくらラウンジにてまったり。

100619_03
夕飯メニュー、しかし喰いきれず。。。

マイレージ交換できてはいましたが、すでにエコノミーは完売。この往路片道だけビジネスクラスだったため、人生初のさくらラウンジ生活。おかげで搭乗前もまったり飲んで食べてしまい、機内食はツマんだだけという贅沢。映画みてちょっと機体の揺れを感じて夜の香港に到着。夜景は奇麗ですし、街が明るいって凄いなぁとおもいながら。

100619_04
香港の空港は広くてキレイ。

■2010/6/19 HONG KONG SA287(23:50) => JOHENSBURG(7:15,6/20) 
ここでは、トランスファー時に南ア航空のチケットをカウンターで発券し、セキュリティゲートを通過。こんな日程で南アに渡る日本人は数少なく寂しい感じ。チケット発券中にオランダ戦の結果を携帯メールで知る、惜しかった、川島ぁああああって感じらしいと。その後は、免税店を覗くことなくゲート付近でおとなしく過ごす。空港内は至る箇所でWifiフリー。試しに手持ちのipodtouchでサイトを覗いてみたが0-1の敗戦であれば許容範囲、デンマーク戦への期待を膨らませながら南ア便に搭乗。

100619_05
南ア航空機の中からパチリしてみました。電子機器についてはエララインによって対応マチマチですが、禁止物にデジカメは入ってません。

100619_06
美味しくなかった夕飯。FISHを選んだのですが・・・

100619_07
10時間後くらいに朝食、オムレツを選びましたが、こっちはまぁまぁ。

機内エコノミーは約2/3くらいが埋まってはいるものの、案外 人は少なめで、韓国アシアナからの接続組と思われる韓国人がやや目立つ。南ア航空のエアバス340は2-4-2のシート配列で、ボーイング777とかの中長距離便からみるとまだまだゆったりとした印象。隙を見てあいているスペースをベットにしようと試みるが、すでにみなさんが2席、3席をセシメテ就寝中でした。香港からの約13時間はホントに長く、寝ても覚めても進んでいない感じ。地図上でマダガスカル島を過ぎるころからインド洋も終わって大陸が見えてくる。朝食が準備され窓のシェードがあがり太陽光が差し込む中、エアバスはゆっくりとヨハネスブルグに着陸した。
100619_08
アフリカの大地は空から見ても赤かった。地平線が障害物なく四方に広がる様に感動しました。遠くに着たなぁ。。。

100619_09
ザクミがお出迎えな移動通路。

100619_10
出口をでると民族音楽のデモが始まります。アフリカっぽい格好ですがパフォーマンス中に小銭を要求してきます。

100619_11
到着口はこんな感じ。出迎えするヒトが多かったです。

空港内のパスポートコントロールにはさすがというか、WC観戦客向けに専用レーンがありました。簡単な入国審査を受けて、荷物を拾う。外にでる直前のエリアには宿泊相談所があるというオチw 意外となんとかなるかも。
さて、噂通り戦場なんだろうなぁという感じでウェイティングエリアに出ると、そこに迎えは来ていなかった(^_^;)  (続く)

|

« 行ってきます。 | トップページ | 2010WC-02 ブラジル対コートジボアール(サッカーシティ) »

コメント

お帰りなさいませ。
4年前はドイツに2度行ったのですが、今回は腰痛がひどくて長時間のフライトに耐えられないため、南ア行きを断念しました。
観戦記、楽しみにしてます。

投稿: yossy | 2010/07/03 12:57

ありがとうございますm(_ _)m

そうですが、前回の決勝観戦は非常にウラヤマだったんですけどね、お大事にしてください。
そういえば、私も腰痛は軽くなるほうなんですけど、今回は腰痛にはなりませんでした。あんなに長時間いろいろ座っていたんですけどね、不思議です。
Jリーグ再開までに書き終えたいのですが、どうなることやらです。

投稿: かわぐち | 2010/07/03 21:23

楽しそうですね。川口市からなのですか?当方は静岡~羽田~ドバイ~ヨハネスブルグで第3戦から決勝Tまで行ってきました。帰りが日本代表と同便だったのが最大のサプライズです。ブラジルも日本出場なら行くでしょう(^0^)vアウスタは勿論皆勤です。

投稿: ドクトルパル | 2010/07/04 23:02

>ドクトルパルさん
静岡から南ア遠征とはお疲れ様でした。
また、第3戦目がご一緒とは、行ってよかったですよね。こちらは3戦目で終了だったのですが、決勝Tは見たかったですよ、ホントは。

投稿: かわぐち | 2010/07/05 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29219/48776332

この記事へのトラックバック一覧です: 2010WC-01 香港経由ヨハネスブルグへ:

« 行ってきます。 | トップページ | 2010WC-02 ブラジル対コートジボアール(サッカーシティ) »