« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/31

10NC-05 浦和レッズ戦 観戦記

いつもながらのご近所アウェイ。7時の列整、12時の再集合とこなし12時30分よりビジター側の開場。入れば、ボーイズマッチで赤いユニフォームが白いチームにハデにヤラレテイル。眠気を抑えながら、ボーっとかつ淡々と時が過ぎて試合開始です。

100530_01
アップ開始。先発には永井、控えに元紀、一樹。エダはいません。ということで点を取るなら交代枠の2人だなと思っていました。

100530_02
どこかのチームも「王国」を連呼するのですけど、そんなチームに限って、最近はどこも結果が伴っていないので、イマイチ、ピンとこないのですが、そんなもんですか。 他に争うべきものがあると思うんですけどね。

100530_03
ナビスコとはいえ、淋しいホームゴール裏の上部の空き具合。

100530_04
前半も序盤はチャンスを作ってましたが、ほぼ浦和にやられ放題という感じ。ボスナーよりは平岡、岩下のコンビを選択した理由はわかる気がします。浦和のパスサッカーにボスナーは100%喰い付いていきますから、もっとDFはカバーが大変だったでしょう。

100530_05
サヌと永井というサイドの攻防が見ものでしたが、どちらも鋭さはなく、居心地がわるそうなポジション。ただ、永井のよさがわかっている分、浦和は彼のドリブルに神経をかなり使ってました。あと1人か2人周囲に囮がいれば、もっとドリブルが活きるような気がします。ヨンセンとの連携もあと一歩。

100530_06
ホンタクが削りギミにアタックしたことでバランスが崩れ、岩下のスライディングしてきたスパイクに膝周囲が嵌ってしまったという感じ。ファールというより、バランスを崩したときに自爆した感じです。いずれにせよ早いとこ治癒するといいのですが。痛がり具合が異常で、ヤバい感じでした。

100530_07
前半最後にやっと取れたFK。トリック気味に出したパスがオフサイドで前半終了。ボスナーがいればいい距離だったのかもしれませんが、この日は守備的にという先発DF陣でした。

100530_08
ハーフタイムに戻ってくる審判団にフィンケ監督は直撃でクレーム。もちろん田中達也へのチャージはファールだろうということでしょうが、比較的 かんたんに引き下がりました。

100530_09
後半、傷んだホンタク。なかなか痛みが引かず、戻れなくてドキドキものでした。

100530_10
ポスト選手も頑張りましたが、西部も凄かったです。比較的ゴールエリア内に張り付くタイプですから、近距離まで打ってこないチームには強いですね。

100530_11
ヨンセンからのパス(クロス)をヘッドで合わせるもノーゴール。兵働の代わりに交代で入りましたが、マサキ本来の動きは今シーズン見れませんねぇ。ミドルも警戒されているのか、フリーで前を向くチャンスがないですし。

100530_12
最後の10分に勝負で2枚換え。久々の元紀が思い切り走り回ってました。DFラインとFWラインが両チームとも広がる中、追いかけてくれる&持ち上がってくれる選手は貴重です。浦和は堀ノ内が鈴木啓太に交代してきましたが、ポンテ、エクスデロ、エジミウソンへのボールを辛抱強く守り、繋がせない、シュートを打たせない守備が良かったかと。特に平岡はヘディングでの優位性と足元の技術で粘ってました。

100530_13
ポンテさん、辻尾に怒るのズ。前半 小野とヤリアッタ宇賀神がなだめる。レッズもパスが繋がっているうちはいいのですが、ゴールを中盤までに挙げないと、単なる消耗戦にしかならないですね。

100530_14
ナビスコにしては入場者が多かったような。でも浦和の潜在力からすると淋しい数値。

100530_15
で、辻尾くんからのクロスですが、偶然 ここはシャッター押してました浦和の守備がおかしいとは思います。ファーでイワシもフリーでしたし、そもそも啓太がマーカーじゃないんじゃ?

100530_16
が、ここでコマが終わってましたw
ってことはファインダーでもボール入った!と思って連射ボタンから指を離して喜んじゃったンですなw

100530_17
淳吾が拾ったボールを丁寧にサイドに出して、辻尾が走力を生かしてクロス、真ん中気味にいた一樹がニアへ動きなおして、ヘッド!って感じでしたな。

100530_18
が、もう後は守る算段を考えるだけでした。エスパルスのコーチ陣も必死で指示を出してました。呼ばれたのは元紀。交代した原口へのマークとかかな。

100530_19
ロスタイム4分をクリアし続けて勝利。最後までスタイルに拘った浦和という感じで、迫力あるパワープレーとは思えず。苦しい時間帯も走り続けたヨンセンも素晴らしい。

100530_20
何気にサイスタ 最近は負けてないような気がします。(偶然ですけどね)
ここで勝ち取った「勝ち点3」は日曜日のダービーで買ってこその意味があります。終わった試合はココデもう切り替えて、勝つことに集中しましょう。

といいながら、次節は行けません!ホームの皆様 期待してます!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/30

浦和レッズ戦 1-0 で勝ち点3

浦和レッズ戦 1-0<br />
 で勝ち点3
いいようにボール持たれて、ペナルティエリア、バイタル、サイドに侵入されて苦しい前半をしのぎました。
後半も大勢は変わらず。相手がバテてからが、勝負どころ。
で、一樹とゲンキが運動量低下を補う働き。最後はニアで一樹がヘッドを決めて逃げきりました。
復調には程遠いけど、試合に賭ける熱っぽさで勝ったような。
この頑張りを生かすか殺すかは、次の磐田戦 次第です。まだ、勝ち点3をさらに稼がないといけません。
お疲れさまでした。雨が降らないで良かった、良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナビ杯浦和レッズ戦試合前

ナビ杯浦和レッズ戦試合前
どっちも負けたらヤバい試合。な、わりにハイテンションである事が伝わってこない。
サイスタに慣れてきたからか相手のプレッシャーが弱いのか。
先発の永井から大前、原への交代がスイッチになる展開じゃないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/23

10NC-03 横浜Fマリノス戦 観戦記

久しぶりに出場する選手に対するサポのワクワク感と、当の本人である選手の意気込みと現実がマッチしなかった試合ということでしょうか。

100522_01
風が強くて大型旗はしまうのが大変そうでした。

100522_02
山瀬は相変わらず危険な動きを繰り返しておりましたが、まぁ、なんとか抑えてましたね。

100522_03
永井は良かったとおもうのですが、徐々に守備に割かれる時間が増えたことと位置取りがテキトウでアリバイ守備に陥ってました。居るだけ。。。。
とはいえ、問題はこれだけ囲んでもキレイニ奪取できない連動性の低さのほうだと思います。 テルは無難なんですが、攻撃への一歩にはなれず。ここもCBが安定していると前に進むのでしょうが、自分のことで手一杯な辻尾といい、不安要素はありますねぇ。

100522_04
ボスナーは一度 痛めて

100522_05
戻ったのですが、やっぱりダメになってしまいました。アラタ+イワシの方が、パス交換を含めて連動性も高く、ラインコントロールもまだいいと思います。ボスナーとイワシはまだまだ連携を深めるほどのものはないんじゃないかと。どっちもボール散らしたがりで、イワシが我慢しているパターンはいいのですが、途中から無茶なフィードが出始めるとダメですね。

100522_06
一樹もドリブルパターンを見抜かれているだけに、交代枠で使うのが精一杯かなぁ。エダは相変わらずでした。動きはまぁまぁですけど、長時間使ってみないと判らない感じ。

100522_07
後半の見せ場になった宏介のヘディング。あれだけ試合アップ中にだれもがシュートを決めていた(ヨンセンははずしまくっていた)のに、この日はシュートを打つヒトが少なかったという。

100522_08
ロスタイムにむけて盛り上がりはありましたが。

100522_09
消化不良のまま、ドロー。ゴール裏からブーイングはでませんでしたが。予選突破に向けては厳しいなぁという感じです。ナビスコ杯予選に集客して1万5千人超だったのに、予選3試合を終えて勝ち点5です。負けなしはいいんだけどね、得点したいですね。水曜日の神戸戦(アウェイ)で勝ち点を重ねることが必要な状況です。

次は浦和戦に参戦予定ですが、さて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/22

ナビ杯の横浜FM 戦はドロー

ナビ杯の横浜FM<br />
 戦はドロー
日差しは強いが、今日もアウスタは風が強かった。
先発にはイワシ、テル、永井が入り、後はいつもの布陣。
深めに位置するボスナーと安全優先なテルがいるからか、全体が押し上がる場面は少なく、立ち上がりに圧倒した後はマリノスに詰められてかわせず、イーブンな攻守が繰り返された。
永井はいいボールコントロールからチャンスを生んだが、その後は繋がらないから得点なし。守備マークに付くタイミング、離れて裏に合わせとしてもパスがこない。
イワシの守備、身体は張っていたし、ファーストディフェンスは確実に潰していた。ただ、エディがボールをコントロールしたがり狙い過ぎなところで気になる。バックラインからは繋ぎは洗練されているけどマダマダという感じで攻撃的になれず。
後は、テルがやっぱりハマってない。守備的になり最終ラインにひきつけられてしまう。ハイボール、ルーズボールも上背で勝る相手を抑えきれない、バタバタしたか感じ。
最後は、エダ、宏介、原を投入したことで、スピード感かある前向きな攻撃になったけど決められず。
先週のFC東京戦から改善できたのは、失点をしなかったこと。後は、ボールを持たされ詰められるパターンが増えており、各チーム対策は進んでそう。
いまのチームに自体勝ち点1は上出来なのかもしれない。
ちょっと眠いので、まずはこの辺りで、観戦紀は日曜日の夜以降です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/16

10J1-12 FC東京戦 観戦記

帰宅後、小野の体調不良を知り。健太監督、城福監督のフラッシュインタビューを視聴しました。本日 録画を見直しました。

やっぱり、押されている中で勝ちきれた印象はあるものの、情報がピッチだけに限定された状況からは少し見直せる部分はあって、まぁ、引き分けでもいいかとちょっとだけ思うようになりました。それでも、あと10分程度を勝ちきれなかったというより、失点してしまったあたりと交代枠の人々(永井は除く)にはプロとして猛省を求めたいわけでして。まぁ、昨シーズンとの違いを見せてもらわないとね。

100515_01
取材陣が多かった、さすがに代表3人で首都圏開催、代表のエース?首位チームとなるとこんなものですかね。

100515_02
試合開始まもなくあたりから1ブロック追加で開放。アウェイサポはご遠慮くださいといいながら、バックスタンドのU席とかにもオレンジが多かったんですが、ユニ着用でもいいんですかね、そうですか。

100515_03
この時点ですでに平岡がフリーなんですが、長友が悪いのか、17番クンが悪いのか、はたまた徳永が悪いのかは不明。

100515_04
そりゃ決まるワナといった感じで先制!押されていてもなんとか逃げ切れるパターン。

100515_05
こういうガッツポーズも見るにはスタジアムへいかないとね。

100515_06
太ももを痛めたボスナーに怯えていたのか、淳吾が打つとは思わなかったのか。

100515_07
岡ちゃんゴールを写す為に沢山のカメラが並んでましたが、淳吾の直接FKで2-0。ウマく繋げないけどチャンスを生かして得点できているということですかな。

100515_08
で長友のスーパーゴールが決まったわけです、シュートも褒めたいんですけどね。なんのことはない対面にマークに立ったプレイヤーが飛んでくるボールを怖がってなのか、首をすくめて弾道から外しただけですよ。おいおぃ、枠内に飛んでいくかどうかの位置取りもできてないのかと。

100515_09
本職ではないからしょうがないのか?松下の前に零れた辻尾のクリアはねぇ。ゴール枠前に弾いただけで距離不足で、平岡もうまく身体をたためなかった。要するに押されている場面をこまごまとキレない、逃げを打てない、手一杯という対応。交代枠はあっても1失点したあとに修正できないベンチとピッチメンバーがねぇ、と思うんですよね。

100515_10
どっちも勝ちたかったみたいですが、それぞれ問題を抱えてますね。FC東京は開幕前からオリジナルポジションで使えるメンバーが少なくて、相変わらず今野がCB、徳永がボランチになってます。FWのプレスは効いているし、羽生のサイドチェンジから石川直のドリブルまではいいんですが、クロスに入る位置取りやCFWの決定力はイマイチですね。CBは本職にしたいし、FWに外国人枠をつかいたい。ヒトが足りない感じ。
エスパルスはDFラインからの組み立てがやや落ちている感じ。MFの小野、兵働がボールキープしているスキにサイドが攻撃に参加できないと3トップも迫力不足。失点の要因はDFラインじゃなくてトップとMFからのプレスがウマくかからない状態に問題があるんじゃないかと。案外 ロングフィードに頼らずできた試合でもあったけど、セカンドボールをあれだけ相手にかっさわれると辛い。

100515_11
この日のサッカーじゃ拍手はちょっと遠慮したい感じ。努力は認めるけど90分続けて欲しかったなと。

100515_12
本人よりも取材カメラが目立つ。

100515_13
折角 激励していただきましたが、過度の期待はしてないよねぇ。

次回は来週のナビスコかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/15

FC東京戦試合終了見透かされているよ。

FC東京戦試合終了見透かされているよ。
青い空、強い日差し。でも風が強く寒さもちょっと感じる。こんなときにスタジアムで飲むビールも美味しいんですが、最後はまずかったな(笑)
W杯中断前、最後のリーグ戦。イエローカードを清算した小野、ボスナーが復帰、西部もスタメンです。
やや崩壊ギミの守備は修正できるのか?が焦点だったんですが、圧されてましたね。
得点はいずれも相手のファールを生かしてのセットプレーからの得点。
しかし、試合のペースは概ねFC東京に傾いていたし、モリゲにヨンセンが抑えられてトップに基点ができないまま。
それでも、後半はチェックも早くなり、2得点してからは相手も消沈してたんですが。
新が傷んで、長友、徳永対策でサイドに宏介いれるタイミングで、采配に??を感じ、こりゃ敗けだなと意識しました。なんか中途半端で勝負できてないよね。
勝ち続けて研究されると跳ね返せないのが今、首位チームの安定感はない。プレーの幅がある小野が交代して居なくなるとチームが形を維持できず、どうしようもなくなるね。
前にヒトが居るとボールを戻して逃げる、沈黙する、そんな勇気を感じないプレーが交代ででてきたヒトとか、前半のプレーならほぼ全員がおかしかったですね。
個々が弱く、小野のフォローがないとレベルは去年以下、間合いを詰めれば捕れるのがバレバレだと思います。ケンタ監督も奇策はとらないからヤりやすいし。
各自が自覚して打破しないと、今年もまた終わりですよ。残念ながらクチだけ達者で本番が弱い、エスパルスの弱さを感じた試合でした。立ち直るきっかけはないような気がします。来週のナビスコカップも不安ですね。
現地で声援したヒト、テレビで祈ったヒト、みなさんお疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/05

10J1-09 浦和レッズ戦 観戦記

GW初日の移動は大変でした。(本日 京都戦後に観戦記は追記しますが、とりあえず写真だけアップしておきます。)すでに京都戦も終わっている段階なので、簡単に。

GW開始にあたり東名高速は早い段階から俄然混雑、渋滞。対策として前夜23時に出発し、朝4時になんとか実家到着。睡眠とって12時に東海道線で愛野駅を目指しました。着いたときにはすでに開場時間だったわけですが、当日券を購入し、メインスタンドホーム側Aゾーン並びを目指すも、まったく列が進んでいないことからバックスタンドに変更。(後にやたらゴメンナサイなお詫びが場内に流れ、該当エリアで席割りミスがあったことを知る)

席を確保し、一旦 スタジアム外へでて食事。やっぱり浦和サポが多いなぁ、と思いながら試合を待つ。いままでのシーズンと違うのは、序盤にして安定した成績があるから、まぁどこと争っても大崩れしないという安心感が強いからかもしれません。バックスタンドの待機列も長々となり入場口が狭すぎ少なすぎと気づく。そりゃ2列でしか捌けないというのはありえんでしょ。で、試合開始直前になってもバックスタンド2階通路には、席を求めるお客さんが溢れてしまっている。そんななか、試合が開始されてしまいました。

立ち上がりから両チーム、激しく球際で争う姿勢を見せ、ぶつかり合い。浦和のサッカーは久しぶりに見るけど、去年よりも洗練された感じがしてシュートに結びつける3人目の動きが目立つ。去年はパスは繋げどシュートは他人任せという状況からは変化していることを感じる。ただ、柏木が動いている割にはボールに絡まないで、田中達也、ポンテに集中する感じが目立つ。
幾度かのチャンスの後、岡崎のゴールで先制。その後は、ちょっと試合の流しかたが中途半端になり、畳み掛けるのか、引いて誘うのかが中途半端になり、田中、エジ、ポンテのパスワークから同点に追いつかれる。これで正気に返ったかのように、また前向きな試合展開になり始めたが、ちょっと不安定なまま前半は終了。
後半は、ボールは保持するものの、互いにチャンスを生かせず。だんだん浦和ペースになり始めていると思ったが、後半からニシベに代わって出場のGK武田を支え守る意識がディフェンス面に出たことで最終ラインでの弾き返すパワーは良好でした。
最後は、セットプレイからのクリアをキチンの拾いなおし、しっかりクロスで繋いでゴール、もはや言うことなしの結果でした。バックスタンドで見ている限りでは、兵働の前に立ちながら安易にクロスを上げさせたエジミウソン。彼は兵働の右足側の動きをここで切っているのですが、コイツ、相手が左利きというのを覚えてないのかなぁ・・・とファインダーで気づくくらいこっちも意外と冷静でした。ヨンセンが前に傾き動いたときには、こりゃ間に合わん、終わった~~って。
勝利が続いているなかでも気になる点としては、辻尾・太田の両サイドバックの質だったのですが、この試合でもディフェンス対応の軽さと被ファールを安易にアピールする太田と必死に相手攻撃陣に付いてディフェンスに行く辻尾のスタンスにはコントラストがありまして、ねぇ(苦笑) ヤルコトが若いって言えばそれまでなのですが。
浦和は未だにポンテ依存症というか、彼中心のボール廻しでしたが、6月で契約終了じゃなかったっけ。こっちからすると前を向いたときの脅威は相変わらず。アベの飛び出し、宇賀神のクロス、田中達也の運動量と質の高いチームだったなと。後はやっぱり浦和サポが減っている感。といえ十分に大人数ですけどね。ここ2年ほど国内外で勝ってない(タイトルがない)とこんなもんでしょうか。エコパでも見た感じ、ゴール裏は最盛期より減って声も太くなくなっている?逆にAゾーン層(じっくり座ってみる層)は増えているように感じました。

そんなこんなで試合が劇的な終焉を迎えたからか、いつになく高揚した感じで愛野駅から帰ったのですが、エスカレーターは事故りそうになる運用だし、改札はパンパンだし、なんか4万人の人出をまったく期待していなかったというか、車両は用意するけど、導線は大丈夫じゃね?というアバウトさにJR東海の在来線なんてやる気はないよ、という感じな運営でした。なんか試合にはポジティブだったけど、運営には大型のハコはムリというネガティブなイメージを持った試合でした。

100501_01
風が強く、看板もハデに倒れてました。ボールボーイチームが直してました。

100501_02
遠路 来襲されたのですけど、ご苦労様でした。

100501_03
ホーム側、可動席は利用してませんでしたね。

100501_04
レッズはアップスーツを着用しての入場。

100501_05
一本目のCKからは押さえられた岡崎。

100501_06
ニシベとボスナーがクリア時に接触。ボスナーはしばらくふらついていたのかオカシカッタです。

100501_07
鈴木啓太のマークを利用して、見事にゴール。

100501_08
岡ちゃんで先制!!!

100501_09
淳吾もいいボールだったんですけど、岡ちゃんもスゲー。

100501_10
で、その後、あっけなく出足の鈍ったあたりを突かれて、ポンテさんにゴールされました。

100501_11
ちょっとおかしくなった内容をニシベが必死でセーブしたのですが、接触プレイで記憶が飛んでしまったようです。

100501_12
後半は武田が交代枠で投入されました。あんまり出番がなかったというか、触らせないように周囲が踏ん張ったというか。

100501_13
さすがに4万人越えはしませんでしたが、久々の大入りです。

100501_14
で、2点目、兵働のクロスですが、

100501_15
マークがおかしくなっている。つーかヨンセンがファーに移動して相手の平川が余っているわけですね。

100501_16
で、みんな足が止まって、DFはGKの逆サイドのカバーには行ってない。

100501_17
そりゃ、決まるわという

100501_18
ベンチメンバーも総出で喜ぶの図

100501_19
試合終了。勝負強かったですね。

100501_20
おまけは300勝達成。

100501_21
ポンテさんと平川がユニを交換

100501_22
ヒーローインタビューはヨンセンさん

100501_23
勝ちロコ。結構 バックも、ゴール裏の2階もサポーターはいつもよりも残ってましたね。ゴールデンウィークだからかな。

次回の観戦記ですが、たぶん中断前のリーグ戦最終戦のFC東京戦だと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/01

浦和戦終了、最後に決めて勝利

浦和戦終了、最後に決めて勝利
立ち上がりはまずまず、先制してからが曖昧な感じで足が動かず、ボスナーがファールで傷んでオカシイ感じになり、コンビから崩され同点に追いつかれる。
西部の懸命なディフェンスで持ち直したが、ハーフタイムで怪我から交代に。

後半は、守備意識を修正し、シツコさが復活し、武田の出番はゴールキックだけにする事に成功。
相手のスタミナを上回った最終盤あたりから、いくつかのチャンスを生み出し、アディショナルタイムに、相手ディフェンスのミスから兵働の左足クロスをヨンセンが決めて試合終了。


どっちが勝ってもおかしくない展開もあったが、エジミウソンのマークとクロス精度で競りかった感じ。

満員のスタンド、逆転勝利、いいほうに転がっているだけに、次のホームゲームも難しいかな。

ただいま帰省中の為、観戦記は5日以降になります、ご了承ください。
しかし、ドチラも意地ありと汚なさなしのぶつかり合い、いい試合でした。吉田主審ほか審判団の皆様、お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦和戦試合前

浦和戦試合前
移動疲れで眠くてダルな感じです。
スタンドもたくさんのお客さんで混雑し、風が強いです。
さて、試合ですが、しっかりいつものサポートができるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »