« FC東京戦試合終了見透かされているよ。 | トップページ | ナビ杯の横浜FM 戦はドロー »

2010/05/16

10J1-12 FC東京戦 観戦記

帰宅後、小野の体調不良を知り。健太監督、城福監督のフラッシュインタビューを視聴しました。本日 録画を見直しました。

やっぱり、押されている中で勝ちきれた印象はあるものの、情報がピッチだけに限定された状況からは少し見直せる部分はあって、まぁ、引き分けでもいいかとちょっとだけ思うようになりました。それでも、あと10分程度を勝ちきれなかったというより、失点してしまったあたりと交代枠の人々(永井は除く)にはプロとして猛省を求めたいわけでして。まぁ、昨シーズンとの違いを見せてもらわないとね。

100515_01
取材陣が多かった、さすがに代表3人で首都圏開催、代表のエース?首位チームとなるとこんなものですかね。

100515_02
試合開始まもなくあたりから1ブロック追加で開放。アウェイサポはご遠慮くださいといいながら、バックスタンドのU席とかにもオレンジが多かったんですが、ユニ着用でもいいんですかね、そうですか。

100515_03
この時点ですでに平岡がフリーなんですが、長友が悪いのか、17番クンが悪いのか、はたまた徳永が悪いのかは不明。

100515_04
そりゃ決まるワナといった感じで先制!押されていてもなんとか逃げ切れるパターン。

100515_05
こういうガッツポーズも見るにはスタジアムへいかないとね。

100515_06
太ももを痛めたボスナーに怯えていたのか、淳吾が打つとは思わなかったのか。

100515_07
岡ちゃんゴールを写す為に沢山のカメラが並んでましたが、淳吾の直接FKで2-0。ウマく繋げないけどチャンスを生かして得点できているということですかな。

100515_08
で長友のスーパーゴールが決まったわけです、シュートも褒めたいんですけどね。なんのことはない対面にマークに立ったプレイヤーが飛んでくるボールを怖がってなのか、首をすくめて弾道から外しただけですよ。おいおぃ、枠内に飛んでいくかどうかの位置取りもできてないのかと。

100515_09
本職ではないからしょうがないのか?松下の前に零れた辻尾のクリアはねぇ。ゴール枠前に弾いただけで距離不足で、平岡もうまく身体をたためなかった。要するに押されている場面をこまごまとキレない、逃げを打てない、手一杯という対応。交代枠はあっても1失点したあとに修正できないベンチとピッチメンバーがねぇ、と思うんですよね。

100515_10
どっちも勝ちたかったみたいですが、それぞれ問題を抱えてますね。FC東京は開幕前からオリジナルポジションで使えるメンバーが少なくて、相変わらず今野がCB、徳永がボランチになってます。FWのプレスは効いているし、羽生のサイドチェンジから石川直のドリブルまではいいんですが、クロスに入る位置取りやCFWの決定力はイマイチですね。CBは本職にしたいし、FWに外国人枠をつかいたい。ヒトが足りない感じ。
エスパルスはDFラインからの組み立てがやや落ちている感じ。MFの小野、兵働がボールキープしているスキにサイドが攻撃に参加できないと3トップも迫力不足。失点の要因はDFラインじゃなくてトップとMFからのプレスがウマくかからない状態に問題があるんじゃないかと。案外 ロングフィードに頼らずできた試合でもあったけど、セカンドボールをあれだけ相手にかっさわれると辛い。

100515_11
この日のサッカーじゃ拍手はちょっと遠慮したい感じ。努力は認めるけど90分続けて欲しかったなと。

100515_12
本人よりも取材カメラが目立つ。

100515_13
折角 激励していただきましたが、過度の期待はしてないよねぇ。

次回は来週のナビスコかもしれません。

|

« FC東京戦試合終了見透かされているよ。 | トップページ | ナビ杯の横浜FM 戦はドロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10J1-12 FC東京戦 観戦記:

« FC東京戦試合終了見透かされているよ。 | トップページ | ナビ杯の横浜FM 戦はドロー »