« 浦和戦終了、最後に決めて勝利 | トップページ | FC東京戦試合終了見透かされているよ。 »

2010/05/05

10J1-09 浦和レッズ戦 観戦記

GW初日の移動は大変でした。(本日 京都戦後に観戦記は追記しますが、とりあえず写真だけアップしておきます。)すでに京都戦も終わっている段階なので、簡単に。

GW開始にあたり東名高速は早い段階から俄然混雑、渋滞。対策として前夜23時に出発し、朝4時になんとか実家到着。睡眠とって12時に東海道線で愛野駅を目指しました。着いたときにはすでに開場時間だったわけですが、当日券を購入し、メインスタンドホーム側Aゾーン並びを目指すも、まったく列が進んでいないことからバックスタンドに変更。(後にやたらゴメンナサイなお詫びが場内に流れ、該当エリアで席割りミスがあったことを知る)

席を確保し、一旦 スタジアム外へでて食事。やっぱり浦和サポが多いなぁ、と思いながら試合を待つ。いままでのシーズンと違うのは、序盤にして安定した成績があるから、まぁどこと争っても大崩れしないという安心感が強いからかもしれません。バックスタンドの待機列も長々となり入場口が狭すぎ少なすぎと気づく。そりゃ2列でしか捌けないというのはありえんでしょ。で、試合開始直前になってもバックスタンド2階通路には、席を求めるお客さんが溢れてしまっている。そんななか、試合が開始されてしまいました。

立ち上がりから両チーム、激しく球際で争う姿勢を見せ、ぶつかり合い。浦和のサッカーは久しぶりに見るけど、去年よりも洗練された感じがしてシュートに結びつける3人目の動きが目立つ。去年はパスは繋げどシュートは他人任せという状況からは変化していることを感じる。ただ、柏木が動いている割にはボールに絡まないで、田中達也、ポンテに集中する感じが目立つ。
幾度かのチャンスの後、岡崎のゴールで先制。その後は、ちょっと試合の流しかたが中途半端になり、畳み掛けるのか、引いて誘うのかが中途半端になり、田中、エジ、ポンテのパスワークから同点に追いつかれる。これで正気に返ったかのように、また前向きな試合展開になり始めたが、ちょっと不安定なまま前半は終了。
後半は、ボールは保持するものの、互いにチャンスを生かせず。だんだん浦和ペースになり始めていると思ったが、後半からニシベに代わって出場のGK武田を支え守る意識がディフェンス面に出たことで最終ラインでの弾き返すパワーは良好でした。
最後は、セットプレイからのクリアをキチンの拾いなおし、しっかりクロスで繋いでゴール、もはや言うことなしの結果でした。バックスタンドで見ている限りでは、兵働の前に立ちながら安易にクロスを上げさせたエジミウソン。彼は兵働の右足側の動きをここで切っているのですが、コイツ、相手が左利きというのを覚えてないのかなぁ・・・とファインダーで気づくくらいこっちも意外と冷静でした。ヨンセンが前に傾き動いたときには、こりゃ間に合わん、終わった~~って。
勝利が続いているなかでも気になる点としては、辻尾・太田の両サイドバックの質だったのですが、この試合でもディフェンス対応の軽さと被ファールを安易にアピールする太田と必死に相手攻撃陣に付いてディフェンスに行く辻尾のスタンスにはコントラストがありまして、ねぇ(苦笑) ヤルコトが若いって言えばそれまでなのですが。
浦和は未だにポンテ依存症というか、彼中心のボール廻しでしたが、6月で契約終了じゃなかったっけ。こっちからすると前を向いたときの脅威は相変わらず。アベの飛び出し、宇賀神のクロス、田中達也の運動量と質の高いチームだったなと。後はやっぱり浦和サポが減っている感。といえ十分に大人数ですけどね。ここ2年ほど国内外で勝ってない(タイトルがない)とこんなもんでしょうか。エコパでも見た感じ、ゴール裏は最盛期より減って声も太くなくなっている?逆にAゾーン層(じっくり座ってみる層)は増えているように感じました。

そんなこんなで試合が劇的な終焉を迎えたからか、いつになく高揚した感じで愛野駅から帰ったのですが、エスカレーターは事故りそうになる運用だし、改札はパンパンだし、なんか4万人の人出をまったく期待していなかったというか、車両は用意するけど、導線は大丈夫じゃね?というアバウトさにJR東海の在来線なんてやる気はないよ、という感じな運営でした。なんか試合にはポジティブだったけど、運営には大型のハコはムリというネガティブなイメージを持った試合でした。

100501_01
風が強く、看板もハデに倒れてました。ボールボーイチームが直してました。

100501_02
遠路 来襲されたのですけど、ご苦労様でした。

100501_03
ホーム側、可動席は利用してませんでしたね。

100501_04
レッズはアップスーツを着用しての入場。

100501_05
一本目のCKからは押さえられた岡崎。

100501_06
ニシベとボスナーがクリア時に接触。ボスナーはしばらくふらついていたのかオカシカッタです。

100501_07
鈴木啓太のマークを利用して、見事にゴール。

100501_08
岡ちゃんで先制!!!

100501_09
淳吾もいいボールだったんですけど、岡ちゃんもスゲー。

100501_10
で、その後、あっけなく出足の鈍ったあたりを突かれて、ポンテさんにゴールされました。

100501_11
ちょっとおかしくなった内容をニシベが必死でセーブしたのですが、接触プレイで記憶が飛んでしまったようです。

100501_12
後半は武田が交代枠で投入されました。あんまり出番がなかったというか、触らせないように周囲が踏ん張ったというか。

100501_13
さすがに4万人越えはしませんでしたが、久々の大入りです。

100501_14
で、2点目、兵働のクロスですが、

100501_15
マークがおかしくなっている。つーかヨンセンがファーに移動して相手の平川が余っているわけですね。

100501_16
で、みんな足が止まって、DFはGKの逆サイドのカバーには行ってない。

100501_17
そりゃ、決まるわという

100501_18
ベンチメンバーも総出で喜ぶの図

100501_19
試合終了。勝負強かったですね。

100501_20
おまけは300勝達成。

100501_21
ポンテさんと平川がユニを交換

100501_22
ヒーローインタビューはヨンセンさん

100501_23
勝ちロコ。結構 バックも、ゴール裏の2階もサポーターはいつもよりも残ってましたね。ゴールデンウィークだからかな。

次回の観戦記ですが、たぶん中断前のリーグ戦最終戦のFC東京戦だと思われます。

|

« 浦和戦終了、最後に決めて勝利 | トップページ | FC東京戦試合終了見透かされているよ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10J1-09 浦和レッズ戦 観戦記:

« 浦和戦終了、最後に決めて勝利 | トップページ | FC東京戦試合終了見透かされているよ。 »