« 天皇杯決勝 G 大阪優勝 | トップページ | 御礼と報告 »

2010/01/04

09EC-SF 名古屋グランパス戦 観戦記

今日で年末年始休暇も終わりです。準決勝は休暇突入初日でした。試合に間に合うように自宅を出たのは朝5時前。絶対混んでいると思った東名高速に渋滞はまったく無くて、あっというまに実家に着きました。(1,000円に慣れていると、普通の割引でも高いと思うのが消費者心理なのでしょうか)

さらに東名高速を西に走りまして、この日はアウェイサイドということで法田山のPに車を停めて待機列へ。

091229_01
アウェイ側。到着時にはすでに自由席が満杯。しばらくしてアッパーのゴール裏部分を追加開放。県協会西部支部さんの見込みが甘かったのか?

091229_02
ホーム側グランパスサイド。さすがに近隣アウェイといった感じでした。日本平の時よりも多いって感じ。

091229_03
主審は家本さんでした。名古屋はアレックスをサイドバックにしてきました。こちらも決勝を見越してか、ヨンセンはサブで長沢が先発。

091229_04
意図的なところはあるのでしょうが、試合は終始 名古屋がボールを保持してサイドから攻める、こっちは奪取してカウンターを仕掛ける・・・・はずでしたが、中盤のボール廻しでミスから、さらにカウンターを喰らうといったシーンも。海人も出る場面で前に出て触ってくれるので守備にはリズムがありましたが、中盤はねぇ。。。。

091229_05
一瞬 平岡が出したロングフィードかとおもったらホンタクでした。岡ちゃんがきわどく競り勝って、ゴール!!アウェイのガンバ戦でみせたような縦ボールへのワンタッチでゴール!!この日の岡ちゃんはひとりだけ異次元な球際の強さを見せておりまして、主審がファールを流す流す(^_^;) 

091229_06
先制点を取れればこっちのペースだったのですけど。

091229_07
後半 ファールからPKを獲られて同点に。この辺は09シーズンのDF陣の課題として残ったところ。明らかにCBが不慣れ&クリーンなあたりを終盤は各チームに狙われているような気がします。スカウティング陣からしたらやっぱり獲れたって感じでしょう。

091229_08
2万人弱でしたが、チケット売るだけで精一杯な感じでした。 天皇杯の運営はもう開催県にあるJチームに丸投げしたほうがいいと思います。もぎりの人数が足らなくて開場時に捌けないとか、過剰な席取りを調整できないとか、加温してはいけないウーロン茶(ペットボトル)を堂々と売っていたバックスタンド某売店とかw
ヒトリに売りさばくのに1分以上かかる売店は、やるほうも買うほうも不幸ですねぇ。

091229_09
延長前に監督がゲキを飛ばすのですが、

091229_10
結局 チャンスを決められないのでPK戦へ。

091229_11
まぁ、市川がFK,CKを蹴ったりする時点で、キッカー不足なだけに負けは覚悟しましたが、あっけなかったですね。楢崎にプレッシャーを与えるだけの活躍は誰もできてないということでしょう。

091229_12
最後もバーに当たったボールが海人の背中でアシストして決まる。まさに、09シーズンでした。岡ちゃんがガックリしてましたが、2009年は得点力が爆発しませんでした。
代表とは違う環境とはいえ、代表ではハットトリック、チームでは1得点が精一杯ということはどこの質が悪かったのか。毎回1~0で抑えていたDFを考えると、バランスが後にかかっていたなかでも、ベスト4は良くやったと思います。この日も拍手ものでした。
しかし、まだまだ上に行かないとタイトルは獲れないんですよね。控えがチャンスを生かして個人的に成長したのが2009年でしたが、タイトルを取るためには成長が足りなかったんでしょうね。

2010年はWCイヤーということで、岡ちゃんは間違いなく代表とチームで開幕前からフル回転させられます。岡崎が居ても居なくても勝てるパターンを序盤から確立していかないとタイトルなんて・・・という気がします。

|

« 天皇杯決勝 G 大阪優勝 | トップページ | 御礼と報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09EC-SF 名古屋グランパス戦 観戦記:

« 天皇杯決勝 G 大阪優勝 | トップページ | 御礼と報告 »