« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/26

09J1-30 FC東京戦 観戦記

今シーズンもラスト4試合となりました。ほぼ満員となったなかでの連敗は選手、スタッフ、サポーターもかなり精神的に傷つき、キツイと思います。この後の相手は柏、ガンバ、横浜、名古屋。ここ2戦からのラスト6試合を考慮すると、当時は中位~下位といった対戦相手ばかりで上位陣はやや低迷するという好条件。ただ、一瞬だけでも首位に立ったあたりで精神的な疲労というか重圧がかかり始めたのか、9月ナビ杯2ndレグで欠けた青山の穴をうまくカバーし続けていたチームが、なんかうまくいかなくなったという気がします。

今シーズン当初から「青山は迷って試合中にポカ、要するに不調」という面はありましたが単純な跳ね返しは用兵的には魅力的で、こぼれはボランチ、FWがキープし、岩下がコントロールする守備力はチーム戦術上のアドバンテージになっていた。また先発を外すというショック療法も一定の効果はあったようで、チームも守備的に安定したことが上位進出を早めることができた要因だとは思います。

また、シーズン中盤において両CBのデキからしてシーズン中の出場期間は無いと見込んだ廣井が東京Vにレンタル移籍したことからCB層の薄さが目立つことにり、代用となる平岡も青山レベルの強さがないと判断したのか先発布陣は修正となり、結果 全体のバランスも変化してしまった感もあります。 まずは岩下を右にズラし、安定感がある児玉を左に入れて修正、左サイドは攻撃的な太田を投入。当初はファールが要所で目立ち無理やりな感じはあったが、右に移った岩下は着実に青山的なファーストディフェンスをこなしてはいました。問題となっているのは、そのあとのボールを拾って纏めて攻撃に移るキーマンが不在となったこと。ただ、このあたりはロングパスが出せる本田をボランチとして投入し速攻っぽい展開に、うまく通ればFWへのチャンスボール、少なくてもCKを得るという展開で得点力を期待する布陣にマイナーチェンジは成功しました。

一方で、相手チームも分析した結果、クロスによる横の揺さぶり耐性が低下していると判断したのか、エスパルスの左サイドを割るような展開を増やし、太田の守備機会を増やすことでペナエリア付近からのクロスからファーで合わされるパターンが目立ち始めた、もちろん中央のハジキ力が低下しているため失点に繋がっているのですが、最終ラインの守備力の低下はボランチのカバー、中盤とFWの距離拡大といった負の面が大きくなっています。

攻撃面については、駒不足なのでちょっと同情する余地はあるかもしれません。夏場に原のコンディション低下、永井も期待できない状況で控え枠に膠着を打破できるメンバーを揃え切れていない。健太監督からはチームカラーとして先制して勝利が優先であり気にしてないというコメントもありましたが1ゲーム1点、岡崎、ヨンセンかCBがセットプレイでなんとかという近い感覚では相手への脅威は薄れていたと思います。

最下位の大分に負けたことで、周囲の期待という重圧に反発することなく、定位置ともいう4位に下降した。できれば大分戦の結果から最低でも引き分けてプチ中断を迎えたかったのですが、このFC東京戦の結果もあの通り。 次の柏も降格候補チーム、候補チーム相手の経験を生かした再レッスンには最適なんですけど。この局面を乗り越えてもう一度 トップグループにしがみつかないといけません。もうひとつのポイントとして(現段階では)、今期の補強ポイントのひとつであった「優勝チームの経験」効果は発揮できなかったと判断すべきとは思います。少なくとも外部からは窺えません。

091026_01
強風

091026_02
イチ300試合出場記念

091026_03
藤山・・・・

091026_04
徳永からのクロスをすり抜けて鈴木が決める

091026_05
人数はいるけど甘い

091026_06
ただヒトリ異次元の強さを見せている気がする岡ちゃん

091026_07
マークも甘かったけど、決めるのは流石。顔色が悪い鳥チームのFWも頑張っているので得点王はちょっと難しいか?

091026_08
前半のうちに追いつくのはよくあるパターン

091026_09
長友がいなくなったサイドに行った徳永からのクロス

091026_10
クリア失敗というかなんというかOGで1-2に。

091026_11
問題はこの失点後の精神的カバー体勢かな?ハーフタイムに寄って行ったのはパウロだけ。

091026_12
後半は省略。ちょっと納得がいかないという感じの弱さでしたかね。

チケット完売時の勝率は低いですよね。今年はダービーの完勝で覆い隠されていますが、その他は勝っていません。営業努力と試合結果が一致してないことは、イベントサービス会社でありながら訴求力に疑問視が付く企業体です。さて、試合について思い出してみますと

1) なぜかズレる発生音、満員の割に迫力の無いスタンド
西側サイド中央部から音圧を感じるのですが、その周囲と私の座っているバックスタンドには熱(音量というよりは集中された気合?という感じなのか)を深く感じませんでした。大分に負けたからヤバイけどかてるかなぁ?くらいでしょうか。試合内容がアレですから余計だったのかもしれませんが、1失点直後からは、声援を送るというよりは視線を送る感覚に。(逆転することに懐疑的な雰囲気)日本平って不思議なところで、超満員よりの集客よりはサポーターが「賭ける」試合だと、なんとも書きがたい「圧」が出るところだと常々思います。今シーズンでいけば、ナビスコの決勝トーナメントの2試合(浦和戦、FC東京戦)でその感覚は体験済みでしたので、あのちょっとバラけた感じは、サポーターにもなんか重圧ありましたかね?

2) 固さの取れないパスワークと布陣
GKが保持したあとなかなかあがらない最終ラインに指示する岩下と、ボールの運びに困るテル。パスワークの溜め場所がない感じで、相手を追って囲んでも取れない中盤。FC東京については、メンバーは違えどナビスコの時と姿勢は一緒で、中盤からポスト、寄せたらサイドへ展開と極普通の攻守。
っちは、止めどころというか、奪う位置が確定しないためか、追いかけるだけ。奪ってからも速攻ばかりをあせって最終ラインの調整は後手後手でした。特に前半はお互い早い展開ばかりが目立ち、もうちょっと落ち着いて最終ラインを広げていけばという感じ。逆に後半は、健太監督ベンチワークの相談タイムが長すぎです。シュートが打てない現実からしたら、中盤省力でいいから前線で勝負できる布陣に切り替えればと思ったんですが、そのころには相手もDF追加していましたからね。残り15分だからパワープレーという風に時間軸にとらわれるのは止めないと。

3) 現実として事実を認めた上での受け答え
大分戦の前は、首位のプレッシャーについての問いかけに、某選手からは「経験がないからわからない」といったの受け答えでした。が、健太監督からは試合後、プレッシャーがあったと語り始めています。
聞かれたことを否定するのはかまわないでしょうが、マインドとしては、「首位とか優勝争いとかのプレッシャーについてはわからないが、やっぱりあると思う。これからの○試合はそれを楽しめるようにがんばります」的なのがよかったのかなぁ。相手の言うことを「受け入れてみる」というほうが精神的にも心広くてよいしね。この点についてはサポも同じか?朝から場所取りして勝ち点計算して、ホント疲れていたものね。

残り4試合、チャンスを生かして滑り込むのは得意なところだし、それが頂点かどうかはわからないけどヤマは登ってみないとわからない。肩の力がちょっと抜けてきたところで、降格候補チームの柏戦ですよ(笑) 悩むことなく日立台に行くしかないでしょ、相手がキタジでもコウタでもね。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/10/25

FC東京戦敗戦です。

FC東京戦敗戦です。
非常に(>_<)
マダマダ可能性はあるけれど、ここで勝ち点0は痛すぎ。決まったパターンでヤられた。満員の時にありがちな上がりきらないスタンドのテンションもなぁ。
 
いつも通りの戦術は裏目に出てますねぇ。対戦相手のほうがスカウティングが決まっているし、ボールへの当たりも鋭い。
反省して、次 がんばりましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FC東京戦試合前

FC東京戦試合前
心配していた天気はとりあえず降らないですみそうな感じ。

チケット完売だけあって出足が早いね。後は海側からの風が強烈。ピッチにも影響がありそうです。

勝って帰ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/23

ここんところの1週間

大分アウェイは、思案の末、遠征をお休みしたので、スカパーで観たとはいえ、観戦記は書く気力がなくなりました。っていうか、あっさり勝負弱さを見せ付けられたので、現実に打ちのめされてしまったのが正直なところ。

次節は勝てそうなところで、いろいろな要素が絡まって、いろいろ蹴りこまれて負けているFC東京が相手。近くではナビスコカップ準決勝での戦術負けな記憶もあるのですが、チケットもおかげさまで懲りずに完売したらしく。折角の鹿児島からのグルメな数々も蝗パワーで買いつくされるような気がしますがどうなんだろう。

のこりホーム3試合あるといっても、1戦1戦が勝負であることは間違いないのですが、正直 気になるのは淳吾が試合後に笑ったからといってナンダカグチグチいっているのが気になります。彼の性格を理解していれば・・・なんですけど、まぁ、折角の首位だったのになんだアレは、なんだ途中で出てきてアノ10番はということでしょうけど。

ジブンも試合中は交代策にエーーと思い、そのパフォにもムムーーと思っていたのですが、試合終わったあとにグチグチいうのは止めましょう。

ということで、日曜日に勝つだけですよ、そんなことを思いながらの金曜日でした。しかし、満員ってことはやっぱりまた席取り合戦があるわけですね。これについては毎度ながら何とかならないんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/18

10月18日Twitterログ

Sun, Oct 18

  • 23:35  今日はこれを使ってエントリーしてみました。http://twtr2src.ogaoga.org/
  • 23:16  ということで勝間和代さんを参考にblogにTwitterを組み込んでみた。ココログはダイレクトが出来ないみたい。
  • 23:03  しかし、サイドバーのどこに埋め込んだか、どうやって作ったかを忘れるくらい記憶力がヤバイ。
  • 23:02  @mokatakeiteasy さいしょは様子見だったのですが、blogとの一致や検索する手間隙を考えて統一。つぶやきをblogに自動エントリーするものがありそうなので、検討中です。  [in reply to mokatakeiteasy]
  • 22:37  ボトム3チームは次 負けたらどこも決定!って感じなんですね。唯一 柏が足掻ける余地がちょっとあるけど、あとは・・・だな。J2も甲府、湘南が競っているなぁ。。。。
  • 18:02  きつい事言えば、江尻はケンタ以下だなと。中後の交代は判るけど、フラフラだった下村の交代をなんとかしたかったな。残り10分だったのに。
  • 17:14  @19uni 最後30分なら無料?だから、次は後半なフクアリですか?  [in reply to 19uni]
  • 16:06  とはいえ、負けても定位置な4位なのは不思議だ。次節はロースコアなら勝機はあるが、いまの戦術だと1点以上が取れないだろう
  • 16:03  ジュンゴ、マサキを入れた選択と時間帯が分かれ目か。打ち合い上等なのに布陣が弱気だったかと。
  • 16:00  弱すぎる。あんだけ押してた前半でいなせないと下位チームにはハマる。先制の後が動きが悪い、プレッシャーだな。2点目を取れば終わった試合。
  • 13:18  試合前に栃木対甲府を観戦@スカパー、ビールを飲みながら大分戦の開始を待ちます。
  • 10:44  録画してあったマイノリティレポートを観終わる。次はルビコン。
  • 00:33  さて、そろそろ寝るか。明日は明日の風が吹くだろうし。勝って帰れることができたらいいね。
Powered by twtr2src.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/11

09J1-28 サンフレッチェ広島戦 観戦記

本日は天皇杯2回戦の日なんですが、ところどころに支障がありまして観戦記アップが遅れております。記憶も薄れているし、さらっと書き留める程度です。1週間も経っていまさらですが、忙しかったのでしょうがないですけど、そうですね、ということです。

091003_01
遠方でかつ地味な広島相手(失礼)とは思えないくらいの集客でしたな。これまでだったら13,000~15,000人くらいが相場なんですが、なぜか18,000人くらいも暑いのにヒマ(失礼)なひとが感染にいや観戦に。

091003_02
いつの間にか新調されていた広島の大型フラッグ、色目もキレイですね。ジャージのパープルとはちょっと色調が違うような感じもしましたが、そのうち色あせしていい感じに馴染むのでしょう。

091003_03
先発じゃないけど、100試合出場となった淳吾が表彰でした。インタブとの応答を読む限り、さりげなくテルのような長期現役で大台狙いじゃねーのかと。

091003_04
ごらんのように、ミキッチはサイドバックじゃなくてウィングの位置まで簡単に上がりますし、センターサークルにいるのは最終ラインで森崎和です。で本来CBの盛田は左に避けてます。そりゃ、ボールよりもラーメン扱いのほうがウマいからか。ストヤノフ、中島がいないためかエスパルス対策か、いろいろやってきますね。カウンターは威力があるのですが基本 守備から入る感じがしたので、試合前にはショートパス繋いでの攻撃的と聞いていた広島じゃないのか~~とちょっと残念な感じはしました。

091003_05
追い込まれたときの宏介は半身になりながらも下がるだけで、ハッキリしない守備が狙われているように感じます。ちょっと間合いもありすぎというか、スペースありすぎかなぁ。もちろんシーズン初めからみたら凄い進歩なんですけど。

091003_06
でミキッチに流し込まれて、寿人にも流し込まれるわけで

091003_07
勝てないパターンに持ち込まれた感じ。逆転はないと落胆していたのですけど。

091003_08
岡ちゃんの44分弾で同点。44分ってと思案。ぁああ、あれか、勝ちきれなかった鹿島戦かぁ~~・・・ということで、このまま臭がちょっとだけ感じました。あとは2-2ドローとかね。

091003_09
もちろん、追いつけるのは勢いがある証拠なんですし、リスタートから突破したことも評価できるのですが、それ以外に攻略策がなかったというのも正しいかと。その後、香港戦を視ていて感じたのは、岡ちゃんの体調は良くなっているということと、パスとクロスを出す側に問題があるのではないかということ。酷な言い方をするとヨンセン、岡崎が1点ずつ取れる試合か岡崎が複数点を取れる展開にできないのがいまのエスパルスの問題。1-0でしか勝ててない(もちろん悪いことではない)のはFWというよりもMFとの連動なのかなと。代表とエスパルスでやり方・相手のレベルが違うのは理解するのですが、もうちょっと生かし方はあるんだろうと。

091003_10
この得点直後も、アラタとホンタクは指を使って打ち合わせしていたので、広島の攻撃手法、トップ寿人以外のマークについて問題はあったんだろうと推察。

091003_11
広島もセットプレイでの攻撃は怖さを感じなかったのですが、とりあえずよくパスが繋がって相手を食いつかせて疲れさせて優位にたつあたりは見事でした。まぁ、選手レベルの問題だと思うのですが、4つ目~5つ目のパス、せっかく守備が薄い箇所を作ってからのロングパス、精度が落ちるのでなかなかうまくいかないのはしょうがないのかもしれないですし、こちらからみたら助かったという感じ。

091003_12
あとは、相手のスタミナが切れてから最後は勝負できるのはエスパルスの強みなわけですね。イチのスタミナは相変わらずでしたし。

091003_13
で、こういうシュートが生れるのですから。

091003_14
こうなって

091003_15
こうなって、誤魔化すしかないわけでw

091003_16
勝ち点2を失ったとみるか、勝ち点1を奪って、追い越そうとした相手の勢いを止めたとみるか。広島のほうがチャンスを失った感は強いとは思いますけど、次のリーグ戦が大切なんですよね。

091003_17
森崎和が居なかったら、もっとヤバかったような気がします。しかし、オーバートレーニーからそんなに早く復帰させていいのかは疑問ですけど。

091003_18
慌てないこと、負けないことがいまは大事かと。いつの間にか暫定が取れてリーグ1位となっていますが、勝ち点差が1というチームがいるし、つかの間かもね。
最終節まで縺れるんだろうから、1戦1戦楽しんで勝ち続けましょう。

ということで天皇杯を挟んで、アウェイ大分戦ですか。以前より芝生の状態はいいみたいですから期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/03

広島戦 やっぱりドロー

広島 日本平で勝てない記録更新。
エスパルス、先制されると逆転できないのも更新。
どっちも鋭い攻撃とタイトな守備。
ミキッチこえーと盛田、森崎和の変則布陣を攻略できなかった。
とはいえ、岡崎がゴールして追いついたのは良かった。後は交代選手にラッキーがあれば。
勝てなかったけど、相手も抜け無かったという事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島戦試合前

広島戦試合前
晴れてます、風はメインからバック側、または西から東側に、しかし日差しも強く暑い。
勝って帰りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »