« ヤマガタどうでしょう的な旅1 | トップページ | ヴィッセル神戸戦終了 »

2009/09/21

ヤマガタどうでしょう的な旅2

試合当日の夜もぐっすり寝てしまったおかげで、2日目はなにも決めてませんでした。早朝からホテル前でアイドリングする静岡系ナンバーの音で目覚め、7時過ぎに朝食し、行き先をホテルの部屋のパンフレットを見ながら、仙台、山寺、新庄、最上川に絞りまして、鉛筆使った簡易な双六で最上川に行き先を決定。

天童駅まで行ってみたものの、観光協会とかはもちろん空いてません。パンフレットにある会社に電話かけてみたら某ホテル前から観光バス便があるからという情報で、天童市内の某ホテルに移動。フロントで聞くと当日はムリだろう・・・ということなので、また天童駅まで戻り、まずは新庄まで新幹線で移動し、JRを乗り継いで行って見ることにしました。

090920_15
新庄駅に到着するまでにライン下りを実施の2社に電話して情報収集します。ときどき言葉が聞き取りにくいのはおやくそくなのか?

090920_16
さらに新庄駅の構内にあった観光協会でタイムスケジュールを入手し、在来線で酒田行きに乗り換えます。ここからはディーゼルワンマンカーな旅です。
さらに秋田を目指すエスパサポーター、同じように酒田方面へ移動するオレンジサポな方もいろいろおりました。

090920_17
山形な車窓からということで、単線な田園な風景を楽しむこと20分ほど。

090920_18
古口駅です、最上川ライン下りです。徒歩10分ということでしたが、バス100円があったので乗っちゃいました。

090920_19
さすがにシルバーウィークだけあって、混んでましたので定期便ではない臨時便に乗車。驚いたことに、ここももオレンジサポさんが複数おりましたねぇ、みなさん車でも列車でも考えることは一緒なのか(笑)

090920_20
途中で対岸にある茶屋で5分休憩です。ここで飲み物や食べ物が変えます。

090920_21
ということで鮎の塩焼き400円を買いました、鮎なんて久しぶりです。

090920_22
魚影が濃いのはウグイです。あまり美味しくない(鮎、山女、岩魚に比較すれば)ので船の下はこんな状態です。鮎の骨とか皮とかの食い残しを投げるとガッツリ処分してくれます。

090920_23
最上川 広いですねぇ。ダムとかで治水してない河川なんでしょうか、これでも水量は少ないそうです。この日も天気は良かったですねぇ。
終点に着きますと、近隣のJR駅に行く路線バスがあるのですが、駅に着いても1時間以上 列車は来ません。

090920_30
なので、終点にある食堂で昼食を摂りまして地図を広げてヒト思案。このおにぎりですが作ってあるのではなく、注文が着てからにぎってましたよ、さすが山形なのかな。そして、この日も牛な芋煮ですw
場内にある案内所に相談すると、隣にある草薙温泉を薦めてもらい、電話を掛けてくれました、山形クオリティ発揮だわぁ。で、だれもいない風呂で最上川を眺めながら一風呂浴びました。草薙温泉 湯船は広くはありませんでしたが、硫黄臭がある透明なお湯でした。

090920_24
古口駅に戻りまして、新庄に戻って東京方面に戻るのも面白くないので、さらに日本海を目指しました。これはたぶん鳥海山だと思います。

090920_25
着いたのは酒田駅。最上川の下降口にある港町。ホントはここで豚+味噌の庄内系の芋煮を頂きたかったのですが、乗り換え時間の関係で、「特急いなほ」で新潟方面へ。
きらきらうえつ」号が指定取れればばっちりだったのですが、特急と新幹線の指定席を土日きっぷで確保。きらきらうえつはさすがにシルバーウィーク、夕焼けのキレイな時間帯ということで満席でした、ちょっと残念。

090920_31
まぁ、JR東日本管轄でよくある、旧型のL特急車両の塗りなおしというか昭和な車両です。まだまだ現役なんですね。シートは座面と背もたれが修正できるのですが、いかにせんシートピッチが狭いです。

090920_26
新潟までの2時間は疲れからか日本海を見ながらウツラウツラとしておりました。さすがにオレンジなヒトはみなかったような気がします。 しかし、静かな日本海もいいですねぇ。

090920_27
なんとか島です。佐渡じゃありません。特急車内で観光的なアナウンスがあるとはJRも変わりましたねぇ。特急といってもスピードもそんなに出てないのですが2時間は長い。

090920_28
新潟駅からはMaxときに乗り込み一路 東京方面へ。「鮭はらこ飯」+えちごビールが2日目の晩御飯でした。 牛+牛+鮎+鮭でしたなぁ。
朝起きてからテキトウに移動方向を決めましたが、なんとかなるもんですね。まぁ移動中はドキドキでしたが、いざとなれば追加で泊ればいいしと思える余裕があるのもシルバーウィークのおかげかも。
来年もアウェイ山形戦があったら、次は新庄駅から三陸海岸な太平洋側に移動してみたいですねぇ。ということで、山形には不純な動機ですが残留して欲しいわけです、無責任ながらモンテな皆さん、残り試合がんばってください。

|

« ヤマガタどうでしょう的な旅1 | トップページ | ヴィッセル神戸戦終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマガタどうでしょう的な旅2:

« ヤマガタどうでしょう的な旅1 | トップページ | ヴィッセル神戸戦終了 »