« 試合終了ナビスコカップ敗退 | トップページ | 山形遠征の組み方(仮) »

2009/09/07

09NC-SF2 FC東京 観戦記

たくさんのサポが埋めたアウェイゴール裏。久しぶりに聞いた熱のある音。それでも届かなかったファイナル。2008年はランナーアップ、2009年はセミファイナリスト、来年は・・・。この熱が冷めきらないように、週末のリーグ戦にまずは勝たないとダメです。落ち込んでいるのは1日だけ、明日からはリーグ戦に向けて頑張りましょう。

(観戦記的な部分はまた明日にでも追記します)

090906_01
延長戦もあるかもと思い、ひさびさに自家用車で味スタまで。駐車場には静岡ナンバーがたくさん、オレンジなアウェイ待機列はすごい勢いで伸びていてアミノバイタルフィールドを超えて、ツアーバスの横に追加列ができていた。あっちも1戦目はリードしながらも勝ち逃しただけにお互いこの1戦に賭ける勢いはあったはず。

090906_02

090906_03
試合は、立ち上がりに2本のコーナーをショートからの崩しを狙った感じで攻めたもののうまくいかず。ヨンセンへのフィードがあからさまではあったが、永井がいいポジショニングをとるタイミングでも出し手からのボールはそっちに行かないことがしばしば、ヨンセンばっかりということで徐々に永井が孤立していた。

090906_04
FC東京の狙いはカボレがイチの裏に流れてポストで起点になって1~2秒キープ、その裏のスペースへ羽生、徳永、米本が走りこみ、崩れたDFラインに流し込む感じ。もっとはっきりカボレ潰しをしたほうが消耗戦でかつセットプレイからのカウンター発動が増えた気がしたが、センター2人の追いこみは意外とすくなくて、逆にイチは兵働やエダの下がりを待つ展開になってしまった。

090906_05
失点はその通りの場所からニアに併せられて。こうなるとアオの先発(ラッキーチャームを生かすとしたら先発は平岡だったろう)や永井の先発(前半で1発狙いが明白)プランは崩れたわけで、永井も意外と引っ張ったなぁ、最後までやるんだろうかと思ったら、前半終了間際で交代。相変わらずこまったときのケンタは考えすぎ、決断は遅い。

090906_06

090906_07
FC東京の守備時の対応は、エスパルスの両サイドは低い位置でもいいから、2対1で囲むこととセンターは両CBとボランチ1枚の3枚でヨンセンを囲んでクロスからのシュートチャンスをつぶすことだったと思う。
これに対するエスパルスの策は、(2度くらい成功した記憶があるが)センターバックから、この相手CB密集エリアとサイドバックの上がった位置でのマーカー、2つの塊の間に早い縦のボールをMFに入れて対角からシュートすること。成功したのは児玉からエダにペナエリア縦ラインに入ったのがありましたが、あそこにパスが数本入るとマークもズレてガタガタにできるように思うのですが、なかなか走りこめなかったですね。

090906_08

090906_09
最近 どこのチームもGK前にわざとくっつくセットプレイが多いのですが、代表戦見ているとそうでもないんですが、Jリーグだけの流行ですか?

090906_10
アオの交代となった怪我ですが、後ろから追っかけ気味で行ったので自爆かな?とは思う。でも、メディカルスタッフがダッシュして追い付いた時には、ベンチのスタッフはまだ立っていただけだった。ここにも相変わらず感を感じる、ピッチ内メンバーが倒れたら交代予想となるメンバーをすぐ呼ぶ習慣がない。相談しているだけじゃなくて1~2人はベンチに戻してアップスーツ脱がせ、ユニ着せるくらいの機敏さが欲しいです。ここも監督の指示待ち一辺倒な気がします。

090906_11

090906_12
その後も勝てるパターンじゃないと思いつつ3枚目に長沢が投入される。しかし、チャンスを与えられてバー・ポストにシュートを当てる奴と少ないチャンスをゴールできるやつ、見切りをつけるのが遅い。ヨンセンがいるけど長沢投入ってパターン練習もないまま実戦投入というのもかわいそう。(念のためですが、長沢が嫌いだから書いているわけではないです)

090906_13
内に秘める闘志はあるのでしょうけど、交代策で投入されたプレイヤーが輝かないまま、時間を消費し試合は終了。明らかに試合前から勝ち越しを焦っていて、ドつぼにはまった試合。
途中からは焦りだけで基本的なボールへの執着が薄れ、運動量が低下。逆転できないのは「逆転できると考える」メンタリティーが欠けているのもあるけど、逆転するためのパターンなりをそれなりに練習してなるとは思えないあたりも駄目だと思います。
 リードされることはないという前提でもチーム戦術、練習ともにそれもいいんですけど、実際今シーズンまでの間 明らかに逆転勝ちが少ないです。非公開でやっているのかも知れませんし、そういう交代で輝くメンバーがいないというかもしれませんけど、残り20~10分の攻撃シフトなパターンがないですよね。
先発は固まっているけど、交代枠になる選手がハマったのは逃げ切りパターンだけ。このままだと逆転して勝った試合はゼロで終わるんじゃないかと思ったり。リーグ戦で上位3チームに入るためには、交代枠とベンチワークで勝ちを拾う試合が必要なんだろうなぁと改めて思います。

090906_14
ゴール裏に向かう時、試合に負けた表情と歩き方は去年の決勝と同じに感じました。別に負けたことを責めるわけではないのですが、負けたからといって顔を下げたまま歩く選手もチラホラ、そんなのは止めてほしい。
そんなので申し訳ないと思うなら、周りを鼓舞してもっと走れ・打て・守れと。現実から逃げてもはじまらんでしょ。失点したあとのヨンセン、永井が周囲へアピールしているのを見る限り、気持ちが下がっているやつが居たわけで、ホントは全員であの態度ができないといけないんだよね。
大宮戦もFC東京的な対応策は使ってくるだろうから、ますます週末が辛いけどもう一度勝たないといけない試合が直ぐにやってくるよ。

090906_15
ナビスコカップはベスト4で終了、現地まで足を運んで叫んでくれたサポーターのみなさまお疲れ様でした。これでシーズンが終わったわけではないし、まずは土曜日の大宮戦で勝ちましょう!

|

« 試合終了ナビスコカップ敗退 | トップページ | 山形遠征の組み方(仮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09NC-SF2 FC東京 観戦記:

» FC東京 ナビスコカップ決勝進出! 東京 1-0 清水(2戦合計3-2) [マチルダベイビー!]
ナビスコカップ準決勝第2戦の清水エスパルス戦は、FC東京が平山の先制ゴールであげた虎の子の1点を守り抜き、1-0で逃げ切って5年ぶりの決勝進出を決めました! [続きを読む]

受信: 2009/09/08 00:17

« 試合終了ナビスコカップ敗退 | トップページ | 山形遠征の組み方(仮) »