« アウェイ鹿島戦負け | トップページ | 大分戦試合前 »

2009/05/10

09J1-11 鹿島アントラーズ戦 観戦記

朝から電車を乗り継いで鹿島まで移動。14時前には到着。今回選んだのはバックスタンドのアウェイよりでしたが、この時間帯のバックスタンドは避けたほうが賢明でした。焼けk焦げるかのような日差しが容赦なく降り注ぎ、冷房対策で着用してきた長袖はあっというまにレプリカユニ1枚に変更。

試合はといえば、はじめから負けるつもりは無いのでしょうけど(だれもが)、立ち上がりからボーっとしたというか受身が目立つというか。例を挙げれば、SBがボールを奪取し、持ち上がっても、周囲のフォローは薄くて遅い、ゴール前を狙ってアーリークロスをあげるっていう意思統一は見えない。なにより、ゴール前の最短距離を避けて、なぜかコーナー付近に本人はカジ取りするという。先発をつかんだのは、クロスだけじゃなくて、ゴールを直接脅かすことのできるドリブルとシュートだったはずが・・・と迷っているとボールロスト。

中盤もテルとのDFのリンクはウマく戻った感じはあるけど、マサキは同エリアを埋めるにとどまり、前を向けなくなっている。クリアしたボールは圧倒的に満男くんが余裕で拾える状況に。
前半 DF陣はマルキ対応で手一杯。で下がり目の興梠にはノーケアに近いものがあったけど、インタビューでうまくいったと答えていた彼。そこまで重要視されてないからじゃないかもと思えたりもするが抑えきれないのは、相手チームの責任。余裕があるのか、マルキはプレーが切れるごとにアオに話かけているのをみると、要するにそれくらいの集中度でOKな相手なんだなと。(なんだか、刺々しい書き方になってますけどご容赦ください)

090501_01
メインは日陰、バックスタンドは真夏

090510_30
代わり映えのない先発。先発が変わりないのはかまわないけど、内容も改善できてないですね。そうそう、ヨンセンが先発に戻ってましたが、明らかに岡崎と動きがかぶってます。ポスト2人は要らないです。

090510_30_03
すでに前半立ち上がりで突き放される。ガチンといけない。勝てるだけの陣容と技術はあるのでしょうけど、戦術は読まれているし余裕はないし、うまくいっていない。かといって、がむしゃらになるほど愚直になりきれない、中途半端なプライド。後半になると押し込めるのは、負けている以上 シンプルに攻撃するしかないと開き直れるからか。

090510_30_04
エルゴラでDF陣がほとんど6.5ついていたんですけど、ちょっと不思議でした。

090510_30_05
後半 またやっちゃったりする。

090510_30_06
辻尾を投入してなんとか1点。しかし、鹿島の交代の素早さはいいなぁ。リスクマネージメントが確立されている。

090510_30_07
岡ちゃんについてこれないのは相変わらず。本人も連戦でヤヤスタミナ切れだし納得はするのですけど。

090510_31
最後のFKでしたが。

090510_32

090510_33
こういう時間帯にブーイングするのではなく、倒れて時間を稼ぐ鹿島劇場にコールと拍手するくらいでないと。そうすりゃ恥ずかしくて立つでしょし。 まぁ、ケンカの種になるからやらないと思うけど。。。

090510_34
立ち姿ですでに負けている(あたりまえか)

090510_35
挨拶でも、まだひきづっている(あたりまえか)

ベンチメンバーと後半の鹿島のガス欠っぷりを思うと、言い訳のような1点取り返したあたりで納得してしまうのはどうかなぁ。ゴール裏からのメッセージは無言だったように思えるけど、後半の勢いに見かけだまされているだけで、全般を評価すれば、ブーイングでもいいんじゃないですかね。(結果だけを捕らえたブーイングは嫌いだけど、短時間に不満を表す言葉は他にないからなぁ)

負けたことに腹がたつのではなく、最初から勝つという意識付けができていない、意思がみえないチームに正直 失望した。試合終了後は崩れ落ちるかのようにひざをつく選手もいたけど、ガンガン倒れていた浦和戦よりは余力があったように見えたんですけどね。もうちょっと感情を出して食い付いていかないとね。

選手とベンチワークがちぐはぐな状況をどう反発していくか。次節はどん底ダービーですか、それでも行くんですけどね、TVでみるよりはいいだろうと。

現地へと向かわれた皆さん、遠路 応援 お疲れ様でした。次節は大分と日本平で対戦です、正念場ですね。

|

« アウェイ鹿島戦負け | トップページ | 大分戦試合前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09J1-11 鹿島アントラーズ戦 観戦記:

« アウェイ鹿島戦負け | トップページ | 大分戦試合前 »