« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009/04/30

09J1-08 浦和レッズ戦 観戦記

前節の柏戦は、後半の交代メンバーでなんとか追いついた感があるものの、チーム全体としては意思統一に欠けていてというか弱気というか、ミスが多く得点の匂いがしないというレッズ戦に向けても多くは期待できないくらいドン底な状況。まぁ、こういう状況の時に限って、逆になにかをおきそうなエコパでのレッズ戦でした。

FDAの宣伝を見ているとJALのスポンサーも今期限りなんだろうなと実感する、富士山静岡空港開港と鈴与系のFDA存在。ついに7/23の就航日までが決定し、熊本、鹿児島、石川と観光系のオネーサンたちがブース出展。で、ひときわ目を引くのは、こちら。
090429_01

あたまに灯籠。。。。詳しくは、「熊本県山鹿市 灯籠まつり」を参照頂くとして、これが「和紙」でできているというのが驚きでしかも、盆には千人で踊るらしい。灯籠の中には電飾?ろうそく?いずれにしても頭上が暑そうですね。リーグ@大分、天皇杯@熊本と遠征してきましたが、熊本県北エリアは未開の地、チャンスがあればいいですね。ぁ、FDAってマイレージ制度あるのかね?
090429_02
出番が無くなった感のある高原。このまま契約終了でしょうか。アップで永井と談笑中。

090429_03
先発メンバー

090429_04
トゥーリオが倒して、原がPKゲット

090429_05
原が決めて先制!押されている感があるなかで一応 優位に立ちました。

090429_06
まぁ、首位チームなんでそのままじゃ終わらないと思ったんですけど。

090429_07
あっさり、同点に。前半は無失点で終わりたかったですが。

090429_08
前半のロスタイムは2分。予想よりは埋まらないアウェイ側。

090429_09
試験的に導入されたフィールド内の観戦席。子供にはいいかもしれませんが、さすがにちょっと遠いかも、もう少しインコースよりでもいいんじゃないでしょうか。

090429_10
後半もレッズペースではありましたが、失点。市川も競り合いは出来ていたんですけどね。高校生、高卒1年目達にチギられるというのは時代も経ったということですね。

090429_11
予定通り、という感じで2-1浦和リード。不思議な事にこの時点でも焦らなかったです。なんか、このままじゃ終わらないだろうなぁという感触がありました。

090429_12
永井が少ないチャンスを決定機に変えてくれてます。しかし、元チームメイトとはいえ、試合中にお互いケアしすぎな気がします。

090429_13
で、辻尾が入ってから、ほぼ2バック+テルの状態になったのすけど。あと、浦和は交代した選手に強烈な勢いを感じません。先発とベンチの差がまだまだあるという雰囲気です。

090429_14
で、児玉劇場です。

090429_15
なぜか、綺麗に決まりました。マーカーは啓太というよりは、後で浮いていたエスクデロが問題のような気もしましたが、うまいことズレができていたということにしておこう。

090429_16
同点なのに騒ぎすぎなベンチと一部メンバー。

090429_17
で、そのままロスタイムまで突入。浦和にもチャンスがあったのですが、やっぱり呼吸が合わなくてパス繋ぎができないから、中途半端ないい位置でボールをさらわれてピンチというのが2度ほどあったような気がします。

090429_18
最後は、CKからチャンスだったのですが、マサキのCKも意図、コントロールはまだまだという感じです。

090429_19
なんか、みんな吐きそうな感じでした。お疲れ様でしたね。

090429_20
試合終了 アウェイチーム

090429_21
しかし、なぜ、こんな場所とイベント時に百葉箱があるんでしょうか・・・・。

090429_22
試合終了後のホームチーム。勝てれば120点だったんですけどね。

試合ですが、相対的にはまぁ、今までのことを考えるとよくやったという感じはします。久しぶりに(試合への集中具合で)気分的な時計の進みも早かったし、試合として楽しめる内容でしょう。現状でのエスパルスの至らない点を挙げているとキリが無いのでやめたいところです。

 先制点は押される中で、原が単独突破で粘って、PAへ持ち込んで、まぁダイブに見えなくも無いけどあれだけきれいに足が掛かると笛は吹かれるだろうなぁと。PKがヨンセンじゃなかったのは意外でしたが、そこまでの配慮はしないということでしょうか。
失点は、最終ラインから中盤へいったときのパスミスから、逆転弾も中盤でのパスミスを拾われてと、浦和のアプローチとパス廻しの良さが目につきました。

とはいえ、後半は浦和もサイドから攻めるというよりはアタッカーがそのまま斜めに持ち込んでシュートという場面が増えてましたので、ちょっと単調になったのかもしれませんし、連戦で思ったほどの運動量が持続しなかったのはラッキーだったんですかね。

前節から多少は改善したとはいえ、まだまだエスパルスについては、中盤でボール奪取したときのパスコースは少ないです。改善できているように見えるのはテルが広範囲に網を張るのと、パウロがボールキープすること(または奪取すること)で、攻守の体制を整えているからでしょう。しかし、市川とパウロの連携からの攻撃は、タイミングが合わなかったり、突破力に欠ける局面が目立ちました。ゴール前での守備力は純平よりは上ですけど、直線的なドリブルと余裕のない顔を上げてからタイミングを逸したようなクロスでは攻撃力が極端に落ちます。

あとは、後半、2点目の失点もしかたないにしても、押され始めてからの交代は準備も決断も遅いというのが正直な感想。ベンチが永井を呼んで、準備して、説明しているうちに失点。後半はいつくらいから、この展開ならダレというのが共通理解されているんですかね、フィールドプレイヤーにもボールを切る指示が出ているとは思えないし。
 ルーレット廻して出た目勝負じゃないのですから、「先制したら勝てるけど逆転勝ちがない」というのは、ケンタ監督が確立的(理論的)に記者の質問を否定するのですが、外から見ていても逡巡しているだけで複数のメンバーを呼び寄せることもせず、30秒~数分の投入遅れというのが気になります。逆転勝ちとは単純にいきませんが、投入前に必ず均衡を破られたり追加点を喰らうあたりを目にすると、問題はベンチスタッフであると思っています。

熱い試合はできたものの、勝ち点はまだまだ足りずということで5月に突入です。次節は攻撃力、失点力が両方とも抜群なアウェイ広島です。

しかし、ホントに苦しかったのは、試合後のエコパから掛川ICまでの渋滞だったよ。ホントに駐車券を撒いてイベントをやる体勢じゃないですよ、1時間以上のムダだったよね。迂回路へとあらかじめ誘導するとか、一般道を紹介するとか、工夫が必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/29

浦和レッズ戦終了

浦和レッズ戦終了
前半から良かった。ボールが案外、サポート良く繋がる。パウロ先発の効果?
原のPKも、サポート良くなって、マークが分散されたからなんでしょうか、個人技なだけ?
失点のミスはテルかぁ。致命的なミスは前からあったりしたけど、自分でカバーリングできたからなあ。
久々のもう一人、市川は山田、原口に走り負け、スローインもゆっくり自信がない、受け手と呼吸が合わない。
後半もミスから先に失点。ダメだと思ったら交代した、岡ちゃん、永井、辻尾がチャンスを作り、新が初ゴールで終わり間際に同点。試合終了時にどっちも苦しそう悔しそうに倒れたヤツが多かったのが、印象的でした。試合自体には納得できたからドローでも拍手が起きるのはエスパサポだからか?
市川、テルがメンバーが外れる理由も、今の実力も良くわかった試合でした。


浦和サポも多いけど、やっぱり減ってんなぁ、というのが正直な印象、リーグ制覇、ACL優勝って、グイグイ登ってってブームだったんだなぁ。それでも3万人越えたんだから、やっぱり凄いのかな。
今日は帰りが遅いので、観戦記はまた、明日にでもアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦和レッズ戦試合前

浦和レッズ戦試合前
エコパはやっぱり遠い。
市川とテルが復帰、岡崎はサブ、予想通りの先発メンバー。

どーなる事かワカリマセンが、フツーじゃ終わらないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/26

09J1-07 柏レイソル戦 観戦記

雨の日本平。2階ゴール裏はスカスカでした。あの豪雨じゃ当然か?席つめしたら、アウェイのレイソルサポと変わりない実数だったかもしれません。それくらいバックスタンド屋根下や1階の風雨の凌げるエリアは混雑してました。

なんだか、この試合は、ダービーの余韻を引きずってサポーターまでもがグチグチグ~チグチチ、といった雰囲気でしたなぁ。同点になってから逆転できたら即効薬なんですけどそんなにうまくはイカナイデスネ。
今のエスパルスは、負けない強いチームじゃなくて、勝てない自信のない下位チームなんですよ、それを踏まえると立ち直るきっかけができただけ良かったのかも。

次節も苦しい試合ですけど、あっという間に水曜日はやってくる、マダマダ我慢ですかね。

090425_05
雨だからパルちゃんショーは中止と思ったのか、柏サポが場内の異変に気づき、屋根下からワサワサと途中から出てくるのは告知不足だったかも。

090425_06
キャプテンは浩太。エスパルスの時よりもさらに王様扱いです、君臨してますね。

090425_07
いきなりピンチ、落ち着くことのナイ展開。ダメダメな雰囲気が強まり、サポーターもイラツク。

090425_07_2
うぅ、エーーーーェ?

090425_08
どーみても、アウェイ最前列に相撲部が居るようなのですが(^_^;)
噂は本当だったのですね、ご苦労様です。

090425_09
前半 最後はニアで合せられたが事なきを得る。まぁ、予想通りの回復ブリです。ヤベー感じ。失点しなかったのが奇跡なのかも。

090425_10
後半 チャンスを潰したように見えた主審にイラツク、サポーターも選手も落ち着かない。

090425_11
で、西部とJPのタイミングが合わないから、FKとイエロー。

090425_12
壁の作り方、壊し方、ポポのシュートといいセットプレイでしたな、後は運だけかも。

090425_13
きっちり古賀がゴール。さりげなく競り合いを邪魔してアシストしたのが浩太でした。

090425_14
粒子が粗いのは、写真のせいじゃなくて、雨粒です。酷い雨でした。ピッチがいいからまだ水溜りができないので気づかなかったですが、帰りのバス待ちが大変でした。

090425_15
原、ヨンセンを入れて、岡崎を2列目にいれて、無理やり繋いで意地でゴール!まぁ、狙った形じゃないけど、意地がでただけ良いでしょう。こんなヘタレな内容で負けるという癖はイヤだし。

090425_15_2
問題はここからでしょ、満足することなくね。そういや、サブメンバーと喜ぶシーンがあまり無いのは得点が少ないからだけでしょうか?ね?

090425_16
この前のシーンでもつんのめってましたが、JPが攣ってしまい交代。貴重な3人目は辻尾のサイドバックになりました。次節は辻尾がついに先発になるのでしょうか?

090425_17
岡ちゃんはすでにソックスを落としてました。シャツの裾入れにはこだわる審判団も、この辺はテキトウなんですかね。まぁ、安全面からしたら褒められたことではないと思うが、本来 交代は岡崎>辻尾の交代を考えていたらしいから、それくらい苦しい状況だったということか?

090425_18
で、その岡崎が粘ってロスタイムにFK

090425_19
ここで蹴れないのがマサキ・・・。ジュンゴもいいんだけどね、この天候を考えたら低いのでドカンっといきたかったねぇ。

090425_20
サイドネットにトビました。しかしヨンセンのツメもハヤイなぁ。

090425_21
で初J1の笛はどーだったんでしょうねぇ。JFAも対戦カードみて、大きなトラブルになりそうもないこのカードをアテガッタんでしょけど。まぁ、もうちょっと異議・抗議が多いチームでのレフィリングも見たいですね。

さて、両チームにとっても妥当な結果に終わったこの試合。チャンスはレイソルの方が多かったんですけどねぇ。次節は直ぐの水曜日 エコパでGW緒戦ですね。失点の少ないチーム同士ですが、守りの質はちょっと違うような気がします(^^ゞ ま、がんばりましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/25

柏レイソル戦ドローで終了

柏レイソル戦ドローで終了
柏の先発は4-2-4、山根と浩太以外がFW扱い、ま、どう考えても李のワントップに2列が3人でと思ってました。
実際は山根が最終ライン前で、浩太は王様ポジション、ポポがクルクル廻る感じで、サイドに菅沼。試合は前半からほとんどがレイソルペースで勝ててない引力でかろうじて決められてないだけ。
前半、中盤から前のプレスをカワセナイくらい余裕も連動も無かった。
後半は、ちょっと良くなって油断してたら、リスタートを急いだ西部とサイドに開いた純平の呼吸が合わずファール、フリーキック、失点という自滅パターン。
柏のフリーキックは他対戦でみたような正面の壁を押さえこんで、キツいのを打ち込んでみるヤツでしたが、スカウティングは伝えてないんですかね?

こっちの同点弾も、岡崎とヨンセンが個人技で繋ぎまくって、ドロドロな展開でもぎ取った得点。チームとしてパス、ドリブル、クロスを重ねて取ったわけじゃない。

なんとか、負けなかった、得点取ったて追いついた。ダービーの敗戦から立ち直るイイ面もあったけど、ここ2年ほどは、毎年 おんなじような展開を序盤に味わってますが、学びはないんですかねー。
さすがの天気だけあって1万人割れの集客。雨なのに工夫のない営業施策、これじゃダメじゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柏レイソル戦試合前

柏レイソル戦試合前
久々に雨ですな、パルちゃんもコンコースで接客中。
今日は、なんとかして勝たないとな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/21

09J1-06 ジュビロ磐田戦 未観戦記

ダービー観戦できてません。気づいたら0-3で負けてました。行かない(行けなかった)のは不幸中にして幸いだったのか?わかりません。

土曜日はフツーに家で過ごし、日曜日の朝起床。今回は自家用車でエコパまで出かけるつもりだったので5:30には起床しておりました。ちょっと頭痛がしたので、熱を計ると35.2℃という良く判らない数値(^_^;) まぁ、なんとかなると思い車ででかけてたのですが

途中、なんともならないくらい悪寒がするわけですよ

30分ふど走った後に、勇気を振り絞り電話、メールで連絡して帰宅を選択し、7:30くらいから爆睡。試合前には無料期間が終了していて、スカパー!e2の契約をしてなかったことに気づきふらふらしながらカスセンに電話。

ということでここ数年のダービーでは(いや観戦生活)初の、

チケも手元にあるけど当日キャンセル!

となりました。

以下 雑感です。

解説陣は、前半エスパルス、いいですねー!と褒めてましたが、なんのことはない、攻め手がなくて最後は崩せてなかっただけですよ。前半 崩せなかったから最下位チームが自信を持ってしまったんでしょ。

風邪っぴきのヨンセン、足に不安があったアオヤマを先発させたのは監督とコーチ陣、結果 悪いほうに出ました。テルのアップが早かったのはいいけど様子見していたらヤラレタという箇所を含めて、スタッフ力で負けた試合だと思うぞ。

失点すると止まらないのは誰が悪いんでしょうネェ。出ている選手は毎年毎年同じ過ちを繰り返していると思うのですけど、青空ミーティングですかねぇ。

磐田も勝ったからOKじゃなくて、エスパルスだから勝てたと思わないと。次は京都ですか、自信を回復するには最適ですね。エスパルスは柏ですか、最下位ですか、未勝利チームですか、そうですか。また、やってくれそうですね。。。。

いい加減、負けている状況から同点に追いつくような仕様の練習はしたほうがいいと思うぞ。監督の指示が理解されないのは、後半のこり15分でないとカードは切らないくせに、15分間でゴールを取るパワープレー的な練習をしてないからじゃないか(推定)

なんだか、毎年毎年、かってにリーグ戦の序盤を難しい展開にしているなぁ・・・自滅だな、こりゃ。

ということをグチグチ思いながらも、今週末は日本平にいけるよう体力の回復に努めるつもりです。こりないね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/15

09J2-08 栃木SC 対徳島ヴォルティス観戦記

09J2-08 栃木SC<br />
 対徳島ヴォルティス観戦記
ダイレクトでパスを繋げる栃木、慣れないスタジアムにMCが盛り上げようと頑張る栃木、バックスタンドの最上部が宣伝幕で使えない栃木、ゴール前が上手くいかないから点がトレナイ栃木。
それでも、必死に前向きにがんばってます。
このチーム戦術の撤退ぶりはコーチングスタッフの頑張りだと思う。
でも、パスの精度が上がっても、この陣容じゃあ上位チーム相手には厳しいかもしれません。
それでも、地元チームがあるって素晴らしい。サッカーの内容ウンヌンよりも、新鮮な雰囲気が楽しめました。

でもさ、イマドキ 「Vゴール」ってフレーズはないべさ、栃木のスタジアムMCさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は国立西が丘

今日は国立西が丘
便利になったな〓というのが、久しぶりにきた西が丘の印象。

以前なら、一旦は大手町に出て、都営三田線に乗り換えてで歩かされ、なんだかんだで30分。それが大江戸線から乗り換えると、春日駅から15分。会社からなら霞ヶ丘より近いかも。

さて、久々のJ2は栃木対徳島、地味なカードです。
部外者として90分間、楽しみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/13

09J1-05 川崎フロンターレ戦 観戦記

ACL参加組の川崎フロンターレとの対戦でした。シーズン序盤、やっぱり出遅れた感のあるエスパルスですが、川崎もリーグ戦は圧倒的な成績を挙げてません。この水曜日にACLでオーストラリアへ。アウェイ戦をこなして中3日間でのリーグ戦となりました。

090412_01
ここ数年では、ちょっと少なめと感じるアウェイ側スタンド。

090412_02
監督(代行)の辛さ?ヘッドコーチとしての世間話?移籍した矢島の調子?ツトさんとター坊の会話が気になります。

090412_03
ちょっと早め?と思ったが永井がベンチ入りスタート。リードするというよりは逆転狙いの時の投入だろうと思ったので、フロンターレ戦では出番があると思ってました。

090412_04
あっちにいったひとはベンチスタートです。このときはブー&ヤジ半分、拍手半分くらいでした。まぁ、ちょっと体型が変わったかなぁ。

090412_05
そんなこんなでリーグ戦ホーム初勝利を目指して試合開始。

090412_06
風向きか守備時の直射日光が視線に入るのを避けてか、エスパルスが東側からスタート。結果的に後半は風向きが逆っぽくなり、DFにとっては楽な追い風が90分間続いた感じです。

090412_07
試合開始直後から、攻められるのですが、守備だけは負けないというか、決定機を決めさせない展開でした。しかし、川崎の前4枚はホントに怖い。あっというまにドリブルで持ち込んでいかれる。

090412_08
原がファールした位置からFK。VJがミスしたらか良かったけど、このあたりまで川崎ペースが続いて、エスパルスは撥ね退けるのが手一杯。

090412_09
が、クリアしたボールを抑えた村上が芝に滑って、一樹が競り合いからボールキープ。

090412_10
で、後からきた兵働にパス。兵働はボールを保持して様子を伺う。まぁ、これまでならここでクロスを挙げても失敗するか、DFに引っかかってカウンターを喰らうのですが・・・。

090412_11
センターへの低めのクロスは、ヨンセンを超えて背後にポジションを取っていた岡ちゃんが飛び込んで決まってしまいました。横から見ている限りでは、ぇえ?!っていう感じのタイミング。岡崎のもさほど怖さを感じない単発なヘッドだったのですが、ブライドから来たためか川島の反応も遅いし、森の対応も・・・。まぁ、岡崎の大幹バランスの良さが生きたゴールかな。

090412_12
ヨンセンの抱きつきに押しつぶされそうな岡崎・・・

090412_13
問題は、この1対1を決めれなかったことでしょうかね。まぁ2点目が入ったらスイッチがさらに入って、お互いイケイケな応戦になったかもしれませんが。SBとしてレギュラーになりそうな純平。こんなチャンスを京都戦に続いて決めることができればよかったのですが、個人的にはケチが付きはじめたというか、運気もやや下がり始めているパターンです。

090412_14
最後まで森のサイド攻撃は防ぎきれなかったですね。結構 深くまで進入されてクロスを上げられていたように思えます。川崎はケンゴ以外の中盤の2人がなんだか元気がなかったというか抑えられていたというか、攻守共に目立たなかったですね。

090412_15
後半は、あっさりジュンゴを投入。リードした場面で2~3点目をセットプレイとから狙うんだろうなぁ、ボールポゼッション率を上げて、攻撃へのつなぎを滑らかにするのかな?と。
どっちにしても、健太監督にしては決断もチョイスもまともだと思いましたね。

090412_16
しっかり撥ね退けるDF、この日は純平以外の3人が接触プレイで痛んで起き上がれないシーンが目に付きました。

090412_17
アオも足を引き摺りながらも競り勝ち続けてます。というかこの2人のセンターバック、なんとなく決まり・ハマり始めてきました。岩下がムダな口を叩かずに、不満げな審判対応をせずに、守備に専念しているのがいい雰囲気を生んでいる。

090412_18
今日は・・・・と思ったら、今日もアラタが攻撃でゴール前まで近づいて自爆気味に倒れてしまいました。アラタの初ゴール、初アシストはいつだろうか。名古屋鯱の旧大森さんのような伝説をつくるのでしょうか。

090412_19
川崎は1点目がなかなか獲れないネェ、そろそろだよねぇ・・・と思ったらやっぱり。

090412_20
矢島がキターーー!しかし、ブーイングも凄かったな、ウチにしては珍しい。っていうか、とくに恨みはないが、とりあえずロースコアなので脅しておくしかない!という感じでした。

090412_21
しっかり、岩下を破壊してました(^_^;)
川崎、最後のほうは、テセと矢島の2トップに両サイドにも1人ずつで4枚トップという形になりかけてましたが、ちょっと窮屈っぽかったです。ボール持っていても前に進むだけであんまりスウィッチしたりポジションが入れ替わったりといった幻惑する動きはなかったので守りやすかったのかも。

090412_22
ということで、出て行ったひとの横で喜んでます、やっとリーグ戦ではホームで勝利です。でもナビスコでも勝っているし、そんなに待たされたという気はしませんでした。

090412_23
この後はロコロコを選手がやったりと盛り上がりましたが、ケンタ監督の策どおりに点が入って、DFが手堅く完封。守備的な攻防となったらテルとパウロで逃げ切るパターン。
DFラインからのビルドアップといい、(大量点は生れてないけど)攻撃時のパスワーク、徐々に良くなっている感はあります。2009年型チームの骨格が見えてきたと思える内容でした。

さて、初物とか未勝利チームとかには弱いエスパルス。次節は気が抜けないダービーあります。また試合が日曜日なのがなんとも遠征組み泣かせです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/12

川崎戦 1ー0 勝ちました

川崎戦 1ー0<br />
 勝ちました
前後半 共に風向きはエスパルスに有利な展開。得点は、足元を滑らせてボールを失ってからのゴール。
ボールポゼッションは川崎だけど、最終ラインは割れない。いまいち、なにも出来ないエスパルスに対し、川崎はACLの疲れがあったのかなぁ。
川崎のなにも竹刀作戦も失敗しました。来年はなにかなぁ、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎戦試合開始前

川崎戦試合開始前
桜えびも食べたし、いい天気です。

なにも竹刀がどーでるか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/07

blogタイトルを変更する際には

シーズン始まって約1ヶ月が経過して、いやしようとしております。J.B.Antenna清水としてはですね、ちょっとメンテしてみました。

で、最近 思うのですが、blogタイトル変える人って多いのですねぇ。もし、よろしければ、コメントでもメールでもかまわないのでご連絡いただくと管理人としては嬉しいのですけど。。。。まぁ、好き勝手に登録しているのはコチラなので、どーでもいいというのは承知の上ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/06

09J1-04 ヴィッセル神戸戦 TV 観戦記

09J1-04 ヴィッセル神戸戦 TV<br />
 観戦記
所要により、ウチに辿り着いたのは後半も30分過ぎ。なので、Liveでみたのは正味15分くらいとケンタのインタビュー。晩御飯を食べた後に改めて前半から見直すという条件でした。
ナビスコの京都戦とほぼ同じ、テルが先発から外れ、右SBに純平が投入され、岡ちゃんがトップに入るという先発。画面を見る限りでは、前半の立ち上がりはテンポよく攻めることができており、兵働、エダ、淳吾がゴール前まで行く回数も多く攻撃は改善できているな、という印象。
守備面では、神戸の迫力不足とCBの確実なクリアで撥ね返すことはできていた。課題と思っていたこのクリア守備後のセカンドボールの拾いもできていたが、ヨンセンに入れたクロス、ポストといったボールを確実に素早くキープし攻撃に結びつけることができるか、というあたりは引き続き微妙。純平も着実・慎重な感じの守備はあるものの、決定機を作る動きは目立たず。神戸はメールされてきた先発布陣では4DFの表現だったが、画面からは3DF。DFは手堅いけど攻撃は間延びした感じで、トップにボールが入ってからの迫力はない。ボッティもマダマダだし、なによりFWに勢いは感じない。
後半も同じようなペースだったけど、ヨンセンのポスト、ヨンセンと岡崎の位置関係が修正されたことからか、FWの役割と連携が良くなった。さらにゴール前での2次攻撃が増えてチャンスが広がり、CKからヨンセン折り返しにアオが届かない感じのスルー、岡崎がコースを変えてゴール。
このセットプレイ前にアオとヨンセンが位置取りを相談し、アオが指示したとおり、ヨンセンは中央からファーに移動。神戸DFもこの動きに付いてこれずか楽々と折り返ししたのがポイントか?逆に岡崎、アオのところには、たぶん相手14、13が立っていたけど2人ともこれに反応できず。
得点にもカウンターからのチャンスは数回あったけど、精度が悪くやっぱり外れることが続く。このあたりの逃し方も観ているほうも身体に悪い感じ。最後は岡崎が身体を生かし、(って岡崎自体は小柄だし体格がいいわけではないのに、ボールを取られない、体勢を崩してからのボディバランスの良さは特筆ものですね)ロスタイムを凌いでリーグ戦初勝利。
気になっていたDFのラインコントロールは岩下がさかんに前に押し出す声かけを繰り返していたみたいでちょっとはよくなったのか、テル抜きの中盤で今後は行くのだろうけど、淳吾がいるからボールの落ち着きどころはあるし、まぁ、大丈夫だろうとか、ヨンセンと岡崎の関係も良くなってきたし・・・と上向きだなと思わせるポイントは増えてきました。
ネガティブになるとしたら、昨シーズンに比べると無用なカードがちょっと多いかなぁ、ということとテレビじゃ俯瞰できないから、守備から攻撃への切り替えでどれくらい最終ラインが持ち上がってコンパクトにできているのか、このあたりですかね。

来週は「なにもしない」川崎フロンターレとのホーム戦。といいながら、当日「なにもしない」わけがないと思ってますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/04

神戸戦プレビュー

Dsc00163_2
ひさしぶりに試合前にBlog更新です。3月期末までの多忙さを縫って、歯医者、病院とハシゴしてみたりと疲れた1週間でした。
明日は所要があって神戸まで行けないのですが、先週HDDレコーダーを購入しスカパー!での視聴を始めたのです。ということで、今日は、自宅でイロイロしながらも、レッズ対トリニータ、その後はレイソル対アルディージャをTVで観戦しました。

思ったことツラツラと

■レッズ対トリニータ■
アレックスが戻ったことで、4バックはさらに高齢化が進んでしまった。
10代のプレイヤーが目立ち始めているけどエスパルスに10代でイキのいいのはいないなぁ。というかチームの世代交代の時期が違うのだろうケド。
前シュン、家長、ムウの前3枚は魅力的だったけど不発。交代ででてくるのも10代か・・・。大分もメンバー構成に苦労しているけど、守備は手堅い。
トリニータのエジミウソンは運動量、キープ力ともに凄いですね。ヒトリでやってのけている。
レッズは来年 さらに若返るんだろうなぁ、とりあえず王者レッズというブーム前に戻った感のある内容、あとは来年メンバーを入れ替えるともっと良くなるだろうね。

■レイソル対アルディージャ■
どっちも勝てないし、負けない試合だった。いち観客としては面白い試合だったけど、失望感の強いのは大宮のほうか?
ダイジェストで見たアントラーズ対サンガ、アルビレックス対Fマリノスもそうだけど、残り5分間で追いつけるチーム、凌げるチームがやっぱり強いんだよね。

さて、ジュビロが最下位を独走してくれそうな雰囲気があるなか、エスパルスは強い意志で勝ち点3を持ち帰ることができるのか、上位に喰らいつける雰囲気を醸し出すにはキッチリと勝っておきたいけどね。

スカパー!で見るのは確かに便利だけど、やっぱり雨に濡れようが、移動時間が非常にかかることがあっても、やっぱり、生で観戦する空気がイチバンだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »