« 川崎戦 1ー0 勝ちました | トップページ | 今日は国立西が丘 »

2009/04/13

09J1-05 川崎フロンターレ戦 観戦記

ACL参加組の川崎フロンターレとの対戦でした。シーズン序盤、やっぱり出遅れた感のあるエスパルスですが、川崎もリーグ戦は圧倒的な成績を挙げてません。この水曜日にACLでオーストラリアへ。アウェイ戦をこなして中3日間でのリーグ戦となりました。

090412_01
ここ数年では、ちょっと少なめと感じるアウェイ側スタンド。

090412_02
監督(代行)の辛さ?ヘッドコーチとしての世間話?移籍した矢島の調子?ツトさんとター坊の会話が気になります。

090412_03
ちょっと早め?と思ったが永井がベンチ入りスタート。リードするというよりは逆転狙いの時の投入だろうと思ったので、フロンターレ戦では出番があると思ってました。

090412_04
あっちにいったひとはベンチスタートです。このときはブー&ヤジ半分、拍手半分くらいでした。まぁ、ちょっと体型が変わったかなぁ。

090412_05
そんなこんなでリーグ戦ホーム初勝利を目指して試合開始。

090412_06
風向きか守備時の直射日光が視線に入るのを避けてか、エスパルスが東側からスタート。結果的に後半は風向きが逆っぽくなり、DFにとっては楽な追い風が90分間続いた感じです。

090412_07
試合開始直後から、攻められるのですが、守備だけは負けないというか、決定機を決めさせない展開でした。しかし、川崎の前4枚はホントに怖い。あっというまにドリブルで持ち込んでいかれる。

090412_08
原がファールした位置からFK。VJがミスしたらか良かったけど、このあたりまで川崎ペースが続いて、エスパルスは撥ね退けるのが手一杯。

090412_09
が、クリアしたボールを抑えた村上が芝に滑って、一樹が競り合いからボールキープ。

090412_10
で、後からきた兵働にパス。兵働はボールを保持して様子を伺う。まぁ、これまでならここでクロスを挙げても失敗するか、DFに引っかかってカウンターを喰らうのですが・・・。

090412_11
センターへの低めのクロスは、ヨンセンを超えて背後にポジションを取っていた岡ちゃんが飛び込んで決まってしまいました。横から見ている限りでは、ぇえ?!っていう感じのタイミング。岡崎のもさほど怖さを感じない単発なヘッドだったのですが、ブライドから来たためか川島の反応も遅いし、森の対応も・・・。まぁ、岡崎の大幹バランスの良さが生きたゴールかな。

090412_12
ヨンセンの抱きつきに押しつぶされそうな岡崎・・・

090412_13
問題は、この1対1を決めれなかったことでしょうかね。まぁ2点目が入ったらスイッチがさらに入って、お互いイケイケな応戦になったかもしれませんが。SBとしてレギュラーになりそうな純平。こんなチャンスを京都戦に続いて決めることができればよかったのですが、個人的にはケチが付きはじめたというか、運気もやや下がり始めているパターンです。

090412_14
最後まで森のサイド攻撃は防ぎきれなかったですね。結構 深くまで進入されてクロスを上げられていたように思えます。川崎はケンゴ以外の中盤の2人がなんだか元気がなかったというか抑えられていたというか、攻守共に目立たなかったですね。

090412_15
後半は、あっさりジュンゴを投入。リードした場面で2~3点目をセットプレイとから狙うんだろうなぁ、ボールポゼッション率を上げて、攻撃へのつなぎを滑らかにするのかな?と。
どっちにしても、健太監督にしては決断もチョイスもまともだと思いましたね。

090412_16
しっかり撥ね退けるDF、この日は純平以外の3人が接触プレイで痛んで起き上がれないシーンが目に付きました。

090412_17
アオも足を引き摺りながらも競り勝ち続けてます。というかこの2人のセンターバック、なんとなく決まり・ハマり始めてきました。岩下がムダな口を叩かずに、不満げな審判対応をせずに、守備に専念しているのがいい雰囲気を生んでいる。

090412_18
今日は・・・・と思ったら、今日もアラタが攻撃でゴール前まで近づいて自爆気味に倒れてしまいました。アラタの初ゴール、初アシストはいつだろうか。名古屋鯱の旧大森さんのような伝説をつくるのでしょうか。

090412_19
川崎は1点目がなかなか獲れないネェ、そろそろだよねぇ・・・と思ったらやっぱり。

090412_20
矢島がキターーー!しかし、ブーイングも凄かったな、ウチにしては珍しい。っていうか、とくに恨みはないが、とりあえずロースコアなので脅しておくしかない!という感じでした。

090412_21
しっかり、岩下を破壊してました(^_^;)
川崎、最後のほうは、テセと矢島の2トップに両サイドにも1人ずつで4枚トップという形になりかけてましたが、ちょっと窮屈っぽかったです。ボール持っていても前に進むだけであんまりスウィッチしたりポジションが入れ替わったりといった幻惑する動きはなかったので守りやすかったのかも。

090412_22
ということで、出て行ったひとの横で喜んでます、やっとリーグ戦ではホームで勝利です。でもナビスコでも勝っているし、そんなに待たされたという気はしませんでした。

090412_23
この後はロコロコを選手がやったりと盛り上がりましたが、ケンタ監督の策どおりに点が入って、DFが手堅く完封。守備的な攻防となったらテルとパウロで逃げ切るパターン。
DFラインからのビルドアップといい、(大量点は生れてないけど)攻撃時のパスワーク、徐々に良くなっている感はあります。2009年型チームの骨格が見えてきたと思える内容でした。

さて、初物とか未勝利チームとかには弱いエスパルス。次節は気が抜けないダービーあります。また試合が日曜日なのがなんとも遠征組み泣かせです。

|

« 川崎戦 1ー0 勝ちました | トップページ | 今日は国立西が丘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09J1-05 川崎フロンターレ戦 観戦記:

« 川崎戦 1ー0 勝ちました | トップページ | 今日は国立西が丘 »