« U-19Cup.de Bayer Leverkusen V.S PSV Eindhoven | トップページ | 大宮戦引き分け »

2008/03/30

08BL-25 MSV Duisburg V.S Hannover96

080322_22
U-19の試合を見た後は、Uバーンで隣町のデュイスブルクに移動。揺られること40分ほどで中央駅の淋しく暗い地下ホームに着いた。ブンデスリーガ最下位のMSVデュイスブルクと中位のハノーハ96の対戦を見るためにやってきたのだか、あまりサッカーの匂いはしない。それでもボルシア・ドルトムントのフラッグ、ユニを来た集団がいるので、一応安心した。

この22日はドイツ各地で1部リーグの試合があり、ミュンヘンやドルトムントでも好カードがあった。滞在地からの交通費や時間、未踏の地という条件からこの場所を選んだわけですが、
駅からはスタジアムまでのバスがあるはず。。。。。
青白のシャツを着た男女がいるはず。。。。。
がいない。。。。。。。
ということでわけもわからん状況を打開するために、駅近くの[ i ]マーク、ツーリスト・インフォメーションを目指したのですが、13時までということで、このときはすでに業務時間外で閉鎖、さすがイースター。。。。

しかたなく、諦めかけたのですが、ガラスの向こうにはマダ職員がおりましたので、ひたすらジッと見つめること3分ほど。人の気配に気づいたおばさんが通用口から声をかけてくれた、ラッキー。スタジアム行きバスの番号を聞き、お礼を述べると中央駅に戻りバス停にて待つ。が、来たバスの運転手はスタジアムには行かないという!

運転手の言葉を聴いてステップから降りた後に、道路の反対側にも同じバス停留所があったことに気づく。 そちらまで行くと、青白のユニを着込んだサポと共にスタジアムへ向かうことができた。その後、彼らが途中のバス停で降りたときは驚いたが、運転手のいうことを聞いて、スタジアム最寄のバス停で降りて左手に見えるスタジアムへ向かった。

080322_11
スタジアム周辺には駐車場が完備

080322_12
メインスタンドにはガラス張りのファンショップ、チケット売り場などなど。

080322_13
トップレベルのシートにはラウンジ等が併設されてます。ワールドカップ誘致に向け新設したスタジアムですが、3万超くらいのキャパで全席屋根付きという羨ましい施設です。実際 試合中にも降雨はありましたが、屋根も大きめで濡れることはありませんでした。

080322_14
某チームのシャッター小屋よりもいいような気がする車両型のファンショップ。 エスパルスにも欲しいですね。そうすりゃ三保でも、キャンプ地、サテライトでも販売できるでしょうに。

080322_15
ホームゴール裏、1F隅から、対角線上がアウェイサポ用ゴール裏。アウェイサポは隔離されてますが、バックスタンド指定にもチラホラ居りました。

080322_16
バックスタンド裏側にも駐車場。ハノーハのチームバス。奥にある池のほとりでビールとソーセージドックをまた食らう。気温が5度前後と寒いので、ビールも旨くないが、他に飲むもののないという感じ。

080322_17
試合前に解説者?出場しないチームメイト?により、今日の試合について見所を解説してました。

080322_18
試合前にマフラーを広げ、歌うゴール裏。下位チームとはいえ、ホームゲームということで相応の迫力です。

080322_19
試合開始前は中央で挨拶。

080322_20
いきなり前半5分にレッドカードでホームが11人、アウェイが10人に。

080322_21
とてもパルちゃんのライバルには成れない某ゼブラ君。なぜって、その口分部からひとのk(ry

080322_23
デュイスブルクが先制!と思ったらオフサイドでした。

080322_24
前半43分に失点 (この画像はポップアップします)

前半 開始早々に相手選手に喧嘩を売るにかのように、両手で突き飛ばしてしまったということでレッドカードがハノーハFWに出ました。本来 これはホームチームにアドバンテージとなるはずですが、さすがに勝っていないチームは違います。
両サイドから攻めるはずですが、勢いが見えず、不安定なまま。チャンスを生かせずに時間が経過し、前半終了間際にはついに失点してしまい劣勢となりました。

080322_25
ハーフタイムにはハノーハ96のサポ対デュイスブルクのサポでサッカーゲームがピッチで行われました。芝の手入れもやってんですけど、日本とは道具が違いましたね。鋤みたいなやつでグサグサっと均してました。

080322_26
セットプレイからチャンスが生まれてはいたのですが。

080322_27
なんとか同点になりました。

080322_28
後半は25番をトップに入れた2トップでハイボール勝負を賭け、決定機を作り出しますが、ゴール前ではずす事数回。1人少ない相手にも決定機を作られてしまいます。しかし、77分についに同点!失点したときはゴール裏からブーイングがあったのですが、同点になると俄然 会場が大いにもりあがります。逆に、追いつかれたハノーハも狭いエリアで手拍子と大声援のコールで応えます。ハノーハにはイランのハシェミアンが投入されますが、試合に加わることが出来ず、ほぼ空転。馴染んでませんね、ありゃって印象でした。

080322_29
相手も同点にされてからは手堅い守備。GKは接触プレイでケガ。テーピング処置が長引きホーム側からはまたブーイング。

080322_30

試合終了

デュイスブルク 1-1 ハノーハ96
得点   0:1 (42分,) Stajner, 1:1 (77分) Lamey
イエロー:  Filipescu(D), Daun(D) , Stajner(H) , Lala(H)
レッド    :  Hanke (H) (5分)
観衆     :  20,747人
劣勢を凌いで引き分けたハノーハ96にとっては満足できる結果かもしれませんが、デュイスブルクには悔しい引き分け。移籍期間は終了してますから、現有戦力で凌ぐのでしょうけど、まだまだ下位5チームくらいが団子レースなのでわかりませんか。

080322_31
試合終了後は、スタジアム駐車場から中央駅へ。地下鉄・バス有効チケットだと思っていた1日チケットはドイツ鉄道の鈍行(Sバーン)、RE(快速)は有効と確認できたので、帰りは2階建てのREを待って帰りました。そういや、試合のチケットには近郊交通機関の料金も入っているはずだった(^_^;)

080322_32
ちょうど帰路についたドルトムントサポーターも、デュイスブルクサポーターも同居する車内は混雑気味。彼らが乗っているのは荷物置き場ですが(^_^;)

080322_33
さて、翌日は空港からロンドンへ移動です。 しかし、このイースター期間はどこも寒かったです。

|

« U-19Cup.de Bayer Leverkusen V.S PSV Eindhoven | トップページ | 大宮戦引き分け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29219/40604974

この記事へのトラックバック一覧です: 08BL-25 MSV Duisburg V.S Hannover96:

« U-19Cup.de Bayer Leverkusen V.S PSV Eindhoven | トップページ | 大宮戦引き分け »