« 高林佑樹より | トップページ | 西が丘>日産 »

2007/10/18

これくらい

昨日は7時帰宅、8時よりエジプト戦をTV観戦。なぜか、淳吾が選ばれている、チームで調子がいいわけでもないけど、召集されて、試合に出ている。

会場で見ているわけでもないので、カメラの追い方によっては、まったく目立たん、映らん状態。たまに映っても、ヒヤッとするパスミスとか(汗

風呂に入って、本番であるU-23代表のカタール戦に備え、10時に就寝。で1時に起床・・・・・・のはずだったか、遅れること1時5分~10分からTV観戦開始。

今回は、NHK-BSが現地へ解説・実況を派遣し、テレ朝は現地映像を日本側でアテレコ状態。おかげで、NHKを見ていると、タイムラグの発生で映像よりも数秒間 実況音声が先に日本に届くという不思議な実況でした。まるで選手の動きが常に読めているみたい、“ナイスディフェンス”という声の後にDFがカットしてみたり・・・・。

まぁ、アオのシュートで先制!までは良かったけど、かなりハイスピードで追い掛け回したツケが来たのか、最後は中盤が大きく広がって、守備がサボり気味になり、簡単にクロスとかFKとか与えたからな。1-1までは勝ちにいったとしても、同点になってからの試合運びは拙い感じがしました。

上田が最後に入ったときは、なんだかオーストラリア戦で小野が投入された場面みたいだったし(どうみても、前線のデカモリシが追いきれてなかったから平山との2枚でチェイスするのかと思ったら、中盤を厚くするなんて)、水野が必ず前半で終了扱いなのは何故?とか。PK判定された後の上田のドアップとかには不謹慎ながらちょっと笑えたり。
 果ては、この流れでは勝ちきれないから、反町監督更迭して、O爺さんにやってもらったら?とまで・・・・・と悔しさ100倍で頭はグルグル。でも、3時過ぎにはもう一度就寝。

ワールドカップ予選なら93年アメリカ大会予選、97年フランス大会予選、それぞれ、どーしようもない絶望な状況はあったけど、今回はオリンピック予選で、まだ2試合あることですし、なんとか縋り付いてでも勝ち続けるしかないわけです。でも選手には、よっぽどの人生でないかぎりいまだかつてないくらい暗い1ヶ月、リーグはあるけど、インタビューのたびに引き出されるわけで、かなり(非常に)精神的なタフさが要求されることは間違いない。

ここまでくれば、本人たちの勝ちたい・生き残りたいという意欲次第でしょ、こっちとしては選手たちを信じて最後まで応援しましょう。

そうそう、試合中もエディが出てこねーなぁ、と思ったら朝起きて「ベンチ外でした」だと聞いてorz きっと、なんか悪いものでも食べて調子が出てねーとか、マイペースなんでボーとしていたのでやる気がないと思われたとかいろいろ思い当たる節はあったんですけど、まさか読んでおいてベンチ外とは。

もっとも反町監督のサッカーにいまいちあってない、ポジションがないという気もする、岡ちゃんもいなかったのでチャンスはあると思っていただけに残念。

|

« 高林佑樹より | トップページ | 西が丘>日産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これくらい:

« 高林佑樹より | トップページ | 西が丘>日産 »