« ガンバ大阪戦勝ち点3 | トップページ | 天皇杯明治大学戦 »

2007/10/28

07J1-30 ガンバ大阪戦 観戦記

予定外のホーム遠征、シーズンチケットはすでに手元には無く、生涯2度目?かなホームゴール裏1F席。往路の東名高速(下り)はとんでもない雨で4台くらい前の車までは視認できるけど、その前が空いているのかスピードが落ちているだけなのか、がまったくわからないくらい。

13時に出発、清水到着は15時半。すでに西側サイドスタンド入り口は人がいっぱいで、足元はずぶ濡れ。予定より10分前に開場、実際 入場できたのは20分後くらい。

1階席の後方に場所を確保し、激しく降る雨をしのぎながら、試合を待つこと2時間。少年サッカーも無い、パルちゃんショーも無い日本平は待ち時間の経過がつかみ難い。

いつの間にか、すっかり日も暮れたけど、試合前まではハーフライトというのは省エネですか?
071027_01
本日 フォトパルスだけが実施されて。

071027_02
選手 入場。

071027_03
立ち上がり、ガンバに続けてチャンスがあったのですが。しかし、1階には2階の応援【声援】がまったく聞こえないのは、初体感。音がまったく漏れ伝わってこない。メインスタンド側の動きを見て、あ~~~、リバイブやってんだぁ、と気づく。
 あとは、ゴールに直結する動き、ゴール前でのミス、なんかはわかり易いからか、選手への叱咤激励はダイレクトですねぇ。溜息よりは檄が目立つエリア。まさに着座しているゴール裏。、日本平でも位置取りによって客質は変わるんだなぁと。

071027_04
で、遠くのゴールに、イチからのクロスが入った、と思ったらゴール!
この前にもイチからのクロスが1本あったんですが、タイミング・長さが合わず。

071027_05
試合もよかったですが、あれだけの雨量をものともしない日本平のピッチと、両チームの技術的な高さを感じておりました。変にコケナイし、滑らない。さすが上位同士の対決。

071027_06
ガンバは失点後もボールを保持し、ゴール前に迫るのですが、エスパルスも慌てず、飛び込まず、マークを離さないで守ってます。しかし、ガンバの選手がバイタルエリアでボールを持つと、怖いです、あっという間に周りが前を向いてボールを引き出そうとします。しかし、エスパルス側のゴールキックからの競り合いや、中盤でボールキープできた後のスペースへの展開は、ウチ、こんなに上手かった?というくらい成功してました。

071027_07
守備は手堅く、雨の日、特有のボール処理を感じさせません。

071027_08
運動量が相手に勝っていたのですが、前半からこんなにチェック強く行って、後半 大丈夫なのか、とも思ってました。

071027_09
ということで雨も止んで、ハーフタイムです。芝生も冬芝に変わったのか、9月の試合からみるとかなり強い緑色になってきました。

071027_10
後半、ガンバが2枚交代枠を使って、勝負をかけてきましたが、残りはどう見ても播戸を使うとしか思えない。ここを抑えておけば、楽だな、くらいに思ってました。加地のボール処理やフォロー体制、パッとしない家長の表情(清水キラーだと思ってます)を双眼鏡で見ると、交代したガンバのメンバーに余裕を感じない。ま、体調が良くないんだろう・・・。安田は張り切って出てきましたけど、サイドからの戻りはイマイチで、守備面ではかなり負荷がかかるみたい。

071027_11
という感じでガンバが攻め込んだところを右サイドからフェルが突っ込んできてゴール。あれだけゴール前まできて、ぺナエリアで切り替えして止められたら、激怒!と思ったら素直にシュートを選択した。 パスは淳吾からとは思いませんでしたが、逆サイドにも誰かが走りこんでいて、ガンバ守備陣を分散できていたので、パスが出た瞬間で決められる!とは思ってました。

071027_12
で、次はコーナーから。このときもガンバの守備意識がゆるいなぁ、というのを感じてました。ファインダーから覗いた目とは逆に左目の視界に映るボールの軌跡を追っていた瞬間に、お、いい軌道・・・・・

071027_13
ということで、JJが併せて、ゴール!3点目だよ!!!

071027_14
明らかにガンバがおかしい、ウチから見たら、勝つという意識を分断できたゴール。後は0点に抑えるか、駄賃に1点を挙げて、一応 溜飲を下げてもらいお帰りいただくか、という試合になってきました。ペナエリアでの判定は、シュートの体制に入っていたプレイヤーを崩さないかぎりファールは取らないということだったのでしょうか?

071027_15
交代枠を使いながら、ガンバの攻撃を受け止めた・・・・・・最後に失点。よくあるパターンとはいえ、守備的な交代枠を使った意味ないじゃん。まぁ、1点取り返したあとのガンバのパワープレーはFマリノスよりも迫力は無かったように見えましたが。

071027_16
試合終了。FWの守備位置の変化には気づきませんでしたが、徹底してJJと矢島がシジクレイと競り合い、その後ろのスペースにフィードして、FWとMFが走り込んでいけたこと。バレーとの競り合いでアオが勝ち続けていたことも、ペースを握らせきれなかった要因か。

071027_17
決定機を着実にゴールにしたエスパルスが勝ちました。豪雨がなければ、18,000人は超えたんでしょうね。

071027_18
フェルのインタビューの後ろでは、冷静にクールダウンを行うガンバの方々が印象的でした。これで、優勝はほぼ決まってしまいましたが、エスパルスにはアントラーズとガンバの背中を追い続けて、なんとか抜き返していきたいです。

入場前の酷い雨には濡れてしまったけど、嬉しい勝利で気分良く帰ることができました。

|

« ガンバ大阪戦勝ち点3 | トップページ | 天皇杯明治大学戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07J1-30 ガンバ大阪戦 観戦記:

« ガンバ大阪戦勝ち点3 | トップページ | 天皇杯明治大学戦 »