« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/29

PCK2007観戦記録(6)~ボルトン対グアダラハラ戦

会場内でオフィシャルのお兄さんに聞いてみたのですが、やっぱり帰りのシャトルバスはわかりません。っていうか英語がほぼ通じません。帰りの心配をしながらも、市内だから最後はタクシーでもいいか?と思い2階席へ。カテ2といっても座席指定ではなく、エリア指定。最初に位置取りしたのは前から2列目だったのですが、地元中学生?(小学校高学年?)くらいの団体に囲まれて落ち着かないので、途中で移動。キムチ味のインスタントラーメンを食べているのですが、体調低下中のジブンにはニオイがキツイので退散。階段よりで1席空いている場所を確保し観戦。

試合ですが、メキシコ・グアダラハラの細かいパス回しと、イングランド・ボルトンのキック&ラッシュというよりは、丁寧なサイドからの攻撃、やや中盤は略な攻めという展開で、攻防は面白かった。

観客も失点後は劣勢なグアダラハラへの声援が起きたりと、見知らぬチームの試合を楽しもうという雰囲気は良かったですが、これもジブンが第3者だからで、両チームサポにしたら、韓流のテーハミンゴリズムで主導権が握られ、コールされていることは、サポートが乗っ取られている感じなんでしょう。

070714_25
選手入場

070714_26
キックオフ。ピッチが遠い。感じ的には横国ですね。

070714_27
彼らにとっては、イングランド=発炎筒なんでしょうか。赤いものを振り回しているのはイングランド人ではありませんでした。逆側も同じような演出でしたが、発炎筒はボルトン側だけです。

070714_28
小柄なメキシコチームが抵抗続けるんですけど、ボルトンは押し込みます。久しぶりに3バックのチームを見た気がしますが、3人でも守れるし、攻めることはできるんですけどね、なんだか堅守な4バックが流行っているからか、否定的な流れになってますよね。

070714_29
ボルトンのGKも守備範囲は広い。パス回しにも参加するし、キャッチ後のパスも正確。このへんは日本のGKとレベルが違うことを実感。

070714_30
で、前半終了。

070714_31
でハーフタイムショーでし。アイドル女性3人組。登場に沸き立つ韓国若者たち。ごらんのようにメインスタンド前でボランティアだか、係員まで携帯で彼女たちの写真を撮る始末。

070714_32
なんだか、判りませんが、今日も2曲ほど歌って、スタスタ退散していきました。

070714_33
ハーフタイムで交代。

070714_34
後半、ボルトンに得点が生まれる。

070714_35
当然、グアダラハラも反撃を試みるのですが、

070714_36
(;゚д゚)ァ.... 交代でアネルカ キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
アネルカ登場で回りの韓国民たちもザワザワ。
たしかに個人技のレベルが違いますなぁ、かわすのウマいし。

070714_37
ほどなく、2点目が決まったので、試合終了が見えてきました。

070714_38
22時越えて終了です。このころはなんとかモーテルまでたどり着くことしか考えてなかったですわ。

070714_39
なかなか、キレイな大邸WCスタジアムでした。しかし、Kリーグでも満員になることはないんでしょうな。今日も、昨日の試合も学生・兵隊さんが招待されていて空席を埋めておりました。しかし、このくらいの試合は、(賞金は別として)日本で開催しても充分ペイできそうな気もしないではアリマセン。

さて、ここからですが、外の売店横にあった警備詰所でシャトルバスを聞いたのですが、道の反対側のバス停を紹介され、地下道をくぐってみたのですが、シャトルバスなんていないorz

もう一度戻って、聞きなおすとスタジアム前のバス停だったといわれたが、そこにもバスはこないorz

最後は日本語ができる係員がでてきて(警備・警察官ではなかったけど彼はなんだったのだろう?)バス停前で一緒に待っていただきました、ありがとうございました。

偶然 同じようにバス待ちしていた日本人(一緒に待っていた係員のかたが発見!しかし暗い中でよく見分けがつくもんだ)と一緒になり、シャトルバスが10~15分後に着くという情報を道路警備の警官から情報を得る。

待っても待ってもシャトルバスがなかなか来ないので、タクシーに切り替えることにして日本人2人で乗り込み、無事 地下鉄駅(乗ったところとは別駅)までたどり着きました、ホントなんとか帰ってこれたという感じです。スタジアム外は、明かりも少ないし、一度目に地下道をくぐり、バス停付近で話しかけた中~高校生はたまたまか、英語がダメでした(行きにシャトルバスを教えてくれた子は話せた)。きっと集団に付いていけば坂の下にある地下鉄の大公園駅にたどり着いたとは思うのですが、アレだけ暗いとちょっと自信がありませんで、途中から引き返してみましたが結果的には正解だったと思ってます。

地下鉄に乗り込み、途中駅で日本人のかたとお別れし、東大邸駅まで戻りました。1人でなにか食料を・・・・と思ったのですが、店が良く判りません。しかたなくコンビニでハンバーガーと(おいしくない)ビールを買い込み、寝ることにしました。

070714_40

翌日は快晴。大陸的な気候で日本よりは湿度も低く、いい感じ。韓国に来て初めて晴れました。さて、今回 一番自信がなかったバスでの慶州移動です。(続く) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/28

PCK2007観戦記録(5)~ボルトン対グアダラハラ 試合前

070714_18
さて、地下鉄で30 分ほどで大公園駅に着いたのはいいのですが、カナリの距離がありそう。。。。と思ったら観光バスが5~6台縦列駐車しておりまして、聞くとスタジアムへの無料バスだという。中は地下鉄から上がって来たひとでいっぱい、ラッキー!と思いつつ、帰りはこのバスあるのかな?と心配にもなる。スタジアムまで歩けば辛いけど、帰り道は着実に覚えることができるが、乗車してしまうと情報不足。座ったまま、帰り道を確保しようと真剣に窓の外を眺めて、目標物を覚えようとした。

070714_19
この通り、地下鉄出口にはなにも表示がありません。目立つのは大邸FCの試合告知バナーだけです。

070714_20
無料シャトルバスはこのような簡素なもので、バス正面には表示がありますが、ハングルだけですので、なにを書いているのか判りませんでした。

070714_21
大邸ワールドカップスタジアム。周辺は公園になっており、ちょっとだけ施設もありましたが、ショッピングモール等はありません。

070714_22
釜山とは違って、出店もチラホラ。あいかわらずオフィシャルなパンフ等は見当たらず。
グリーンカラーに塗られたトラックではオフィシャルになっているビール会社がCF流しながら無料で試飲キャンペーン中。ということで私も1杯頂きました。しかし、韓国のビールはおいしくない。冷えているのはいいのですが、味はバドワイザーをさらに薄めたような軽い味。アルコール入りガス付き清涼飲料って感じです。
釜山ではみなかったサポーターですが、若干名メキシコ系、イングランド系のサポ(関係者?)も登場です。

070714_23
自前で横断幕を持ち込んでおりました。総勢10名くらいでしょうか?どこにでも地球上どこへでもクラブの行くところへいくヤツはおるんだな、と感心しました。

070714_24
広場で現地調達したチケット。印刷状態が悪かったので、入手後に偽モンか?と思いもしましたが、そんなことはなくて。一応半額。本日はカテゴリー2のバックスタンドで観戦するととなりました。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/27

PCK2007観戦記録(4)~サテ対東亜大学戦

070714_01
さて、リヨンとの試合翌日ですが、ジャガルチ市場で新鮮な海鮮をいただくというプランもあったのですが、韓国到着後から若干 頭痛がするのでゆっくり起きて荷物をまとめ、この後の移動を考えてエスパルスの練習場へと向かいました。練習試合は11時開始。

070714_02
で、こちらのスタジアムへ向かうのですが、台風の影響で凄い強風。傘をさすと折れそうなので帽子だけで、多少の雨をさけながら、進みますと。

070714_03
専用バスが停車中でした。 さらにスタジアム内に進むにはどうしたらいいのかな?とおもっていると大会オフィシャルポロを纏った韓国人がおりまして、交渉すると中で見てもOKと。スタンド入場口がないので、選手と同じスタジアム入口から入って、メインスタンドを登ります。

070714_04
記者席のさらに上のスペースは屋根がありまして、雨の直撃だけは凌げます。こちらでケンタ監督やら報道陣やらを視野にいれながらの観戦です。東亜大学の父兄も隣スペースにおりました。

070714_05
で、試合開始です。 試合はアレでしたが、まぁ、イエローカードが出たり、得点も獲れてましたが、それよりも強風は凄かったです。クリアボールが風で巻かれて戻ってきますし。悪天候でのボールコントロールの練習って感じですかね。

070714_06
ハーフタイムにトイレまでの通路で発見したレフリールーム!

070714_07
地上レベルではこんな感じです。試合終了後は、デマチしてましたが、天候が回復しないためか、午後の練習は中止となり、知り合ったエスパサポと釜山駅側で食事をし、移動です。KTXはホームでの入線待ちができません。出発時刻の15分前に入場ゲートが開放されて、ホームに移動できます。なんだか飛行機の国内線みたいです。

070714_08
KTX専用の入場口です。

070714_09
ホームは離れたところで歩かされます。KTXは面白いことに入場口と退出口が別々に設置されてます。隣り合わせではありません。迎えにくるひとは判りやすいですが。

070714_10
これで、東大邸駅まで一駅ですが移動。18両編成で、先頭と最後尾が機動車であとは客車という設計です。1両目には乗れません。今回は価格差も大してなかったのでグリーン車のような1stClassを選択。

070714_11
ホームが暗いでえす。ホームNo。の後ろに号車表示のアドボードがあります。

070714_12
こちらが1stClassです。2+1レイアウトです。週末ですが午後の早い時間だからか、車両内は空いてました。検札もありません。

070714_13
1時間もたたないうちに東大邸駅へ到着です。

070714_14
出口がわかりにくくて迷いましたが無事 東大邸到着。日本人もメキシコ人もイングランド人もおりませんなぁ。試合あるのか?って感じです。
駅のインフォは、日本語ダメ、英語も少々だったので、ツーリストインフォが外にあるというので、探したら、日本語堪能なスタッフが1名。スタジアムまでの乗換えと、明日の慶州までの移動について確認。
高速バスターミナル周辺にモーテルがたくさんあることを教えてもらい退散。ホテル・モーテルでお勧めを教えてくださいとお願いしたら、特定の店は教えられないとさらりとカワサレマシタ。 英語で会話したスタッフは日本語の音韻が面白いといっているのですが、といわれても当事者にはソウか?としか返答のしようがないです。

070714_15
再び東大邸駅のなかを通過し、宿を探しに高速バスターミナル方向へ。

070714_16
で、裏手にあるモーテルを飛び込みで予約。土曜日だからか40,000Kwでした。釜山の宿から見たらちょっと狭くて、通り側に窓がない部屋。しかしプラズマ大型TVがあって、HD放送がばっちり見えるといった利点が。その後、明日の慶州行きのバス時刻表を確認。30分に1本はあるし、「慶州行きのチケットください」をハングルで記述したメモをインフォで入手し、東大邸駅(地下鉄)からスタジアムへ移動です。

070714_17
大邸市にも地下鉄がありまして、1号線と2号線を乗りついでスタジアム近辺まではいけます。これが、地下鉄のチケットです。入場する時はフェリカのようにセンサーへ接触させて、降りる時は穴に入れて回収されます。最寄り駅は「大公園前駅」ですが、ここからは浦和駅から駒場までをあるくくらい?いや、もうちょっと近いかもしれませんが、2.5kmほど坂道があります。行きも帰りも歩かないと・・・・と思っていたのですが、期待に反して、この最寄駅では無料のシャトルバスがありました。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/25

ヴェルディ対セレッソ試合終了

ヴェルディ対セレッソ試合終了
序盤にセットプレーから先制、追加したヴェルディ。
運動量も少ない相手に攻めきれないセレッソ。
連戦が続いていたセレッソが不利だったけど、ベテランばかりなヴェルディも後半はいると ガッツリと動けない。ミスを突いて追加点を取れているけどね。

セレッソはこのメンバーではムリかなと思われるデキ。
15番はがんばっていたが、中盤の濱田とかはダメだった。CKがまともに飛ばないっていうのは勝てないでしょう。
ヴェルディの策にハマってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西が丘でJ2

西が丘でJ2
アジアカップ準決勝の前に、ヴェルディ対セレッソを観戦です。

中位から抜け出したい両チームですが、デカモリシとフッキのゴール奪取は観ることができるかな?
西が丘にも中型ビジョンが!
ミツビシ製!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/22

PCK2007観戦記録(3)~リヨン戦【後半】

さて、ハーフタイムといえば、トイレ休憩+間食なんですけど、韓国でのハーフタイムは・・・・・アイドルのステージらしい。
070713_21
よくわからん4人組を引きつれて搭乗いや登場したのは・・・・

070713_22
誰? ( ; ゚Д゚) <どなたかのBlogを拝見しましたが、日本のTVにもレギュラーとして出ていたことがあるそうです。 

070713_23
ということで、アイドル登場により、画面とメインスタンド前の実像に前のめりギミになる韓国ユースな面々。彼女が2曲ほど歌いまして、ショータイム終了。

070713_24
後半 開始です。

070713_25
相変わらず、チャンスは少なかったです。でも、なんとかとれんかなぁと甘い期待もしていたんですけど。

070713_26
チャンス外していたから、1-0で終了、いや1-1で終わりたい・・・。
で、ゴール前を右左に振られて、飛び込んで、ファールして・・・・ですね・・・・
070713_27
PK献上かよ!
ちなみに後半からバロッシュがでていたのは現地では気付きませんでした。(情けない)で、背番号7は誰?と思ったし、至近距離でクセもわからん同士だから・・・と思ったら。

070713_28
ネ申・・・・・・神キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
西部が一仕事。ホントDF陣と西部のパワーには頭が下がります。あとはフィードがうまくいけば、いうことないのですが。

070713_29
残り5分・・・・・追加点です。
サイドからのクロスって、Jだとゴール前に人を配するためか、サイドバックが数的不利でも1対1(または1対2)でクロス上げ勝負に行きますけど、リヨンは、徹底して2対2でサイドを深くまで、できればゴールエリア近くまで近づいてきます。
 その間にゴール前とファーサイドに味方が張り付くから、近距離シュートも低めのクロスも、ゴール正面へのパスという選択肢も生まれ、攻撃が生きるわけでして、今回 サイドから2名を侵入させることがこんなに有効だとは思いませんでした。
エスパの右サイドであれば、イチが1対1で初期対処しても、敵MFがサイドバックに加勢すると、中央のテルが右へ移動するか、兵働が下がるのですが、ここですばやくカットまたはボールを下げさせることができないと、エスパ中央が空いたまま、右サイドが押し込まれて、ズルズルといきます。
070713_30
2点目は彼のゴールでした。

070713_31
で、終了間際まで粘ったのですが、このまま終了。
シーズン前の相手に、レベル差を体感したまま終わってしまいました。

070713_32
ジャージ交換はなかったように思います・・・・。

070713_33
まぁ、3戦ともホームでやっても厳しい相手ですから、セントラルやアウェイでやったら条件が厳しくなるとは思いましたが、これほどとは。

070713_34
試合終了後は、雨の中・・・・。
ホテルまでタクシーを拾って帰ろうと思ったのですが、競争に負けてなかなか捕まらず。
結局3号線>1号線で釜山駅まで戻ります。

070713_35
彼らはリヨン側ゴール裏にいたようで、バンバンステック、配布Tシャツがリヨンものです。大会自体は、集客も悪くて、一見なんのためにやっているのか判らない部分があるのですが、某団体は健全・正常という歴史を作るために継続してやっていると思います。
 翌日釜山駅広場で、某団体が反共の写真展示と署名・募金活動をやっていたのですが、韓国とは、平和で安全な国ではなく、まだまだ休戦中な国であることを思い知らされました。 こちらではやっていることを含め非難対象でしょうけど、まだまだ利用する価値が彼の国にはあるのですね。(2日目へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/21

PCK2007観戦記録(2)~リヨン戦【前半】

さて、今回1試合の観戦ではもったいないので、翌日は韓国第3の都市といわれる大邸でのAグループ:ボルトン対グアダラハラを観戦するのを予定。釜山から大邸へはバスもあるのですが、フランスTGV系と言われる韓国高速鉄道KTXに乗りたいのもありまして、近所の釜山駅へ。

インフォブースで確認すると、釜山への戻り便は土曜日ということで23:51大邸発(0:52釜山着)がラスト、試合は20:00開始ですから、2時間近くあるのですが、大邸WCスタジアムからKTX発着の東大邸駅に掛かる移動時間が読めません。釜山3連泊は止めて釜山>東大邸の片道チケットを購入。
070713_07
(従来特急セマウル・ムグンファ用の入口、この隣にKTX専用の改札)

その後、タクシーで釜山のアシアッドスタジアムまで移動しチケットを購入。入場者の数や、雰囲気んどどんな展開になるかわからないのでとりあえず10,000kwでゴール裏を購入。いったんホームプラスという近所のショッピングセンターまで戻り、フードコートで晩御飯を食べ、試合に備えます。

070713_08
会場はごらんのように、釜山アイパーク(フェイエのような白赤のマス目柄)というKリーグチームでの開催仕様のまま、外側に専用の装飾は一切ありません。係員は一応いますがバイトみたいです。

070713_09

070713_10
チケット買う人が少ないです。通りがかった学生との会話からすると、学校で配布があったようで、ゴール裏・バックスタンド共に無料チケ。当然ダフあり。
内部ではゴール裏に売店なし、プログラム発売ナシ。大会賞金以外の運営はお粗末すぎる、日本のPSMが豪華すぎるのかもしれないですが。

070713_11
N側ゴール裏1Fがエスパゴール裏。招待されている中~高校生がぞろぞろと入ってきます。でリーダーと思しき若者がバンバンステックとエスパロゴ入りTシャツを配布し始めます。微妙に演出がかってます。エスパルスは本物のゴール裏サポと弾幕類があるからまだいいですが、逆エンドのリヨンは、大会主催側が準備した横長の弾幕や応援団旗、ほぼ100%仕立てられた韓国人によるサポーターしかおりません。

070713_12
主催者・両チームGM・社長による激励があって、それなりに仕立てられた試合が開始です。 メインスタンド1層目にはほとんど客が入ってません。

070713_13
ガラガラなスタンド。6万5千人を収容ですが、国家代表でもないとこんなものでしょうか。

070713_14
序盤にチャンスがあったのですが。

070713_15
それよりも、サイドからのアタックの精度に優れるリヨンがシュートミスしてくれて、なんとかゲームが成り立っている感じです。エスパルスはいつもなサッカーですが、勝ちにいくというより、今年のサッカーは国内で通じてないから海外でも通じないぁと。DFが踏ん張っているからなんとかなってますが、アタックはスピードも精度もフィニッシュもいつもの調子です。

070713_16
リヨンは攻守で行き詰っても、2の手、3の手が味方のフォローもよくて出てきますし、緩急のつけかたは絶妙です。

070713_17
エスパ右サイドを深く破られて、カワサレテ正面にボールが回り、近距離からズドン。Jリーグでは体験できないパターンですね。

070713_18
顔写真がユニ着用じゃなくて、ポロシャツのまま。。。大会側が入国時に無理やり撮影したのでしょうか?

070713_19
FKのチャンスもあるのですが、いつものママです。

070713_20
相手のレベルに対抗するすべが思い浮かびません。オペラグラスで確認する限りは、みんななフルパワーで対応しているのでしょうけど、攻撃でもオーガナイズドされてないというか、レベル差を見せ付けられて悔しいから、このヤロウ!削ってやる!!って抵抗している感じには見えなくて、感心しながら対抗している感じ。

エスパルスがボールボゼッションしても、イチからボランチに入っても、前へのコースが見つからず、DFからロングフィード・・・・は拾われる。兵働、淳吾が貰いにきても、前3人との距離が広すぎるのか、コースが生み出せてないのか。相手の穴がみつからないので、攻めるのも中途半端。

結果 相手ボランチが拾って、サイドから相手2人で崩されてエリア侵入を許し、ゴール前でピンチ・・・・、が連続してました。 ということで、前半は1失点でなんとかすんだよ、というのが正直な感想。国内でのPSM出場してもこの体験はできないんだろうなぁ、相手はシーズン前でフルパワーじゃないし、フルパワーならどうなるんだろう、久しぶりに絶望感を軽く感じながら、1点欲しいと思いながらハーフタイム。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCK2007観戦記録(1)~釜山へ移動

いろいろ物議を醸し出したピースカップ。日程を最初に確認した時は、試合日程には、エスパルスは土・日開催がなく遠征はムリ・無駄じゃないかな?と思ったですが、途中で月曜日が休みな3連休で、仕事のスケジュール表を確認すると13日金曜日はブランク。

1試合だけなら、なんとかなるんじゃない?と思い始め、一応 休暇届をさりげなく提出。ダメならダメで休暇取消でよしだし。 格安航空券での渡航を計画すると、大韓航空・アシアナ・マレーシアとかが成田>仁川>釜山が3~5万円台で安いものの、仁川>釜山というもの(国際便)仁川>(国内便)金浦でトランジットが3時間、試合開始前になんとか到着というのはトラブルがあったことを考えるとチョット保留。

結局 マイル溜めることも考えてJALのWebで予約して、昼過ぎには釜山に到着したのは14時。前日までに荷物をパッケージして、前日夜に貴重品を詰めこんだんですが、忘れ物は、携帯用のSDメモリと現金カード。成田で下ろせばいいやと思っていたのに渡航用財布にいれたのはクレカが2枚だけ(^^ゞ

070713_001
久しぶりの第2ターミナルです。

070713_02
アナウンスでは台風が接近中ということで揺れます!といわれてましたが、そこまでの影響はなし。さすがに成田でオレンジはいないなぁ・・・・と思っていたら社長!がおりました。しかし、ワンワールドメンバーのJALがスカイチームの大韓航空とのコードシェアって良く判りませんなぁ。

070713_03
冷やし中華でした。しかし搭乗時間90分は近すぎです、機内食も簡単なものに。

070713_002
釜山のキメ空港は国際空港なんですけど、5月に行った広島空港のほうがまだ、広いかも。空港内では白?タクシーの運転手が乗らないか?と声をかけてきますが、到着時 最初の目的は今日の宿を確保することなのです。しつこいので要らない!と断り、案内所・インフォデスクを探します。
宿は、前々から台風の影響があったので、渡航不可までを予測して、前日くらいでイイやと思っていたら、某予約サイトでは「受付終了」表示(゚Д゚;) 

流暢な日本語を操るお姉さんに相談して、予算と翌日の移動を考えて、ソウル駅側のモーテルを紹介してもらいまして、バスで移動します。

070713_003
3番乗り場で路線No.201表示のバスにて市内まで。15分に1本くらいです。地下鉄1号線に乗り換えるため、西面のロッテ百貨店あたりで降りようと思いながら素で乗車。走り出してから、乗る時に運転手に停めてくれ!と頼むのを忘れ、地図でルートを確認しながら緊張のまま乗車継続。

070713_004
運賃は快速タイプで1,500kw。電話機みたいにみえるのはICカードのセンサー、フェリカみたいなものやら、携帯につけたアクセサリーをピッっとさせて地元民は払っております。

070713_04
川を越えて市内に入ると、曇から雨へ天候が変化。スタジアムは屋根付きだったために、雨対策はあまり持込してないが、なんとかなるかなぁ。

070713_05
無事 地下鉄への乗り換えも成功し、釜山駅側のモーテルへ。案内所でも、最初はネットで50%ディスカウントしているアリランホテルはどうか?と聞いたのですが、古くて汚いからやめたほうが良いというので、このモーテルへ。7階の部屋からは釜山の港が見えますし、鉄道ホームもみえます。モーテルなのに健全です。

070713_06
ダブルベットのスタンダードルームにインターネット付き、が平日ということで35,000kwでした。トイレもバスルームもそこそこです。紙も流してダイジョウブだったし。まぁ、ソウルのゲストハウスを思い起こせば快適です。というか広すぎです。

だらっとしている体がいやになり、シャワーで汗を流して、ちょっと横になるとあっというまに5時近く。ということで明日のKTXチケット入手とピースカップ観戦に向けてスタジアムへ移動です。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/20

PCK2007観戦記

070713_01
持ち込んだデジカメで使い切ったCFは512MB1枚+少々。

Mixiにはちょっとだけ映像付きで書き込んでますが、

いつもどおりにアップしたいんですけど。

ど~~~っ~~~っと。

っ~~~か、疲れた。( ´O)η ファ~

ギリギリ仕事>翌朝韓国>帰国翌日プチ出張のダイレクト攻撃

ということで明日から休日を使って少しずつ、今日はゴメンナサイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/16

日本に到着

日本に到着
最後でトラブルがありましたが、なんとか無事に帰ってくることができました。
空港に漂うカレーの匂いが食欲を誘いますが(笑)、国内線への乗り換えで時間がない!


テレビでみましたが、台風のつぎは地震ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/15

慶州へ

慶州へ
KTXでデグへ移動し、無事 ボルトン対グアデアハラの試合は観戦できました。 今からバスで移動します。期待の世界遺産は見ることはできるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/14

練習試合終わり

前半平松とコウタで2対0、 後半西沢と純平で2対0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東亜大学戦

東亜大学戦
おはようございます!練習試合開始です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/13

リヨン戦試合開始

リヨン戦試合開始
選手紹介終わり、そろそろ始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行ってきます

行ってきます
成田まできて、いきなり銀行カードを忘れたことに気付いたんですが、大丈夫でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/08

07J2-26 水戸対東京V 観戦記

070707_00
袋田の滝をみてから、トボトボと駅まで歩きました。
本日の出発点はこちらです。
070707_011
水戸行き列車待ちのときに現れた郡山行きの電車です。
一応1時間に1本くらいはありますね。

070707_01
郡山から水戸への水郡線。
軽快なディーゼル車両ワンマンカーで旅してました。

今週末はJ1がお休み(負けたナビスコはスルー)。よって個人的にJ2ウィークということでしたが、迷った末というか、お仕事の関係上 間に合うのはなんとこのゲーム(^^ゞ 笠松じゃなくて水戸陸上でもなくて、ひたちなか市、駅は勝田駅です。
070707_02
が、ですが、J2アウェイな洗礼が多すぎです。いや、ヴェルディサポじゃないのでアウェイじゃなんですけどね。過去 いろいろなスタジアムに観戦に行ってますが、かなりの難易度を感じました。あれでシャトルバスって(笑 って感じです。 勝田駅では帰りの上野方面特急の発車時刻を確認。18時スタート試合であればエンドは19時45分から20時台前半。マイカー族が多い地方スタで水戸の集客力は3千人位だろうし、バスは10分ちょっとでつくだろうと思い20:46発の特急を予約しました。

070707_03
たいした下調べもせずに当日券を買ってゆったりと観戦のはずでしたが、シャトルバスが・・・・居ません。どうやら30分に1本なんですが、しかも、ホントに1台だけです。スタジアム目前の交差点では右折渋滞し、広大な原っぱに停める地元マイカーの群れを横目にバスは追い越しをかけます。この駐車場を見ると、交通整理の警官も警備員もいないし、こりゃ帰れないなぁとやや深刻に考え、結論的には残り5分での脱出を決意。タダチケット配布効果もあり、スタジアムは水戸なのに(?_?)と思うくらいの集客。そりゃ相手が一応ラモスとかがいるヴェルディというのはあるのですが、メインスタンドよりもバックスタンドが埋まっているのには驚きました。到着はなんと試合開始直前の18時ちょうど。

070707_04
メインスタンドのチケットを1枚購入してなかに入りましたが、売店はスタジアム内には設置されておらず、再入場のスタンプを頂いて外のテントまで買いに出かけなければなりません。しかし、行列の捌きかたも遅くて活気もないことから、今日は購入しないで過すことを決意。幸い駅前で購入したパンを手に飢え感と寒さを凌ぎます。このスタジアムは海に近いということで当日はかなり風が強くて半袖では寒いくらいでした。

070707_05
(ヴェルディ先発です、まぁ若いのがいないなぁ。)
水戸の状況というのは、J2というかプロ球団の運営としては最低レベルの内容で、人も体制も足りない中でなんとかやってます、ということでしょう。少なくとも臨時バス停までの道には投光機も球団スタッフも居なかったし、タクシーは?タクシー乗り場は?と聞いたら乗り場にはタクシーは居ないので、予め電話で自分で呼んでください、と言われました。アウェイサポなら切れるだろうなぁ、でも、そういうおばさん(お姉さん)もそういうしかないんだろう、という人員具合です、人が足りてません。

070707_06
(水戸先発です・・・・・しかし、電光掲示板もスコアボードもないんですけどね。)

試合については、事前にwebやエルゴラで読んだとおりで、下位ながらもアグレッシブな水戸と、相変わらずベテランと外国人頼りのヴェルディ、どっちがいいサッカーをやっているのかという比較論なら水戸です。ただ悲しいくらいに技術も筋力も足りません。せっかく奪取できたボールも僅かな(ささいな)コントロールミスでサイドを割ったり、相手にプレゼントしたりと、決めることができません。ボール貰うポジションやアングルの作り方はJ1に比べると基本的なことができてません、なにより走ることに、チェックすることでイッパイな感じです。
070707_07_1
富澤のパンツがヘン、ブルマ?短パン??

070707_08
風がホント強かったです、結構人がいるなぁ、さすがにタダは効くなぁ、といってもこれが徳島あたりとの対戦なら微妙な感じだろうけど。

070707_09
前半からチャンスは水戸が多くてですね。

070707_10
ラモス&哲二

070707_11
チャンスはあるんだけどね、風上の前半でなんとかしたかったですし、できそうだったんですが、精度も運もやや無い。

070707_12
ということで前半は終了。

070707_13
マスコット自らがディスプレイを行います、七夕で雨にならないなんてラッキーです。

070707_14
後半 GKが傷みます。ぁ、スコアボードを見つけました(^^ゞ
こんなところにあっても誰がみえるんじゃい(恕、って感じ。

070707_15
MFも傷みます。カラダは張っているんですよ、みなそれぞれ。だからこそ結果が欲しいですなぁ。

070707_16
後半 廣山入れたヴェルディにもチャンスが生まれてきました。

070707_17
で、永井が入ったりして、さらに攻勢をかけようとするのですが。まぁ、ボールだけが繋がっているんで、鋭い・速いっていうのは無いですね。

070707_18
さらに水戸はムラジュン投入。入ってから2度ほどミスがありまして、病み上がりはダメかなと思ったんですが、結構信頼されているみたいでボールが彼に集まりますなぁ。

070707_19
で、ミスから水戸ゴール前に運ばれて、ゴールが決まってしまいました。この直前までは水戸ペースで、今日は引き分けかな、と思ってましたが、ヴェルディにゴールが生まれました。

070707_20
のこり10分も無かったと思いますが。

070707_21
お互いに交代枠を使い始めます。ムラジュンを投入したことは攻撃するということでしょうし、多少のミスは仕方がないとおもっていたんでしょう。プレースキックも前半のキッカーよりはよかったですし、ビジュが獲得できるならもうひとりくらい外国人枠が使えるとらくなんでしょうけど、そういう運営状況ではないんでしょうね。

070707_22
残り時間も攻撃的に攻めることは攻めるんですけど、ヴェルディも耐えるのはしたたかにできるチームだし。

070707_23
交代枠を使っていきます。水戸はさらに外人FWを投入。

070707_24
このあたりで脱出です。試合はこのまま終了したみたいです。
試合終了後20:20にバスが出るという話でしたが、20:00には終わっている試合で30分以上後が始発バスの設定がまさにアウェイ(^^ゞ
バスの運行は水戸のHPに謝罪が乗ってましたが、バス会社の運行責任にして逃げてましたが、集客を把握し切れてないから増発の交渉ができてないんじゃないですかね、このあたりもなぁ。

私はたまたま公園内のタクシー乗り場にむかったら、客待ち(他人が予約済)が1台おりまして、運転手さんにもう一台の配車を依頼しました。約10分ほどで到着し、相乗りを募りブタグタな道路とバス待ち列を横目に勝田駅に無事到着。運転手さん、こっちに野球の話題を振ってくるし、会話に夢中になったおかげでメーターを動かすのを忘れてましたが(笑 貴重な地元話も聞けたし、それはそれで面白かったですね。

070707_30

この試合 ヴェルディのGKに一度でもミスがあれば、先にゴールを決めたのは水戸だったかもしれません。そのくらい水戸も頑張ってます。逆に、ボロボロになりながらも勝ちを拾っているのがヴェルディですが、レフリーへの抗議が目立つだけで勝ちパターンは見出せてません。今後もFWフッキを中心に、相手チームのマークは厳しさを増でしょうし、逆にセンターのDFにはスピードが足りてません。最後まで3ラインをコンパクトにキープできていたのは水戸だったし、ヴェルディは間延びしてました。

首位札幌も含め上位陣は下位チームとの対戦時にはこんな苦しい戦いが続くし、焦れないで僅差勝ちを重ねていくことがJ1昇格へと結びついていくのでしょうな。

ということでJ2に落ちるのは止めて欲しいというのをあらためて感じさせてくれた観戦旅行でした。次回は西が丘かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/01

07J1-18柏レイソル戦 観戦記

アジアカップ中断前の試合となった柏戦でしたが、フェルナンジーニョが不在で、前半途中からは相手が10人という条件では、どん底から脱したのか?を判断するのは難しいかもしれません。しかし、3得点と勝ち点3という結果が出たことがいまのチームにとっては最良の薬かも。

070630_02
ということでいつもの交差点から見えるボードです。

070630_03
前売り完売ということでした。今日はメインスタンド観戦だし、とおもって一度はここをスタスタ通過してさらにホーム側へ歩いてしまいましたが、「アウェイ入口」じゃなくて、「アウェイ【側】」なんで、ここでよかったんですね(^^ゞ

070630_04
ですでに宴会っていうか、盆踊り大会?みたいな会場に突入。地鶏の焼鳥がうまそうでした。カレーもウマそうでした。しかし、試合開始16時っていうのが微妙(>_<) 帰って晩飯を食うことを考えるとここは我慢。。。

070630_05
ということで柏戦です。すでに4試合目です。

070630_06
アップ開始、少し日も射し込んできました。

070630_07
曇天のなかですが、試合開始です。本日の主役は審判団でした。

070630_08

070630_09
プレスをかける柏の攻勢にどたばたしたのですが。FWが踏ん張ってロングフィードからのトラップ&ボールキープを成功させると。

070630_10
右サイド和道から左の奥にロングパスが出て、適当なクロスを岡ちゃんが併せて先制。和道のパスも良かったけど、先週から左で攻めあがれる「まで」は進歩しているアラタ。守備優先なんでしょうけど、これくらい横に振りきるパスが出せるといいですね。

070630_11
で、市川へのチェックでイエローが菅沼に出るんですが。<まぁ、妥当かな。

070630_12
谷澤へのカードはレッドというのが良く判らんです。キット目の前でよく見えてたんでしょうけどね。ここで追加点が取れると楽だな・・・・・・。

070630_13
淳吾がキッチリ決めて

070630_14
2点目ゲット。先制すると負けないパターンだし、これで今日は決まりかな・・・・、と思ってました。

070630_15
その後も、攻めるんですけど、柏も残り時間を粘ります。矢島は胸トラ以外はヘタレでしたね。足元と頭にくるパスは苦手みたい。同じ足元でもちょっとでもスペースがあると競り出たりするのがウマいんだけど、きっちり足元に入ってくると動けないし視野がまだ狭いかなぁ。

フェルがいないことで、しっかりパスが廻って、淳吾・兵働が遠慮することなく中盤を動いているってことは希望が見えていたんですけど、それが上位2チームに通用するのかな?という感じもしないではない。

070630_16
前半のこり2分

070630_17
後半もサイドからクロスが上がって、フリーの岡ちゃんが2点目を

070630_18
ゲットです、3-0だと。

070630_19
さらには、淳吾のFKも前よりいい感じで飛びます。左からのボールをゴール前で併せるという惜しいシュートもありました。

070630_20
柏は交代で入ったスーパー速いFWドゥンビアがかき回して、PKをゲット。まぁ、岩下が狙われたの半分、主審の判断半分でしたかね。しかし、出る試合全て足を攣っているってどういう鍛え方なんでしょう。緊張するタイプとは思えないんですけど。

070630_21
1万2千人未満でも完売するスタジアム。でも人気高いですな。

070630_22
ゆっきー登場。右からクロス上げるというよりは、真ん中気味にやっていたみたいですが、カラダ黒すぎ、焦げすぎ、皮膚焼き過ぎだぞ、元気そうでした。

070630_23
後半のこり3分。

070630_24
で、アンデルソンが投入されます。短すぎて判らんですが、守備でも攻撃時でも指示を回りに出すあたりはJリーグに慣れている感じ。

070630_25
無事 試合終了。なんっていうか、主審の判断で崩れた試合でしたな。柏はプレスが激しいだけにラフ気味なところをきっちり取られると厳しいんですかね。あとは視野が広いチームで逆サイドに振られ続けると辛いみたい。

070630_26
おつかれさんでした。

070630_27
また、来年ということで。ストーリー的には天皇杯で対戦し、太田にきっちりヤラレルとウチらしいんですけど、そんな組み合わせになるでしょうか?

いや、3月から走り続けてきて、さすがにコッチも疲れました。7月は韓国遠征がありますが、国内では8月のオールスターまでしばらく観戦は中断ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »