« 新潟戦勝ちました! | トップページ | 水曜日の裏側 »

2007/05/13

07J1-11アルビレックス新潟戦 観戦記

070512_01
東名(下り)での事故渋滞が響いて、到着したのは開門後。ということでアレやらこれやらと買いたいものは買えずに大人しく遅めの昼食となりまして、あっという間にパルちゃんショーがはじまって。

070512_02

070512_03
さすがにGWのダービーの反動は大きくて、5月最後のホームゲームでしたが、観客動員は少なめ。それでも、水曜日の勝ちが大きかったのか、ここで分の悪い新潟に負けることは上位争いから一歩脱落、サポーターの声援は比較的強めだったです。

070512_04
新潟の狙いは、他チームと同じで、中盤をワイドにサイドチェンジをして、エスパルスの中盤を疲れさせることだったと思います。クロスはハイボールではなく、早く低めのボールでセンターバックとの競り合いを避ける方法。しかし、守備では松下と内田が守る新潟右サイドは掻き回されて、溜めて右に展開されるし、岡とフェルが微妙な位置取りで本間と千葉が混乱して、チャンスが生まれて2点が取れた、っという感じでしょうか。右の坂本隊長も踏ん張っているのですが、イチの突破を遅らせるのが手一杯といった感じで、前線への攻撃参加ができてません。
070512_05

070512_06

070512_07
岡崎は枝村ほどの切り替えの早さとか、チャンス時の縦スピードの突進力、フィニッシュパスの精度はないですが、ボールをキープしたときの安定感や足元の競り合いでは強くキープできて負けないのが魅力。中盤でサイドにはたかなくても力強く持ち込めます。

070512_08

070512_09

070512_10

070512_11
前半チャンスから先制できたエスパルスに対し、新潟がやや持ち直してきた中盤。こっちに傾いたのは、JJからの浮き球パスに走った淳吾に対し、新潟DFはボール落下位置を競ることなく、腕でおして倒してしまった(ように見られた)。DFからみれば、体入れたツイデであって、本来倒れるほどの力は入っていない。病み上がりの淳吾が勝手に倒れたと思いましたが、主審の判定はPK。たしかにエリア内ですが、浮いたボールのバウンドが高めで、落下してくるボール、淳吾のポジション、GKの位置を考えるとゴールがそのまま生まれるほどではないので、冷静にクリアまたは間合いを詰めるだけでいいかと思いましたが、演技と主審の判断にヤラレタ感じです。実際 このあと新潟選手による主審への「囲み」がPK前と前半終了後にあり、後半終了前のPKゲットに結びつくのですから、横浜FC戦での判定といい、抗議の仕方は審判によってマチマチだなと思います。
070512_12

070512_13

070512_14

070512_15
事実上 前半の2点が後半を楽にし、3点目が入ったことで新潟は勝つ気力はなくなっていたと思います。特に前線の2人へのクロスがほぼ封じ込まれていたわけで、鈴木シンゴの単独突破もキレはなく、深井とかの前線追加策もだれがボールを供給できるのかイマイチわからんまま終わったし。

070512_16

070512_17

070512_18

070512_19

070512_20

070512_21

070512_22

070512_23
新潟の3点目は、どうみてもガス欠な淳吾を交代させないまま90分を使おうとしたベンチワークによって発生したと思ってます。中盤から前へのメンバー交代を行った新潟に対して、前線での守備とカウンターを生かすなら。相変わらず交代策は遅いし、主力メンバーにはサディスチックな仕打ちが多いですね。

070512_24
お疲れ様でした。。。。 ウチ的には広島とか仙台あたりへの遠征イメージですかね。

070512_25
いままでイライラしていた前半のチャンスを生かし得点ができるとこれほどラクになるのか、といった試合でした。怪我人はいるけど、チーム力は向上中です。
後は、イエローの貯まり始めてきたDF陣、特に市川の代役が誰でいつチャンスが生まれるか?あたりですかね。

しかし、なんで兵働は若いのにひょうどう「さん」で、藤本は「ジュンゴ」なんでしょうか?ジュンゴさんとかジュンゴくんとかはないんですね。イチはいまだにイチさんとはいわれず、「イチ」または「イチクン」だし。

|

« 新潟戦勝ちました! | トップページ | 水曜日の裏側 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07J1-11アルビレックス新潟戦 観戦記:

« 新潟戦勝ちました! | トップページ | 水曜日の裏側 »