« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/30

静岡ダービーに向けて

Dby_05
去年はエコパ使ったんですね(と今更気づいた)。

それくらい2年前の対戦が印象的ですから。

ノブリン追い出して、ケンタが監督就任、山西が移籍で来て。

それまでのツケが来ていたチームは状況最悪、

降格レース突入のなかで追いついて引き分けた試合。

開幕戦に続いて、コレオグラフィーをやるということが

発表されましたので右にバナー付けました。

オリジナルが大きいので50%に縮小しております。

で、前回ダイラでの対戦をダイジェストで作ってみました。

盛り上げていきましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/29

本日の作業内容

いや、実際は昨日のよるあたりからぽつぽつやっていたんですけどね。負けて(いや負けてないけど)ふて腐れながら、Googleで探し当てたblogを登録追加しました。

拾い切れてないblogについては引き続きご指摘募集中です。

スポナビにblog機能があるのが新鮮とか、So-Net、yahooでブログを書いている人が意外と多いのにはちょっと驚き。Web2.0が先端といいながらも、普及してくると飽きる層がいるわけで、すっかり自分の活動範囲が狭かったことを反省。

ということで、新横浜で携帯が突如壊れて、代替機で活動中です。<関係者各位

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/28

07J1-08横浜FC戦 観戦記

大学生相手に大差で勝って、リハビリしたつもりでしたが。結果は自滅的な引き分け。自主的な改善を求めて、枝村以外の先発陣はほぼ継続的で予想通り。

これまでの劣勢を挽回する下位相手のチャンスを生かせずに、片山主審のジャッジ基準に拘り、目の前を突破できないのですから、自滅でしょう。

これが今期のどん底であることを、この壁を乗り越えてくれることを、そう願って3日のダービーにまた足を運びます。こちらにできるのはそれだけですし。

070428_01
横国は広大な土地。人がいても空き地に見えます。
なぜ、横酷でやらなければならないのでしょう。
目標7万で実績は1.5万人。
達成できる見込みがない数値は目標じゃないですよ、夢です。

070428_02
和田くん、元気でした。辻尾の獲得でさらに微妙な立場ですな。

070428_03

070428_04
J1で350試合ってことは、J2あわせたら400試合超ですか。

070428_06
得点後 だれかを探しているのか?

070428_07
意中の人は見つかったようです。

070428_08
ショートコーナーをかっさわれたりするし。

070428_09
カズは途中で予想通り交代。
ベテラン順で交代していくのですが、交代枠の若い~中堅のほうが当然 走れますしプレスが掛かります。前半を守備的に安定して凌ぐためのベテランなんでしょうか?

070428_10
で、ウッチーが交代して、すぐにあったFKを

070428_11
押し込んでゴール。
なんとなくですが、クリアに入った時点でゴールラインは割っていたように思えましたが、まぁ、FKをモノにできないチームがいうことじゃないです。

070428_12
はいはぃ、まだ同点ですよ。
一昨年は同点だとがっくりアンドやバイ、
去年は追いつけるかなとドキドキ、
今年はマタダヨ
って思うのは私だけ?

070428_13
なぜかFKはフェルが蹴るのですが、いいことは無いですね。

070428_14
淳吾は・・・・・・・・。

070428_15
フェルはこれで交代、浩太が入ります。2人の前に西澤がすでに入ってますが、JJと西澤ってツインタワーってほどでもないですね。

070428_16
浩太が出てきてもなぁ、というか選択肢がないのでしょうか。これまでのケンタ監督なら原で博打したかもしれませんが、余裕がないというか、なんとか勝ち点という思いからだったのでしょうか?

070428_17
終了後 詰め寄る西澤。なんかおなじみのシーンになりつつあります(^^ゞ
主審にどうのういうよりは、試合中にアピールとにらみを付け、さりげなく抗議と確認していくのが先決だと思うのですが、終了後の囲みは印象悪し、です。それだけ余裕がないということ。

070428_18
審判へのブーか、選手へのブーかは微妙ですが、なんとか粘ったようにも思えました。岡ちゃんも先発したのだから、シュートを譲ることは無いかと思います。

次節はダービーです、かなり不安ですが、上しかないのですから行くしかないでしょう!
そろそろ焼肉集会か青空ミーティングですな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

6億円のチャンス

開設したのにあんまり使っていないイーバンクからのお知らせがきたのですが、ランダムに出てくる本当に当たりそうも無いサッカークジですが、キャリーオーバーで現在6億円が当選するかもチャンスですね。

こんなチャンスに強力、いや興梠、いいや、協力しなくていいので明日はきっちり勝たないといけません。エスパルスは明日の13時開始ということで第1試合です。いきなり期待を持たせないように。。。。

とりあえず、遠征費を稼ぐため400円くらい投資してみますが、ナニカ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/26

J.B.アンテナ清水 更新しました。

こんばんは、アンテナ更新のお知らせです。

エスパルスオフィシャルから選手ブログ、Yahooブログなどを追加しました。

なお、オフィシャル系にはブログ名の先頭にアイコンを追加したつもりです。

一部、RSSに対応していないサイトは、こちら「なんでもRSS 0.1b」を利用して登録し、動作確認中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドリコムRSSリーダー登録作業中

こんばんは。J.B.アンテナはドリコムRSSを使ってます。昨日はこのうち「ブログリスト」の修正を行ったのですが、どうやら、「RSSリーダー」のほうが登録等の作業性が良いらしいので、「RSSリーダー」での登録作業を進めております。今日は自分が見たことのあるエスパ系ブログの登録を行っております。

また、エクスポート・インポート機能を使い、「ブログリスト」と「RSSリーダー」の内容統一を完了しました。

「J.B.アンテナ 清水」のリストでなにか問題等がありましたら、ご意見をお寄せください。また、アンテナへの登録等のご希望は、こちらから承っております。

当ブログの右サイドにも、マイリストにJ.B.アンテナを設置しました。スクロールできるようにカスタマイズも完了しておりますのでご利用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/24

JBA事務所-清水分室 始めました

こんばんは、かわぐちです。。。。

このたび[ J . B . A n t e n n a ]清水分室の管理人をやることになりました。

たいしたことはできませんが、これからも宜しくお願いします。<(_ _)>

早速、本ブログの右サイドバーにはいろいろ細工を始めたのですが、久しぶりに弄っていたら、戻らなくなりました(;つД`)

ぁ、本日の作業としましては、JBA清水分室のブログリストを掃除しました。

△閉鎖されたとおもわれる2件を削除。

▽移転が反映されてなかった1件を修正。

追加登録についても随時行いますので、エスパ系ブログで登録してほしいサイトが

ございましたら、コチラからご一報をお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007/04/23

集客目標7万人

次節の対戦相手は、集客目標を7万人としているそうです。

前回 鹿島戦の集客は19,367人でした。

で、さらにこうするそうです。

2007/04/18: 28日も70000人プロジェクト!横浜FCこどもの日で高校生以下全員無料!

2007/04/18: 28日清水エスパルス戦、AB小中高席を既にお買い求めの方へ
4月28日(土)清水エスパルス戦の、A席(バックスタンド)、B席(横浜FCゴール裏)の小中高席を既にお買い求めの方は、試合当日、東ゲートクラブメンバーテントにて購入代金をご返金させていただきます。購入済みのチケットを必ずお持ちの上、お越しください。S席(メインスタンド)、C席(アウェイ側ゴール裏)の小中高席は対象外となりますので、予めご了承ください。

ということで、他チームの施策だし、どうでもいいのですが、

商売ヘタ(失礼)

ということが良く判りました。。。

C席分はエスパルスと交渉して、横浜FCとの両チームが半分持ちで無料とかできないのでしょうか。こどもまで差別すること無いでしょう。前売1,000円~500円のチケットで7万人も呼びたいのであれば、アウェイの動員力は利用すべきと思うのですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/22

07J1-07鹿島アントラーズ戦 観戦記

調子があがらないチーム状況に対し、ケンタ監督がとった施策は、藤本が左、兵働が右の中盤。対する鹿島も結果は出ていなかったが、柳沢が得点を取っていることと野沢が復帰した事が大きく、容易には勝てない相手だと思っていました。

 実際、中盤はほぼ同じタイプのダイヤ型で、清水との違いは4人の役割が比較的流動的であり、連動した攻撃。 守備時のカバーは長年チームとして身についている鹿島に対し、清水は前3人と後1人の動きは固定的であり、なんというか、、、、「ちびくろさんぼの虎バターのようにグルグルは動けない」かな。グルグル動いているのは鹿島であって、縦と定位置キープが主体の清水の中盤は怖くない。

 フォワードの2人についても、柳沢とマルキがスペースを見つけ出してDFを脅かすことに対し、JJとフェルはカラミが少ないのが明らか。フェルはボールキープが相手を探しての横ドリブルが多くて前には進めず、キープができずに失うと鹿島の中盤が攻撃を開始できるという悪循環。藤本も各チーム対策が進んでいて、近距離FKは与えないし、サイドではマークを厚くし、2対1でブロック、ドリブルもさせないといった感じで兵働のヘルプ待ちが多い。

 それでも、開始直後の攻勢をかわした後 前半はショートパスを4本、5本と繋ぐことでサイドからの攻撃は成功していた。ただ、決定的なチャンスはJJのミス(やや想定していた位置よりも後方にクロスが来たとはいえ)があったこともあり、1失点後の市川ミドル弾で追いつくに留まった。

 要するに、

「得点できるチャンスはできているけど、シュートミスから決めきれない」

「ミスをしたあとのリカバーができず、ペースを奪われる」

「失点するとチャージをかけることはできているが、薙ぎ倒すまでは至らない」

「特定選手不調には我慢しているが、周りはカバーできてない」

といった感じでしょうか。

 上位を狙うといったあたりでも、そろそろ期限がくるのかもしれません。ナビスコの予選突破が絶望的な確率である以上、リーグ戦の興味が薄れる結果は、今年の改革が終焉することを意味しているので、此処からの3連戦(横浜FC、磐田、G大阪)はきついものになりました。そういう状況に至ったのは自分たちの戦った結果ですので、U-22じゃないですが、自分たちでミーティングでもしてみたらいかがでしょう。

 昨日の試合で気付いたかたもいらっしゃると思いますが、MDPの記載の主審は片山さん。実際は長田さんでした(副審の変更はなし)。MDPが間違えてなかったとすると、木曜日夜には印刷・製本されるでしょうから、片山さんは体調不良かなんかで直前に変更されたのでしょうか。

 オリベイラ監督の記者会見では興味深い(去年の鹿島監督と同じような警告)発言がありました。指摘については、その通りだと思いますし、JFA審判部の指導事項(フェアなハードプレイ、つまらないところではシャツの裾はパンツの中になど)を遵守した主審ほど現場から苦言が強く出ていると思います。

 ジャッジについてはお互い様ですのでなにも言いたくないですが、不安定な副審ラインコントロールを生かした鹿島、生かせなかった清水では試合における冷静さとコミュニケーション力が違ったのではないでしょうか。そこを生かせ!とはいいませんが、後半はあやふやなその存在を知らなかったということはないはずですし。

070422_01
入場

070422_02
本日のお客様
しかし・・・・・・・・減ったなぁサポ(お互い様か?)

070422_03
「サッポロボールサンクスデー」です。

070422_04
前半開始

070422_05
で、アヤフヤなかた

070422_06
柳沢が得点

070422_07
市川のゴール。現在 DFがチーム得点王っていうのが。

070422_08
狙われてます。

070422_09
青山が激しく怒っていたのですが、やっぱり疲れていたからか。
後半の終わりごろには走れなくなっていたし。

070422_10
前半は同点で終わります。

070422_12
いきなり失点。FW2枚で得点できるのがチーム状況の違い。

070422_13
狙いますが

070422_14
狙いますが

070422_15
狙うんですが

070422_16
怒涛のように狙い、攻撃するのですが。
大岩投入で相手も最後は守備を固めてます。

070422_17
岩政KOしたのは西澤か?
にしても、うごけなかったは落下時か接触時に頭を打ったのでしょうか?

070422_18
終わってはいないけど、
結果を求めるシーズンとしては、がけっぷちかも。です。

次節は、がんばりましょう。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/21

鹿島戦負けました。

鹿島戦負けました。
鹿島のプレスがきつかったけど、後半 立ち上がりの失点はイタい。
マダマダ前節引きずっているなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿島戦

鹿島戦
まだ、雨は降ってません。そして、風が強いです。
勝ちますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/15

07J1-06川崎フロンターレ戦 観戦記

070415_23
川崎的には、「打倒オレンジ!」ということで、創設以来の初勝利。
数々の営業努力が実ったということでこれにて完結。。。。。
ぃや、やっぱり人がいいなぁ。ウチハ。。。。orz

バックパスに対するご意見は選手とサポでは以前から意見が分かれてましたが、どうやら今の状態では、サポの意見のほうが正しいらしい(^^ゞ 折角 気を使って、ユースケが左に、村上が右にと換えてくれた前半に1点を取ったものの、どうしてシャットアウトできないかというか、殴り合いを選んでいくのは(?_?)。。。。 ガンプラも、オレンジジュースも、わた飴も満喫したのがイケナイノでしょうか。

ということで、以下 簡単に。

070415_00

070415_01

070415_02

070415_03

070415_04
ということで、ユースケの位置は逆で、イチ・淳吾と対面。
ただし、後半は元位置なので、
ユースケはバックスタンド側しかおりませんでしたな。

070415_05

070415_06

070415_07

070415_08
いきなり、チャンスだけど。

070415_09

070415_10
ついに岡ちゃんが得点。
どうみても、川崎のサイド攻撃は孤立気味だし、このままイケルかな?と思ってました。
070415_11

070415_12
後半です、(;´д`)ゞ アチィー!! 

070415_13
後半はサイドを反対にしてきました。通常の川崎布陣。

070415_14
飛び込んだ西部を蹴ったとかで、ちょっと諍い。

070415_15
調子の出ないタニと我那覇に代えて、黒津投入。
カワム~はタニの代わりだけど、中村が前目に位置取りしてきます。

070415_16
で、川崎の攻勢。

070415_17
で、こうなるわけです。問題は技術的なものはあるのですが、
ここから何分間をやり過ごせないことかと。

070415_18
一気に逆転。いや、大分戦ではこういうことをやっていたんですね、
でも、立場が変わるとできないということでしょう。
このへんは、上位争いをするチームではまだないのかなと。

070415_19
気持ちよく逆転させてしまいました。

070415_20
FK、CKもあまり脅威を与え切れてないんですよ。もっとも、FK自体も少なかったし。なにより、相手ゴール前エリアでボールを失うことや、パスのタイミングが合わないことが多い。相手が良かったとも思うのですが、そこを打破しないと。

070415_21
で、ウマく時間を使われておしまいです。
残り3分で矢島を入れる意味はなんなんでしょうか?

070415_22
心境複雑なゴール裏でした、一応 拍手とエスパコール。

【良かったこと】
岡崎のゴールし、枝村の代役として使えそう。
とか
淳吾がやや復調してきたこと(今日はボールロストが少なかった)
とかですかね。

次は鹿島ですが、まぁ、自分たちの局面での甘さを反省して頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎戦終了負けたよ

川崎戦終了負けたよ
アップ中に練習していた胸トラ失敗から同点。
せっかく、川崎の布陣ミスからリードしていたんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウェイ側

アウェイ側

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/11

07J2-08札幌対福岡 観戦記

今年のJ2でも上位争いを展開中の両チーム。序盤を見る限りでは中~上位争いは熾烈、下位チームはほぼ固定のように見えるのですが、日本平にいけない代わりに行ってきました。

(感想)
両チームともに守備は手堅い
福岡はショートパスで繋いで崩すのがリティっぽい
札幌は手堅い4枚守備でサイドからクロスを狙うのが大宮っぽい。
両チームともに負けないことが優先
雨の降っていることだし、ミスしたら負けだな。
しかし、ボール保持者への足元へのチェックは激しいな。
攻撃はパス精度が低いし、セットプレイもあんまり脅威を感じない。

070411_01
天気が悪い中、札幌サポを中心に集客が2千人台。
西が丘だから、やっぱり専用スタは(≧∇≦)b

070411_02
ホーム側ゴール裏はほぼ満員です。
アウェイ福岡はさすがに少なかったですが、声は出てましたよ。

070411_03
後半直前。選手はホームゴール裏とメインスタンドの境目
(写真左奥)から登場。ベンチ裏には控え室が無いという設計の為。

070411_04
チャンスも五分五分といった感じ。
中盤でボール失う(奪う)ことが目立つので、
このあたりも、お互い問題な気もします。

070411_05
ということでお互い手堅く勝ち点1をゲット。
J2の試合はまだまだ序盤、次はいつ観戦できるかな?
札幌は最終ラインの守備を中心に非常に安定しているが、
攻撃にアイデアは少ない。着実に負けないサッカーを
展開中。外国籍選手がもう少しメドが立つと昇格が
現実的になってくるのでしょうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/10

柏と3戦目

普通に会社行きますし、早退もしませんので、イケません。

ということで、折角のベスト布陣が決まったことだし、

ここで、サブメンバーの突き上げが欲しいところです。

結局 どうなるかは、浩太(のポジション)なんだろうなぁ。

エディがいない場合のオプションとしての浩太なんだろうけど。

Fマリノス戦の反省を生かして、勝ちを拾う試合をして欲しいですなぁ。

ということで、明日は浩太に期待しております。

そうそう、迷った末に、明日は西が丘に出没予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/09

大分戦の観戦記に追記

枝村ショックを受ける前に書いた観戦記をアップしました。

水曜日ムリさせなかったのに、結局 傷ついていたんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07J1-05大分トリニータ戦 観戦記

長い旅は朝7時に始まり、22時30分に終了。
観光の後、たどり着いた試合は
マッタリとした空気とやや寒い風が吹く中始まり、
安定した守備でなんとか競り勝った試合でした。

070408_01

この悪い中でも勝ちを拾うという安定感が
水曜日以降も続くといいなぁ、と思いました。
ちょっと疲れたので、詳細はまた、明日にでも。

難敵に勝てて良かったです。。。。。

4月9日追記
070408_02
すでに葉桜でした。

070408_03
やまいもさん・・・・・・。

070408_04
序盤は攻め込むのですが。

070408_05
決定的な場面もあったんですが。

070408_06
後半 FKを得る。

070408_07
で、イチがゴール!

070408_08
すぐに、JJもゴール!!

070408_09
2対0です、残り20分弱。
シャムスカですから、ここからが勝負でしょうと思ってました。

070408_10
で、攻め込まれて。

070408_11
また、攻め込まれるのです。凌げるかなぁ・・・。

070408_12
FKもあったりして、やや一方的に。
ここらあたりで、体張って=ファールを貰って立て直せるといいのですが
まだまだ、慌ててクリアが目立つ感じです。

070408_13
なんとか、凌いで試合終了。
遠くからお疲れ様でした。お盆は宜しくです。

070408_14
試合終了。なんかホームで勝ったのは久しぶりな気がします。

で、いろいろ-大分戦 観戦記---

水曜日のメンバーからの変更は、純平>藤本、平岡>和道、浩太>枝村。FWには思考錯誤の末に落ち着いたフェルとJJが入った。前節土曜日の大宮戦からは、風邪のJJを除けば、ほぼ固定と思われるメンバー。

 昨年から見れば戦力が外国籍選手のレベルが低下しているとはいえ、統率力と戦術には定評があるシャムスカ監督が対戦相手だけに、現状 弱点と思われる中盤サイドでの守備陣形を突かれてきたところをいかに我慢するかに注目しておりました。

勝負の分かれ目は、波に乗れてないFW陣の得点に結びつかない攻撃を中盤以下が我慢して粘っていくか、かな?とも。

 前半は、ホームのエスパルスが逆風のなか攻め立てるものの、何回のチャンスを逃していくうちに段々、大分が攻勢をかけ始める。特に、中盤あたりでボール奪取できると、どのチームも大きくサイドチェンジをかけてサイドMFの2人を走らせ振り回しに来る。さらに高橋と根本の両サイドに加えて、宮沢と西山が中盤の高い位置でテルの両脇を突いてくることで大分の攻撃の時間が増え、枝村が下がり気味のフォローに時間を割くことが多く、徐々にチェック位置も低くなってきた。

 それでも、3人で囲みボールを奪ったり、ハイボールの競り合いではDFが手堅く負けなかったりということでDFラインでのボールキープを繰り返すことで無失点に抑えることができた。

 後半は、フェルがやや下がり気味になり、淳吾がやや低めサイドと横移動で中盤の枝村と逆サイドの兵働をフォロー。特に、兵働が大分DFの深谷の横にフリーランと突破を仕掛けることでアウトサイドの高橋の攻撃が沈静化し、エスパルスは左サイドから押し込む形になる。

 イチのシュートはフクアリほどではないけど、左サイドと中央が押された大分が作ったスペースにフリーで駆け込むことができたから生まれたゴールで、FWが得点できなくても形は作っていけることが今シーズンのしぶとさ(但し、今のところリーグ戦だけ)という印象を強く受けた。

 2点目については、後半 マークがずれだしたスペースに枝村がボールを突っかけてJJが決めたということだが、得点直後にさらに畳み掛けるという点ができていることが、すばらしいというか、成長しているなぁと思わざるを得ない。

 前半だけを見れば、寒くてマッタリムード、今日はドローかな?という印象を1得点後に加点できるあたりは上位の力があるという証明はできたでしょう。

 後は、過密日程の中で、いかにリーグ戦以外(ナビスコ)で控えメンバーを加えたなかで、落ち着いて勝ち点を重ねるか、ということでしょうか。

 今日は、アウェイの観客動員が見込めない対戦相手であったが、なんとか約1万3千人を集客できた。正直 対戦相手の渋さ・日曜日の16時からという時間の悪さから1万人ちょっとかと思っていました。それでもこの集客。メインスポンサーのマッチデーという振る舞いはあったにせよ、県内でのTV中継がスカパーに限定されたことはちょっとあるのでしょうか?もし、「地上TV中継が無いから来て見たという」側面があるなら、県内中継がある・ないは以外と集客上の重要なファクターになるのかもしれません。

 水曜日の柏戦、次節の川崎戦は、U22の召集とナビスコへの注力次第で、ある程度のメンバー落ちが予測されます。あとは、控えメンバーを含めてチームとして戦術が機能するかですね。

こんなこと書いていたらキーマンの枝村が肉離れでアウトだと。orz

結局 キーマンは浩太なんだな、今年は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/08

大分戦、勝ちました!

大分戦、勝ちました!
イチのゴールが全てかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大分戦前半終了です。

大分戦前半終了です。
手堅い守備に苦戦、中盤が辛いなぁ。
エディ、淳吾は沈黙してます。
以外と観客動員できているのが嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/05

07NC-03横浜Fマリノス戦 観戦記

ホント寒い中 現地な皆さんお疲れ様でした。ということで、こっちも疲れたんで、今回は簡単にアップしてオシマイ。日曜日までに時間があったらコメント追加します。
試合終了の時はそうは思わなかったけど、よく考えてみると、今日は結果はでなかったけど、控えメンバーでのホームのときより良くなっていると思いますよ。
結果 意外はね。

070404_01

070404_02

070404_03

070404_04

070404_05

070404_06

070404_07

070404_08

070404_09

070404_10

070404_11

070404_12

では、お休みなさい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/04/04

ナ杯横浜FM戦負けました。

ナ杯横浜FM戦負けました。
二点目はゴールキックをヘッドで競り負け、坂田が持ち込んで、シュート。
全般に寄せが甘く、相手にキープ、パスワークを自由にさせてしまった。
矢島の一対一が決まっていれば、結果は違ったでしょう。
選手は否定するだろうが疲れて、走り負けしてる。と思うな。
児玉を使ったのは計算外だけど、最後 枝村を投入しなかったのは、リーグ戦を優先したからかな。

まぁ、ナビスコはこれでほぼ、終わりかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前半0-1 終了。

前半0-1 <br />
 終了。
先制されたシーンはみてません。
Fight!だ!
でも、寒い、寒すぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/02

07J1-04大宮アルディージャ戦 観戦記

070331_01
予想以上に渋滞していて、今帰宅。土曜日の試合については、今日 月曜日の夜にでもアップするよう延期します。m(__)m

追加でアップしました。

070331_02
以前は、駒場のサブグランドといえば、近隣からの集客用にと駐輪場であったが、そのうち、人工芝コートになり、今日はファミリー客用の遊技場となっていました。
070331_03
手作り感ありありの当日券売り場でウロウロしてましたが、ダフとか余り券を掲示するホームなかたもおらず、素直に正規チケット購入。前売りを買わなかったのは、JAFメンバーだから。大宮はなぜか、JAF会員に特典を付与しており、当日価格は前売り価格になる。いつもの出島を通り過ぎ、070331_04
バックスタンド1F後方に座る。後方を選択した意図は、崩れそうな天気対策と視野を確保するため。結局 最後まで雨になることもなく、スタンドからの俯瞰アングルを確保したいという意味では、2Fの前列あたりがよかったかもしれません。

070331_05
アップ開始です。大宮は先発から小林(大)がいない。
 驚いたのは場内MCも「見たことの無い」というサーレスが先発はしないものの、いきなりベンチ入り。アリソンってスピードあってよかったのに、揉めて帰ったんだっけ、と思いながら、試合開始を待つが今日も「客、少ない!」と思う。。。。

特に、ホームとアウェイを指定しなかったら、ホーム側カテ3を購入していたらしいことに気付く(ーー;)

 セメテ買う前に聞いてくれよシミスポさま。かといってアウェイ側には入れてしまうのでなんともいえない。バックスタンドはセンターにカテ2があるが、それより出島側、アウェイ側はエスパルスサポが席を埋める。カテ4ゴール裏を併せて大勢を図るに55:45でなんとか大宮ホームかもしれない。でも、ゴール!時の歓声からするとアウェイ側カテ3はほぼジャックできていたんだろう、と考えるとハーフなのかな。

試合前のコールを聞いていると、エスパルスサポのテンポもなんとなく遅めで鈍い印象。対する大宮もなんだか冴えない。やはり仮住まいではやりにくいのかも。070331_06
大宮戦@駒場レッズホーム 三菱=オーロラビジョン?

070331_07
先発のメンバーと栗鼠

070331_08
FWに入ったフェルのボールさばきがテンポいい感じで、パス廻しが生きる。
西沢のキープやポストは十分な感じ。
なにより、センターDFの2枚がほとんどを跳ね返しているので、競り合いは話にならないくらい勝てる。
兵働と淳吾はポジションを変えながら中盤をキープしている。
枝村はFW2枚のフォローを確実に行い、前線への顔出しができている。070331_09


070331_10

070331_11

070331_12

070331_13

070331_14
大宮は守備はまずまずなものの、攻撃はまったく冴えない。
中盤センターと左サイドでの児玉の攻め上がりを阻止できず、押し込まれる。
前半 エスパとしては得意な形から専制点を獲得したが、2点目はそろそろハーフタイムが見えてきてキープしペースダウンを両チームがもくろむ中、効率的に攻め込んで追加点は、意識を分断することとなりかなり効果的に思えた。

070331_15
ハーフタイム。困惑したくなるのは、前半 攻撃で2点リードというのは、兵働、由紀彦でリードし、熊谷でズルズル逆転を喰らったパターンを想起させるということ。

070331_16
後半も出だしからいい感じで攻め込む。魅力的な攻撃を展開。
 だが、ペナルティエリアでのパス交換禁止条例(ショート強制条例)を公布したいくらい決まらない(;一_一)
070331_17

070331_18

070331_19
大宮途中でのFW3枚追加投入は、選手のやる気を起こしていく意味では面白かった。が、こっちの対応策も拙かった。

 浩太を入れて中盤を厚くしたつもりだろうけど、あれなら、平岡DF入れてマンマーク(旧はレッズ戦で斉藤をトゥーリオ対策)。前3枚でゴール前からのクリアをキープ、速攻ではなく遅攻で肉弾戦を交えて、イエロー誘発で良かったと思うのですが。
070331_21
家本さんにはなにも言えません。
ボール見て無くても推定で下す判断というのも面白いですなぁ。
見てない(見えないアングル)なら、副審と相談すればいいのに。
ここだけは大宮に同情。
サーレスのレッドは、今年の流行である激しい競り合いではなく相手を傷つける故意なプレイだから当然なのかな、意図的に胸にシュート気味にボール(足?)を当ててイチが倒れたように見えたし。
まぁ、前半はまだ良かったけど、後半は試合自体をコントロールできてなかったことは、間違いない。
070331_22

070331_23
とりあえず、電光から一人消えました。

070331_24
10人のパワープレイに屈し、1失点。
まぁ、3点目が取れなかっただけに、0で凌ぎたかったですね。
といいながら、なんとか終了することはできました。

070331_25
リーグ戦で勝ち星がない大宮。
とはいえ、次の対戦も油断大敵、そんなに悪いわけではない。

070331_26
なんとか天気も持ち応えました。

この試合の成果)
1.攻撃面での連携が改善
試合前のアップでも出し手のトライアングルパスを受け手がスルーして、背後プレイヤーがダイレクトで4番目のプレイヤーにパスを出すといったことをやっていた。
ナビスコ(ホーム)Fマリノス戦では意思疎通が不足し、近距離でのパス交換を失敗して、カウンターを喰らっていたことを考えると、指導での対策はしているし、タイミングの合い始めており、効果が続きそう。

2.基本布陣の構築
新しい戦術にトライしていたことでなかなか固まらなかった先発攻撃陣であるが、当落メンバーのアピールの結果としてほぼ固まったと思う。今節はJJが風邪ということで西沢が入ったが、枝村の得点力やフェルのキープを生かす上では、フェルがFWとなり、JJか西沢がコンビを組むことになりそう。矢島は一歩後退という感あり。

純平と浩太が先発でのオプションであるけど、基本的には

---------JJ-------フェル--------
--------(西沢)-----(矢島)--------
--------------枝村--------------
-------------(浩太)--------------
---淳吾-------------------兵働--
--(純平)-----------------(純平)---
--------------伊東--------------
-------------(浩太)--------------
--児玉---和道-----青山----市川--
--(山西)-(岩下)----(平岡)--(なし)--
--------------西部--------------

という感じで固まるのでしょうか?

今後の課題
フェルがやっぱりトップ下が良いと駄々をこねることへの説得
淳吾の復調、兵働の体調維持(両サイドの中盤は消耗しすぎ)
浩太の生かし方=テル不在の場合の守備力維持
ナビスコでの控えメンバー起用頻度(水曜日に勝ち点が得られない場合)
代表で主要メンバーが出払ったときの戦力ダウンのカバー
控えメンバーのレベルアップ(岩下・長沢)

この後、大宮とはナビスコで2回、リーグ戦で1回対戦予定。今年のチームにとっての試金石は、一生懸命 守備するタイプ、今回の大宮、新潟戦をいかにやり過ごすか、トータルで負けないか?でチームの成熟度の向上が確認と思う。

「懸命な運動量」というタイプでは柏には勝ててないが、大宮戦については、また約1ヵ月後には同じ会場での再戦が待っている。5/9のナビスコ再戦でチェックしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »