« 07J1-02ジェフ千葉戦 観戦記1 | トップページ | 07J1-02ジェフ千葉戦 観戦記3 »

2007/03/11

07J1-02ジェフ千葉戦 観戦記2

070310_15
先発は、浩太が外れてテルが底、右が淳吾、左が兵働、DFは変化ナシ。オフィシャルなスタメン表では枝村がFW扱いとなってましたが、2トップはJJとフェル、枝は去年と同じトップ下という感じ。4-1-3-1-2という感じ。

070310_16
対するジェフは、ストヤノフ中心に3バックで、各種報道どおり、水本が中盤の底、2トップは巻と新居でサイドは左アウトサイドが水野、右は山岸、トップ下に羽生、水本と羽生の間に勇人。

070310_17
クロパンツも横にオレンジが入っているので、意外とマッチしているが、デザインパターンがシンプルなだけに、なんとなく昔のレッズアウェイに似てなくも無い。

070310_18
ちっちゃ伊野波、いや小さいのはフェルナンジーニョです。

070310_19
最初はジェフペースでかなり苦労したのですが、DFは手堅く、勝負の際でも競り負けません。ダイレクトパスの多用で競り合いを避けながら、膠着に持ち込みます。

070310_20
このあと、こぼれたボールを新居がシュートミスするのですが、兵働と西部がしっかりブロックに飛んでいるので、守備ではエスパルスは指示通りカラダを張ることができています。

070310_21
070310_22
イーブンボールを競り合いの中で、ダッシュして、クロスをあげて、こぼれてゴールという1点目だと思いますが、ジェフの両サイドを押さえることで勢いがでました。当たり前のことができ始めていることがうれしいやら驚くやら。。。。

070310_23
070310_24
2点目については、枝村の思い切りの良さと、フェルに感化されたようなドライブ感のあるドリブルでミドルシュートを突き刺すこと(いやダフってましたが)ができました。これを課題としていた1点目を先制したあとの畳み掛けることができたと見るか、ジェフの状態がジェフらしくなかったからだったと見るか。

070310_25
070310_26
070310_27
070310_28
さらに畳み掛けて、3点目。フェルの右からゴール左上にクロス気味のシュートで決まったとおもったら、跳ね返り・・・・・・・と思ったらテル!がなぜか押し込んでいて、あっという間に3点目が入ります。場内の雰囲気は沈みます。が、荒れないのはチームの素質なのか。水本を前目に入れてDFの安定と勇人によるFW陣へのフォローを強化した策は、序盤以降 両サイド2名を押さえ、バイタルでの競り合いにカラダを張ったエスパルスの策にハマった印象。前半はこの5分間はどうしようも状態でした。

070310_29
070310_30
070310_31
070310_33
070310_34
3点ダッシュ後もエスパルスには数度のチャンスはあったのですが、ジェフの攻勢を凌いで前半は終了です。  今日は淳吾がシュートにあたりが無かったのでデキはイマイチな印象でしたが、それでも最低限のことはできてました。
現実的に、このフェルをFWに入れて、枝村から後ろを昨年と同様の構成にする布陣は守備での安定性もあるなぁ。あとはフェルがFWで我慢してくれるか?だけど、と思いながらハーフタイム。ジェフの反撃が見物であり、このままおとなしくはゲームが終わらないだろうなぁ。(つづく)

|

« 07J1-02ジェフ千葉戦 観戦記1 | トップページ | 07J1-02ジェフ千葉戦 観戦記3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07J1-02ジェフ千葉戦 観戦記2:

« 07J1-02ジェフ千葉戦 観戦記1 | トップページ | 07J1-02ジェフ千葉戦 観戦記3 »