« 春休みはJRでダイラへ | トップページ | U22香港戦 »

2007/02/19

ホーム遠征計画 その3

FマリとのPSMがあっても観戦に行ってませんので、試合ネタではなくて、交通費ネタですよ、また。

前回までに、ツアーバスとかJRとかで往復した場合をとりあげましたが、自家用車で高速でいくとどうなるかも、計算してみました。まぁ、mixiでちょうど「あいのり」でどうよ?という議論もあったのですけどね。

サンプル:
ハイオク、ETC付き、4人乗車、(往復)東名+首都高速使用、休日昼間
駐車場は近くの民間有料Pを利用する。埼玉から静岡清水まで往復。

なにも工夫しないと、こんな感じです。
清水<>東京@3,850×2=7,700
首都高速@680×2=1,360
駐車場代@1,000×1=1,000
ガソリン40L @130×40=5,200
合計15,260円 ひとり3,800円ちょっとくらい

これを、ETCカード2枚準備し、往復4回の通勤割引を使っていくとですね。
首都高速@680   
東京>裾野@1,900 通勤 6~9時
裾野>清水@800 通勤 6~9時
駐車場代@1,000   
清水>秦野中井 @1,350 通勤 17~20時
秦野中井>東京 @1,350 通勤 17~20時
首都高速@680   
ガソリン@5,200   
合計12,960円 ひとり3,200円ちょっとくらい

となります。苦労する割には意外と削減できないETC(汗

 このETC通勤割の厳しいところは、行きの裾野ICを9時前に通過しないと2回目のカードを差し替えてもダメなところ。
 行楽シーズンで横浜>厚木あたりで渋滞しているときは気が焦るだけかもしれません。もちろんガソリンはレギュラーなら10~15円くらいは違うので500円前後は変わるのでしょうが、なんとも。

ということで、

オフィシャルツアーバス  4,000円
JR鈍行ツアー      2,950円
自動車あいのり         3,200円

ということで、春はJR鈍行ツアーの勝ちかも、とはいえ、帰りの時間が遅くなりそうな日曜開催とかでは「自動車あいのり」も久しぶりにやってみようかなと思ってます。とはいえ、観戦にかこつけて、実家に前後泊するときは募集できないんだが、この手は。

|

« 春休みはJRでダイラへ | トップページ | U22香港戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホーム遠征計画 その3:

« 春休みはJRでダイラへ | トップページ | U22香港戦 »