« 新潟戦引き分け | トップページ | 浩太とアレシャンドレ »

2006/10/22

J1-28 アルビレックス新潟戦 観戦記

ウマくいかないときはこんなとき。単調な速さに任せた抑揚のない、リズムに乗れない攻撃。出足の早い相手をいなせないボールコントロール。わけが判らないチャントが連呼されたと思うと急に念仏系のゴール裏。ゲームウォッチャー?チームの調子が悪いのはゴール裏が証明しているよ。 相手がそれほど強いということはなく、こっちのメンツがかなり落ちていることと、低下している体力面をカバーできない若手の面々。特に出番が無かったサブから昇格組は90分を維持するのが辛そう。

それでも、勝っていかないといけない。目標は勝ち点50だった。それはクリアできた。じゃあ、どうするか?2着狙いなのか?年末に向けて戦力と体勢を整理するのか?実際はそれを口には出せないが残り試合は6試合、天皇杯を入れてもあと7試合。成長しているのはわかったけど、レギュラーメンツが出れないときのパフォーマンスを維持できるか?が残りのテーマか。

とりあえず、体力低下するなかで良く凌いだ試合でもあるし、そんなときに勝ちきれないところが(もうちょっと大人かな?と思っていただけに)成熟度の低さを感じた試合でした。

061021_01
俺もお前も超バモス!が気に入ったのですが、
帰ってデータ見たら隅に写っているら「キショ━(゚∀゚)━11」がヤヤウケ。

061021_02
シートが一新。バケットシート風ですね。ヨーロッパでシートに「RECARO」ってゲームを見たことがあるような無いような。でもこの形が選手スタッフにとって座りやすいかは疑問。

061021_03
雨で中止になった福岡戦でのネタはタラコだったそうです。

061021_04
アップ開始。新潟チームのマナーが悪い(アップ終了アナウンスに従わない)のはホントに閉口。ちょっと嫌いになりました。

061021_05
といって、こっちも良く判らないダンマクを出したりして。こういうときは(試合結果)ダメなんだよね、と試合前に危機感。まぁ、因果応報。

061021_06
ぱるちゃんとピッチで握手。

061021_07
コイントスを忘れる臨時キャプテンの和道。

061021_08
遠路はるばるようこそ。なんとなくですか、この人数は期待していたよりも少なく。昇格以降は行き詰まり感を感じているのですが、いかがですか??

061021_09
あっというまに1点。とはいえ、出だしからセンターバックはヤノキショーに負け気味で、おもったよりもゲーム展開が早すぎで、足元でも勝ちきれないルーズボール、よってカウンターの出し合いと、疲れそうな雰囲気を感じます。特に、決定機を外し続けたことで、こりゃ同点に追いつかれるな。。。。。。と。

061021_10

061021_11
新潟に押し込まれる、というか、寄せと局面での競り合いに負けていることとパス回しがうまくいかず、相手に振り回されることからペースが新潟へ。

061021_12

061021_13
でヤノキショーです。まぁ、シュート&ゴールは偶然といえば偶然ですが、あそこへ行く前にクリアしきれないのがいけないかと。

061021_14
AGが倒れる、途中まではなんとかでしたが、前半で久保山に交代。さらに苦しい展開。守備的にはあんまりかわらないが、溜めることができず、中盤はマルキのキープが頼りになる。枝村はマークされて良く倒されていたし、ボールコントロールが不安定。

061021_15
前半は結局 最初だけでした。新潟は前線の岡山先輩とヤノキショーが競り勝ったことが大きい。中盤でトライアングルパスをダイレクトで繋がれることでエスパルスはみんな振り切られていたし、ファールであっても止めるやつがいないことでますます視線が前になって新潟有利に展開。潰せなかったってことでしょうか。まぁ、潰したら相手がジョージ先生だけにもっと楽しい笛も期待できたので、お互いスタッフから予め注意があったのかもしれません。

061021_16
後半も変化無く、時々マルキがでてくるだけ。

061021_17

061021_18
攻撃のときに溜息がでそうになるのが、FK。キッカーが浩太とか森岡とかになってしまう。よって精度と相手へのプレッシャーはやや落ちるのでチャンスが微妙なものに。

061021_19
唯一のチャンスメーカーともいえる矢島。しかし、見どころは1回程度だけ。いまのマルキのデキ(決定率)ならFWは矢島+JJでマルキは2列目かベンチでいいと思うのですが。

061021_20
試合終了。最後のクロスからのヘッドも不発だった。調子がいいときはあの時間帯で幸運を引き寄せていたんですけどね。

061021_21

061021_22

061021_23

ということで、苦難は続くと思います。次節はアウェイのガンバ戦ですが、大阪へは所用により遠征できません。日曜日ガンバはFC東京に競り負けて勝ち点を伸ばせませんでした。あちらもガチャピン遠藤が長期離脱中。チャンスはあると思うのですが。

|

« 新潟戦引き分け | トップページ | 浩太とアレシャンドレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J1-28 アルビレックス新潟戦 観戦記:

« 新潟戦引き分け | トップページ | 浩太とアレシャンドレ »