« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/30

天皇杯緒戦 栃木SC戦は

13:00キッキオフです。

BS(NHK)で放送があります。これってよくないパターンかも。

残念ながら出勤となりました。

 

 

 

天皇杯って、延長&PKだよね。

いや、そうすると、途中からTVを見ることできるかも。

そんなことより、すっきり勝って欲しいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/29

J-29 ガンバ大阪戦 TV観戦記

備を徹底し追いすがったものの、最後は実力差がでた試合。今日は都合により前半は20分くらいまで、途中でTVを離れ、後半5分から最後までをBSで観戦しました。

守備では最終ラインとテルがマズマズの連携で最後までいかせないのはよかったのですが、細かくみれば、山西のパスミスがやや目立ちました。3バックのサイドを突け込めないということは、相手のウィングバックのデキがよほどいいのか?こっちのFWとMFの連携が悪いのか。TVでの映像からすると相手が良かったんでしょうが、もう少しMFで押し込みたいねぇ。

 後半、なんとかキープできていたけど、チャンスを逃した後 セットプレイでシジクレイがフリーでゴール。このあとは、今いる先発メンバーをいじってもパフォーマンスはあがらないと予測していた通り、矢島へのフィード、疲れたから変えた久保山、岡崎にチェンジして泥臭くといった狙いは監督はあったのでしょうが、ピッチにいる選手にはこの意図に応えることはなく、練習でもやってない感じで連動はみえず(ガンバの守備に攻勢が消されていた)、そのあとはラインが広がり、クリアがチャンスになりエスパルスの守備はズルズルと後退。

 前半でも、JJが前線で孤立ぎみ。後半は両チームとも暑かったのか、動きすぎたのか動きが鈍く、やや体が重たい印象。それでもガンバはセカンドボール、ルーズボールを着実につなぐ。エスパルスはハーフウェーラインまでは持ち上がるのですが、そこから外へのボールは縦を切られて、中央のパス廻しは安定性を欠いてカットされて、逆襲される。 戦力面での劣勢を挽回するほどのパワーはいまのメンバーでは期待できなかったです。

 オフサイドラインを崩し、サイドからゴール前に突っ込むことに成功したにも関わらず、勝負しないでクロスを選択した純平には失望。成功率が高いからクロスを選んだというであれば、状況判断が間違っているよ、といいたくもなる、いつもと同じパターンだけど、それで決まっているの?と。辛らつかもしれないが、従来サブのメンバーがここにきて怪我の影響で先発になってます。2者の違いは、こんな状況判断の悪さ、予測によるポジション修正への動きが緩慢、最後まで競る意思の弱さだと思ってます。かと言っていても彼らにこれ以上の代わりはいないわけですから先発しているんですし、こっちも応援するわけですよ。

 今日のゲームでもやや引いて構えているのはかまわないのですが、正対する相手へ強い当たりでの第一歩の守備が徹底できてないから、徐々に前を向かれ、攻め込まれ、逆襲されるわけで、攻撃力がどうのよりも、優位でないにも関わらず淡白な守備姿勢がちょっとだけ悲しかった。

 良い点をあえて探せば、藤本の復帰により、ボールの落ち着きとパスワークがやや改善されたこと。マルキ以外でもキープできる箇所ができたことで、あいての守備が集中しフリーな状況を作ることができることはホッとする。といっても、兵働がいないだけ迫力がやや落ちるが、相手守備を混乱させるリンクができたのは今後に向けても好材料。

 しかし、負けたことで、Jリーグで2位狙い=ACL出場も現実的でなくなった。勝ち点50を獲得できただけに、集客目標をクリアできてないエスパルスの営業担当以外は、あとの5試合は消化試合にも見えてくる。

 サポーターのモチベーションはジュビロよりも上位?でフィニッシュするだけか。この負けから立て直せるか?は天皇杯の緒戦できっちり勝てるか?に掛かっている。終ったこの試合は忘れて、いまのメンバーに合致した試合をして勝つクセを取り戻したい。正直 正月の借りは返したいしね。

 でないと残り5試合を5敗するよ、そんな思いを胸にですね、晩御飯はヤケ食いだ!次 勝ちましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/28

明日

といっても、あと1時間もないんですが、浦和が『東海地方でのアウェイ戦の法則』で、ジュビロに負けたことにより、浦和と優勝を争っているホーム ガンバ大阪の攻勢もいやでも強まりそうです。
 エスパルスも(というかケンタ監督が)ついに腹を括って、病み上がりの藤本を先発で使い、サブに財津を入れて遠征に望むという背水の陣。冷静に見れば、ムリな箇所がちらほらと。

サポ的な心では

これで負けたら・・・・・・・・ダービーで連勝するくらいしか楽しみが無くなる。

これで勝てば・・・・・・・・・・ホーム川崎戦が楽しみ。

っていうくらい大切な試合<ちとオカシイか?

そうそう、

ここで引き分けたら・・・・・・ガンバもエスパルスも自滅ってことですか?

とにかく、葛飾いや和司か、いや勝つしかないと思うので、

TVの前で正座してみます。<イケナイからね。

では、寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/26

思い出せない

昨日の試合U-21代表戦で一番困ったのは、・・・・・・アレ誰?・・・・・が多かったこと。
特に中盤はめちゃくちゃ記憶できない。梶山とかもうひとりの青山とか田代じゃなくて、10番だれだっけ?あぁあ~~そうそう増田だった。
 A代表みたいに背番号が大きいのも問題だが、U-21になるとプレイヤー名はポツポツ知っていても、動き方とかポジションとかはテキトーな記憶しかない。特に3バックなんて最近エスパルスではやってないので、よけいに不思議な感覚。

 上から見ていて判るのは、でかくて坊主あたまの平山、苔口とが走り方でなんとなく。ポジションと体形で本田と北斗くらい、よって中盤は判らんから大型ビジョンでそのつど確認する。ついでに水本の変わりに千葉が出ているものと勘違いしていたな、ヾ(^-^;) ゴメンゴメン 一柳くん。

ついでに視力が減退気味なのでそれなりの距離しかないけど、大型ビジョンの文字も読めないんですよ、 ( ・д⊂ヽ゛ って感じ。

友人とガンバはA代表ヤットが過労でアウトだね、って話からドイツWCメンバーの背番
号の話になったんだけど、

1番セイゴー、

2番田中まこから茂庭、

3番駒野だっけ、

4番ヤット、

5番ツネ、

までは浮かんだんだけど。。。。

 

難問だったのは6番、阿部ちゃん、じゃなくて

(;一_一) ナカタコ??・・・・自信ない(;・∀・) あとで確認して

7番?は・・・・・ヒデだよね。

8番?

(;一_一)だれだっけ? (;・∀・) ・・・・・みつおくんかな??

9番は高原だよね? かなり不安

(以下の背番号については、あまりの記憶力低下につき中止。)

結局 それくらい簡単に物事忘れるんですよね、まだ半年もたってないのに。

ということでU-21もやっぱり覚えられなくて、小型で300円パンフ買ったけど内容はかなりテキトーで。法政の本田くんとか載ってないし。

「入場料2,000円」と「パンフ300円」はいまのU-21の広告価値、たしかに身の丈にあっていることはあっているけど。

 
なにげにZICO鹿島勢の背番号の記憶が薄いのは、なんでだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/25

U-21代表 日本対中国 観戦記

平日ですが、観戦しました「日中韓サッカー U-21代表交流戦」ってやつです。

日本 2-0 中国(東京・国立競技場/21,190人)

得点者:17' 梶山陽平 82' 平山相太

エントリー書いていたら、システムエラーで消えてしまいました、
立ち直れないので、とりあえず、写真だけアップ。

061025_01

061025_02
アオが6番って、ヘン?エスパで26だから6なのか?
本田君は、広島の青山くんが先発のためかベンチ。

061025_03
整列

061025_04
前半 たちあがりから攻めこまれてます。局面では競ってましたが、攻撃のアイデア、個人の突破力は中国のほうが上です。

061025_05
が、なぜか先制できたりする。本田のクロスがいいのか?平山がいいのか??このレベルだと平山は安定して見れるのですが、それでも、前線へボールが届かないチームです。得点がとれそうな気配も展開も感じることができませんでした。

061025_06
DFが踏ん張るんですが、中盤・前線はウマくいってません。両サイド北斗とG8本田はそこそこできてます。ボールを溜めることも突破することもできるのですが、そこから前に繋げません。

061025_07
中国 CK

061025_08
後半です。

061025_09
枝村 投入。ちょっとだけ前線への突っ込みが良くなってきました。

061025_10
GKのパンチングが平山に当たってそのままゴールで2点目。
まわりからはなぜか笑いが起きる。GKのえらーといえばそれまで。

061025_11
前半よりは攻め方が良くなったように見えました。

061025_12
試合終了。

061025_13
微妙にチーム内での立ち位置がわかるの図。

U-21は中盤と前線の組み合わせとコンビに問題が多くて、監督以下スタッフの悩みも大きそう。ここではチームでコンスタントに出場している選手がやっぱり優先されている気がします。オシムが見て反町監督を強く指導したのも判るデキ。

あと、2万1千人の入場者のうち、「ご招待」は半分以上なのでしょうか??当日券の列より招待券を交換する人の列が長かったので、アレが無ければきっと1万人割れだったでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/22

浩太とアレシャンドレ

昨日の試合ですが、バックススタンド側で観戦していた方で気付いた人はいるかもしれません。

「浩太 水 飲み過ぎ。。。。。。」

と。

後半からの途中出場で、昨日の気温と湿度からすると給水量はさほど必要がないはず。しかし、最後は5分間ももたずに、ボールが切れるたびにボトルに手が行く。

もしかして。。。。。。。。。と思ったら、やはり再発のようです、詳細は週明けみたいですが。最後にピッチにへたりこんだのも、体調が宜しくなかったのですね。

アレシャンドレも重症で、4ヶ月。ホントに(来シーズンの)秘密兵器になってきました。

これだけけが人が続くと、ホントに笑うしかないかもしれませんが、あの人たちにはチャンスですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

J1-28 アルビレックス新潟戦 観戦記

ウマくいかないときはこんなとき。単調な速さに任せた抑揚のない、リズムに乗れない攻撃。出足の早い相手をいなせないボールコントロール。わけが判らないチャントが連呼されたと思うと急に念仏系のゴール裏。ゲームウォッチャー?チームの調子が悪いのはゴール裏が証明しているよ。 相手がそれほど強いということはなく、こっちのメンツがかなり落ちていることと、低下している体力面をカバーできない若手の面々。特に出番が無かったサブから昇格組は90分を維持するのが辛そう。

それでも、勝っていかないといけない。目標は勝ち点50だった。それはクリアできた。じゃあ、どうするか?2着狙いなのか?年末に向けて戦力と体勢を整理するのか?実際はそれを口には出せないが残り試合は6試合、天皇杯を入れてもあと7試合。成長しているのはわかったけど、レギュラーメンツが出れないときのパフォーマンスを維持できるか?が残りのテーマか。

とりあえず、体力低下するなかで良く凌いだ試合でもあるし、そんなときに勝ちきれないところが(もうちょっと大人かな?と思っていただけに)成熟度の低さを感じた試合でした。

061021_01
俺もお前も超バモス!が気に入ったのですが、
帰ってデータ見たら隅に写っているら「キショ━(゚∀゚)━11」がヤヤウケ。

061021_02
シートが一新。バケットシート風ですね。ヨーロッパでシートに「RECARO」ってゲームを見たことがあるような無いような。でもこの形が選手スタッフにとって座りやすいかは疑問。

061021_03
雨で中止になった福岡戦でのネタはタラコだったそうです。

061021_04
アップ開始。新潟チームのマナーが悪い(アップ終了アナウンスに従わない)のはホントに閉口。ちょっと嫌いになりました。

061021_05
といって、こっちも良く判らないダンマクを出したりして。こういうときは(試合結果)ダメなんだよね、と試合前に危機感。まぁ、因果応報。

061021_06
ぱるちゃんとピッチで握手。

061021_07
コイントスを忘れる臨時キャプテンの和道。

061021_08
遠路はるばるようこそ。なんとなくですか、この人数は期待していたよりも少なく。昇格以降は行き詰まり感を感じているのですが、いかがですか??

061021_09
あっというまに1点。とはいえ、出だしからセンターバックはヤノキショーに負け気味で、おもったよりもゲーム展開が早すぎで、足元でも勝ちきれないルーズボール、よってカウンターの出し合いと、疲れそうな雰囲気を感じます。特に、決定機を外し続けたことで、こりゃ同点に追いつかれるな。。。。。。と。

061021_10

061021_11
新潟に押し込まれる、というか、寄せと局面での競り合いに負けていることとパス回しがうまくいかず、相手に振り回されることからペースが新潟へ。

061021_12

061021_13
でヤノキショーです。まぁ、シュート&ゴールは偶然といえば偶然ですが、あそこへ行く前にクリアしきれないのがいけないかと。

061021_14
AGが倒れる、途中まではなんとかでしたが、前半で久保山に交代。さらに苦しい展開。守備的にはあんまりかわらないが、溜めることができず、中盤はマルキのキープが頼りになる。枝村はマークされて良く倒されていたし、ボールコントロールが不安定。

061021_15
前半は結局 最初だけでした。新潟は前線の岡山先輩とヤノキショーが競り勝ったことが大きい。中盤でトライアングルパスをダイレクトで繋がれることでエスパルスはみんな振り切られていたし、ファールであっても止めるやつがいないことでますます視線が前になって新潟有利に展開。潰せなかったってことでしょうか。まぁ、潰したら相手がジョージ先生だけにもっと楽しい笛も期待できたので、お互いスタッフから予め注意があったのかもしれません。

061021_16
後半も変化無く、時々マルキがでてくるだけ。

061021_17

061021_18
攻撃のときに溜息がでそうになるのが、FK。キッカーが浩太とか森岡とかになってしまう。よって精度と相手へのプレッシャーはやや落ちるのでチャンスが微妙なものに。

061021_19
唯一のチャンスメーカーともいえる矢島。しかし、見どころは1回程度だけ。いまのマルキのデキ(決定率)ならFWは矢島+JJでマルキは2列目かベンチでいいと思うのですが。

061021_20
試合終了。最後のクロスからのヘッドも不発だった。調子がいいときはあの時間帯で幸運を引き寄せていたんですけどね。

061021_21

061021_22

061021_23

ということで、苦難は続くと思います。次節はアウェイのガンバ戦ですが、大阪へは所用により遠征できません。日曜日ガンバはFC東京に競り負けて勝ち点を伸ばせませんでした。あちらもガチャピン遠藤が長期離脱中。チャンスはあると思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/21

新潟戦引き分け

新潟戦引き分け

前半序盤のチャンスを逃した後、矢野とか相手FWとの競り合いにもなかなか勝てなかった。かと言って、ガンガン抜かれたディフェンスラインが悪い訳じゃなくて、全体的に動きが緩い。球際の強さでは負けていた。正直 相手の最後の精度の低さから失点しなかっただけで、良く負けなかったな、と思う。
現存のメンバーで、特性を見極めて先発の構成を変えてみるべきなのかもしれないが、まだまだ苦しい試合が続くことを覚悟しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/15

J1-27 名古屋グランパスエイト戦 記録

14時からの試合、オフィシャルの速報画面を追うこと2時間。あまりに「更新」ボタンを押すサポが多かったせいか、オフィシャルから後半ついに出たコメントが

【お願い】閲覧者が多いためサーバーが重たくなってきました。更新作業がしずらくなっています。ページは自動更新されますので、ブラウザー上の後進ボタンを押さずにページ更新をお待ちください。ご協力お願いします。m(_ _)m

(^^ゞ そのうちの一人が此処におります。ゴメン(-人-;)(;-人-)ゴメン

ネット中継もいいけど、文字じゃーなー。来年からはスカパーに入ってみようかな、でも、全試合生中継じゃねーとなぁ。なんかいい方法ないかね。

前半は文字だけ追っていても、グランパスの攻勢が厳しくてエスパルスの文字が少ない。試合前に注意していたのは、サイドプレイヤーになった本田くんが美しいミドルシュートを決めてくれたりしないかとか、こういうときに限ってトシヤが点を取ったりして・・・・とマイナス気味な思考。前半が無事に終わったとはいえ、マルキ+JJがうまくいっているようには読み取れないし。

後半、早々にウマいことヨンセンが得点したときからは、さらに今日は厳しいか?と思い始め、やっぱ藤本兵働の2人の穴はでかいなぁ、とグズグズしていたら、

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

JJゴール!

同点になってからは文字もエスパルスの積極的な(でも攻めきれない)文字が躍る。しかし、交代が浩太(ここは判ったが)、久保山(状況のキープ指向?)、岡崎(時間が少ないし期待しているのはなに?)。。。。消化不良のままタイムアップ。

見てない試合だと、頭には??が浮かんだまま。

レギュラーMFが欠け、攻撃面ではやや安定性にかけております。今のメンツでは、浩太でややキープして、他が中盤と前線をかき回してくれないといけないようですが、AGと純平ではまだまだなんでしょうか?藤本と兵働がいたから枝村の直進さが有効だったんでしょうか?中央に入る浩太のよさを生かす2人のMFは誰?なんでしょうか?

エスパルスのチーム力は夏の上位力から中位力に下降し、やや安定している状況。それにだけに次の新潟にいまの実力が通じるのか?そのあたりを突き破る中堅~若手の奮起が欲しいところ。そういい続けてもうそろそろ1ヶ月が経とうとしている。そうか、そろそろ10番は戻ってくるのかな。でも、天皇杯と来シーズンを見据えたら、チーム力向上のためにも今の戦力で立て直したいよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/14

大阪への旅記録

アウェイ戦、名古屋にはいけないけど、大阪には行ける。距離的にはちょっと違うんではないかい?と思いがちですが。バスか新幹線しか思いつかない名古屋に対して、大阪までのアプローチは飛行機とかも加わり、選択肢が多い。しかも、競合があるということで意外と交通費も距離比較だと安い(ように思える)。

大変遅くなりましたが、大阪の旅(サッカーはアレでしたが)です。

061007_299
大阪駅までは、深夜バスで移動。スーパードリーム大阪号。デジタルTV付きという1Fのシート狙いましたが、予約が取れず2Fの3列シート。フラット気味になるのは良いのですが、足元が少しだけ不足気味でした。大阪駅でまずはがっつりと朝食。

061007_300
むかったのはNHK大阪のビルです。
061007_301
こんな番組も始まってますね。でも、大阪駅で観光案内所で外人さんに混じり、3時の長居に間に合うためには・・・・ということで選んだのは、大阪城と通天閣の組み合わせ。通天閣が10時からということでまずは大阪城です。

061007_302
大阪城の展示を見て、大阪は「豊臣秀吉 伝説」の地であることがわかりました。なんせ、説明が彼中心です。清水にとっては、大阪アウェイとは徳川対豊臣なんですかね。

061007_303
こんな、列車?にも乗ってみましたが・・・・。意外と大阪城は敷地も広くて、8階建ての上り下りや、城内の展示を見るのに時間がかかりましたので、ちょっと急ぎます。

061007_3040

061007_3041
地下鉄で「動物園前」まで移動して、日立の塔、いや通天閣です。大きいような小さいような微妙な建物。しかも600円だし。しかし、大阪の地下鉄とJRもわかりにくいなぁ。それに私鉄も絡んでいるんで、乗り換えが複雑です。今回は地下鉄・バスの1日フリーキップを購入。長居にも地下鉄でいきました。

061007_3043
ビリケンさんに、エスパルスの勝利を祈ってみたんですけど、地元大阪の神ですから、聞く訳もないのか。

061007_305
ここで、8個入り300円のたこ焼きで昼食です。 ( ゚Д゚)グラッチェ

061007_306
で、アノ試合会場へいきましたよ。試合についてはこちらをね。

061007_307
試合前にはちょっとハラヘッタ気もしたので、商店街の某店でお好み焼きをたべました。関東のお好み焼きとは違ったフワフワ感のあるものなのですね。

試合が終った後は、風呂を目指します。予め銭湯の協会サイトとグーグルマップで長居第2近くの銭湯を検索しておいたのですが、歩いて5分くらいでしょうか。
061007_400
交生湯 場所: 長居東1-20-28 営業時間15:30~24:00
(定休日毎週火曜日) TEL:06-6698-6258
061007_401
地元のオジ(い)さんたちは、セレッソが弱いのは知っていましたが、今日 試合があったのは知らなかったです。銭湯のなかには試合告知ポスターもなかったんで、これはチームの営業力と思います。(だいたいチケットいくらくらいなの?とコッチが聞かれるんだから、まだまだ新規開拓の余地はあるかと。)

061007_402

061007_403
串かつとかどて焼きとか麦酒とかでおなかがいっぱい ( ゚Д゚)グラッチェ

061007_404

061007_405
雰囲気としては、こじんまりとした浅草6区?下町っぽさ全開。ちょっとアブナイヒトもぽつぽつとですが、人気店の並びをみると、なんとなく、観光地化が進んでいるんですね。でも安くてウマいものはたしかに多いです。

つぎは、道頓堀がみたいということで難波に移動します。

061007_407
スポンサーさま

061007_408
大阪にもあるペンギンの店の観覧車

061007_409
焼カニが500円 結構 列が長いので買うのはヤメ。

061007_410
で、もう一度たこやきと思って、チガウ店をチャレンジしたんですが、
6個300円、でも思ったほどウマくない。失敗かも。

061007_411

で、一通りの観光も終わりまして、大阪駅へ。

061007_3044
ヘッドマークのない寝台列車といえば。

061007_412
「急行」銀河です。本来は最終の新幹線に乗り遅れたサラリーマンが対象みたいですが、大阪からは、TDRあたりを早朝から訪れるひとが利用するみたいです。このあとは、サンライズ瀬戸・出雲が12時過ぎにあるだけですが、東京への到着時刻が大して変わらないので寝る時間を確保するためには、こちらのほうが宜しいかと。

061007_3045
木曜日の夜以来のベット。B寝台の下段、バスに比べればなかなかでした。浴衣もあるので着替えて寝ました。通路側に枕をおくと、声が聞こてきたので、窓側に枕を設置します。京都駅でヒトが乗ってきた・・・・・と思ったら、(-_-)zzz と眠りに落ちてました。

061007_3046

翌朝 無事 東京駅につきましたとさ、月末のガンバ戦は都合により行けないので、大阪遠征はまた来年?かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/12

今年もあと何試合?

天皇杯のスケジュールが決定し、トヨタカップの対戦も決まると、年末年始のカレンダーを決める時期がやってきました。

で、11月以降の観戦希望の試合 ざっと数えてみたんですが。。。。

01*11月03日(金)国立霞ヶ丘 ナビスコ決勝
02*11月05日(日)日本平     天皇杯(対SC栃木)
03*11月08日(水)フクアリ   天皇杯(千葉対札幌 )
04*11月11日(土) 日本平     大宮アルディージャ
05*11月18日(土) 横浜国際    横浜Fマリノス
06*11月23日(木) 日本平      川崎フロンターレ
07*11月26日(日) エコパ     ジュビロ磐田
08*12月02日(土) 日本平      サンフレッチェ広島
09*12月06日(水) 入れ替え戦 J2ホーム(柏・横浜・神戸あたり)
10*12月09日(土) 入れ替え戦 J1ホーム (大阪・京都・福岡あたり)
11*12月09日(土)岡山桃太郎 天皇杯 
12*12月11日(月)国立霞ヶ丘 AFC代表対クラブアメリカ(メキシコ)
13*12月13日(水)国立霞ヶ丘 勝チーム対インテルナシオナル(ブラジル)
14*12月14日(木)横浜国際  勝チーム対バルセロナ(スペイン)
15*12月15日(金)国立霞ヶ丘 負チーム対負チーム
16*12月17日(日)横浜国際  3位決定戦
17*12月17日(日)横浜国際  トヨタカップ決勝
18*12月23日(土)熊本KKW 天皇杯
19*12月29日(金)エコパ   天皇杯準決勝
20*01月01日(日)国立霞ヶ丘 天皇杯決勝

ということで、J2の入れ替え試合が関東であるとこうなりますし、ありえないけど、12月09日の天皇杯(岡山)と関西地区の某チームが同日開催はさすがに無理か? 開催時間が2試合でずれると、どっちも観戦できる?のかな?と思ったり。

現実では予定が埋まってしまい無理な観戦計画もあるんですが、とりあえず行き先とプランを考えるだけでも楽しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/11

アジアカップ予選 インド対日本

前半 終了間際 DF水本 負傷!

これはチャンス!!

と思ったエスパ系は多いハズ。

とおもったのは私だけで、アオはベンチにもいなかったんですね。

しかし。。。。。。

停電。。。。。。。。

前半終了。。。。。。。

交代は。。。。。。。。。。

長谷部王子。。。。。。。。

○| ̄|_

啓太がDF。。。。。。。。。

○| ̄|_

いつの間にか、FW2枚以外は全員MFな気がするのは私だけ??

お願いします、オ翁。

使ってください、うちの若い衆を。

 

 

 

ようするに、アオは反町枠でしょうか。

冷静にみると、オアじゃ危なっかしいのは判るんですが。

クリアはできますが、気の利いたフィードはできないし、

でも、最近 A代表ではエスパルス勢 誰も出てないんで。

体格的にも、負けないサウジ戦は、

5分でいいので宜しくお願いします。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/08

J1-26 セレッソ大阪戦 観戦記

天候がはっきりしない大阪。到着した朝は晴れ、そのうちときどき小雨、また晴れ。雲の動きも早くて雨雲があちらこちらに。お昼を食べて電車で移動した長居にも雨雲が立ち込めて、到着した2時頃には黒い雲が居座る。
試合は残念なことに引き分け。関東で連敗し日本平で建て直し、また10月はアウェイ2連戦。セレッソの気迫が勝ったようにも見えるのですが、残り時間を考えてもう少しペースをダウンして落ち着いていけばとか、単純なクリアを混ぜて泥臭く時間を稼げばとか、FW増やすのは目に見えているんだからDF増やして引きこもってみれば、といろいろ考えたんですけど、チャンスはセレッソの方が多くて、エスパルスは直面では勝っていたんですけど、フィニッシュまでの持込は少なくて。名波がいなくなったことでセレッソはDFとFWのオンパレード。相手がクリアしたボールをそのまま持ち込まれてクロスまでという危ないシーンが幾度か。

エスパルスはこの試合レギュラー3枚オチで苦しい。チャンスが来た中堅は前の試合は生かしたからもしれないけど、継続して実力を試合で発揮できるか?が問われている。彼らにとっては今年というよりも、今後の選手生活においても勝負どころ。次の名古屋戦までにさらに連携を磨いて、フィニッシュが増えることを祈るのみ。

061007_01
イントネーションの違いをホームのアナウンスで知る。

061007_02
あっちの大きいのではなく

061007_03
こちらの小さめな陸上競技場です。

061007_04
本日はメインスタンドです。うろうろしてみます。

061007_05
こりゃ、ゴール裏 芝生席からはよく見えんぞ。
J1の開催基準に合致しているのか?

061007_06

061007_07

061007_08gol

061007_09

061007_10

061007_11

061007_12

061007_13

061007_14

061007_15

061007_16

061007_19

061007_20

061007_21end
遠くまでお疲れ様でした。
喧嘩してもしょうがないでしょ。お互いここまで来ているのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/07

どちらもイタい引き分け

どちらもイタい引き分け

先制までは良かった。
交代選手を入れて、攻勢を強めるセレッソの反撃抑えきれず、引き分けた。
計算外だった森岡のサイド、代わりが見つからない中盤。もう少し、レベルを戻すのに時間がかかりそうです。
次 挽回しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アップ開始

アップ開始

長居に着きました。
天候が安定してません。
雲時々小雨です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪到着

大阪到着

朝飯 終わりました。
夜行バスは足元がちょっとキツイ感じだったんですが、疲れていたからか、あっという間に寝てしまい、無事大阪駅に着きました。
では、観光します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/05

団体さん

問1 だれ? でしょう?

答1:次の中からひとつ選びなさい。

(1)某政党

(2)宗教団体

(3)修学旅行生

(4)新潟サポーター

(5)その他(            )

正解は21日の夜にでも。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/04

日本対ガーナ

TV観戦した雑感

●青山がベンチ

△パスはテンポ良く繋ぐつもりなんでしょうが、ダイレクトで繋げるケースはすくなく、ついつい止めて蹴るの繰り返し、それも蹴る動作前に受け手の体勢待ちがあるため、ワンツーではなく、ワン・ン・ツウーって感じで溜めがでてしまう。追い越す体勢にあるのに後ろ気味にパスが流れたりして、ボールストップがおぼつかない。ペナルティエリアでもタイミングよくとはいかず、受け手を捜す動作が入ったりして。慌てなくてもいいけど、もう少し突破してシュートする意欲も欲しいよね。

○ガーナの緩急、攻めずに廻すと見せかけて突破するとか、相手ボールのリスタートは簡単に再開させないとか。セコイということも当たり前にこなす。点を取るときはスピードで突き、点を取ったら、ペースをダウンするとか。一本調子でないところがマットウな気がします。

普通の相手だと、コレくらいまでしかできないというのが実感。ただ、ウマいヤツをいれると此処まで走ってくれなかったんだよね。ぬるくはないんだけど、ガーナと日本では個々の実力差が大きいのを本当に実感。当たり前に走れて当たり前にウマいやつがいないんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/02

J1-25 アビスパ福岡戦 記録

9月のアウェイ連戦を終えて、ホーム日本平へと帰っていったチームですが、こっちは所用が重なりホーム遠征ならず。日焼けした土曜日のイベントを終えて、日曜日も朝早くから送迎をこなし、気付けばお昼。

昼飯を作って食べて、皿洗って横になったらzzzzzzzzzz、

(゚Д゚≡゚Д゚)?

前半 終わってマシt

後半 ねっと観戦でもしようかな?と思ったんですが。

BSの甲府対ガンバが面白くて

ちょうど、ガンバがチャンスを外して、シジクレイの足元に石原が詰めて

3-0・・・・・・・・・ヴァンフォーレ!

ということで、時々 映る途中経過でリードを確認しまして

TVに集中してしまいました。

ということで、

新型鈴与のユニフォーム型横断幕は雨だし、開かなかったんですよね?

しかし、8月のホーム甲府戦といい、

自分がいかねーと大量得点だな、<行かないほうがイイということか?

ということで、今週 アウェイ大阪行きますから。

行きバス+帰りは寝台列車の予定。

だれか関東からイクヒトいね?

現地で遊んでくれる人も募集中。朝8時には大阪に居ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »