« 明日 | トップページ | 天皇杯緒戦 栃木SC戦は »

2006/10/29

J-29 ガンバ大阪戦 TV観戦記

備を徹底し追いすがったものの、最後は実力差がでた試合。今日は都合により前半は20分くらいまで、途中でTVを離れ、後半5分から最後までをBSで観戦しました。

守備では最終ラインとテルがマズマズの連携で最後までいかせないのはよかったのですが、細かくみれば、山西のパスミスがやや目立ちました。3バックのサイドを突け込めないということは、相手のウィングバックのデキがよほどいいのか?こっちのFWとMFの連携が悪いのか。TVでの映像からすると相手が良かったんでしょうが、もう少しMFで押し込みたいねぇ。

 後半、なんとかキープできていたけど、チャンスを逃した後 セットプレイでシジクレイがフリーでゴール。このあとは、今いる先発メンバーをいじってもパフォーマンスはあがらないと予測していた通り、矢島へのフィード、疲れたから変えた久保山、岡崎にチェンジして泥臭くといった狙いは監督はあったのでしょうが、ピッチにいる選手にはこの意図に応えることはなく、練習でもやってない感じで連動はみえず(ガンバの守備に攻勢が消されていた)、そのあとはラインが広がり、クリアがチャンスになりエスパルスの守備はズルズルと後退。

 前半でも、JJが前線で孤立ぎみ。後半は両チームとも暑かったのか、動きすぎたのか動きが鈍く、やや体が重たい印象。それでもガンバはセカンドボール、ルーズボールを着実につなぐ。エスパルスはハーフウェーラインまでは持ち上がるのですが、そこから外へのボールは縦を切られて、中央のパス廻しは安定性を欠いてカットされて、逆襲される。 戦力面での劣勢を挽回するほどのパワーはいまのメンバーでは期待できなかったです。

 オフサイドラインを崩し、サイドからゴール前に突っ込むことに成功したにも関わらず、勝負しないでクロスを選択した純平には失望。成功率が高いからクロスを選んだというであれば、状況判断が間違っているよ、といいたくもなる、いつもと同じパターンだけど、それで決まっているの?と。辛らつかもしれないが、従来サブのメンバーがここにきて怪我の影響で先発になってます。2者の違いは、こんな状況判断の悪さ、予測によるポジション修正への動きが緩慢、最後まで競る意思の弱さだと思ってます。かと言っていても彼らにこれ以上の代わりはいないわけですから先発しているんですし、こっちも応援するわけですよ。

 今日のゲームでもやや引いて構えているのはかまわないのですが、正対する相手へ強い当たりでの第一歩の守備が徹底できてないから、徐々に前を向かれ、攻め込まれ、逆襲されるわけで、攻撃力がどうのよりも、優位でないにも関わらず淡白な守備姿勢がちょっとだけ悲しかった。

 良い点をあえて探せば、藤本の復帰により、ボールの落ち着きとパスワークがやや改善されたこと。マルキ以外でもキープできる箇所ができたことで、あいての守備が集中しフリーな状況を作ることができることはホッとする。といっても、兵働がいないだけ迫力がやや落ちるが、相手守備を混乱させるリンクができたのは今後に向けても好材料。

 しかし、負けたことで、Jリーグで2位狙い=ACL出場も現実的でなくなった。勝ち点50を獲得できただけに、集客目標をクリアできてないエスパルスの営業担当以外は、あとの5試合は消化試合にも見えてくる。

 サポーターのモチベーションはジュビロよりも上位?でフィニッシュするだけか。この負けから立て直せるか?は天皇杯の緒戦できっちり勝てるか?に掛かっている。終ったこの試合は忘れて、いまのメンバーに合致した試合をして勝つクセを取り戻したい。正直 正月の借りは返したいしね。

 でないと残り5試合を5敗するよ、そんな思いを胸にですね、晩御飯はヤケ食いだ!次 勝ちましょう!

|

« 明日 | トップページ | 天皇杯緒戦 栃木SC戦は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J-29 ガンバ大阪戦 TV観戦記:

« 明日 | トップページ | 天皇杯緒戦 栃木SC戦は »