« 遠征計画 | トップページ | 国立到着です。 »

2006/09/15

鹿島戦プレビュー

前節 京都相手にかなりヘタレな試合をしたことで、鹿島FW陣の先発が変わるようです。チーム自体は中~上位で安定しているようですが、小笠原のイタリア移籍による離脱は中盤と前線の基盤に変更を強いられており、実質的には戦力ダウンをカバーできないまま今シーズンを終えそうな雰囲気です。
なにより、あの鹿島がホームの観客動員でかなり苦戦しているのは、ジュビロの後退とともに、驚きというかなんとも時代の移り変わりを感じさせてくれます。
060915_01

今節は、ファビオ サントス が累積で出場停止であるのに加えて、FWでは田代、サイドDFで内田がケガということで、監督は先発を外してくる(途中からでてくるだろう)柳沢とミネイロあたりを後半 どう抑えるかがキーなんでしょうか。あとはセットプレーの岩政といいたいのですが、小笠原のFKがないだけに効果は半減。

なんとなく、鹿島の雰囲気はリーグは引き分けでヨシ、意識は20日のナビスコ準決勝へと偏重とも思えるのですが、エスパルスとしても決して余裕のある勝ちかたは続けていませんので注意しなければなりません。
 前節 得点直後に失点してますので、まずは立ち上がり15分をしっかり守って、攻守のバランスをキープして主導権を握っていきたいですね。

なにより、関東サポーターのため開催していただくホームゲームだけに、今のエスパルスの勢いと実力を見せていただければ、と願っております。
天候もなんとか降らずに持ちそうです。では、国立霞ヶ丘でお会いしましょう。

|

« 遠征計画 | トップページ | 国立到着です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島戦プレビュー:

« 遠征計画 | トップページ | 国立到着です。 »