« 千葉対川崎 追記 | トップページ | サイスタ »

2006/09/23

浦和戦プレビュー

9月の関東3連戦の最後は、さいたまスタジアムでのアウェイ戦。
060922_01

レッズは、前節 終了間際にサントスのグランダークロスから逆サイド山田に渡り見事なゴールで勝利。監督交代でやや立ち直りを見せていた広島を振り切った。

最近の流行は、Jリーグチームが有名選手が予算的に獲得できない中で、監督の力量にフォーカスがあたることも多い。オシムの下で働いていたペトロビッチ監督、低迷するチームをなんとか立て直してきたジェフのアマル監督、策士ともいいたい大分シャムスカ監督などが乱立している。日本人監督では、関塚監督、大木監督に加え、結果を出し始めた健太監督もそのひとりか。今節のレッズはOBのギド・ブッフバルトが監督。しかしどうしても、選手層が厚いだけに監督の力量については?がつきやすくポンテと伸二の扱いにも苦しむところ。また、苦しい中で彼の采配が当たったとしても、報道は代表選手の活躍・・・・的になってしまうし。

明日のポイントは、中盤の啓太とテルの凌ぎあいと、レッズ3バックの両サイド 平川とサントスに対し、エスパルスの両サイド4人がどう引っ張りあうなかで連携して有利に進めるか?でしょうか。決定力はレッズが上ですが、エスパルスのセンターも手堅い。藤本が怪我で試合に出れない中、いつ純平からアレシャンドレにスウィッチするのか?太田とか平松あたりはなにしてんでしょうか?がポイントでしょうか。

ということで、首位ガンバを追いかけるにはお互い大事な1戦です。ということで90分間 せめぎあい凌ぎあいの楽しい試合になるでしょうから、関東橙色の皆さんも是非。

|

« 千葉対川崎 追記 | トップページ | サイスタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦和戦プレビュー:

« 千葉対川崎 追記 | トップページ | サイスタ »