« レッズ戦負けました。 | トップページ | 兵働 全治3ヶ月 »

2006/09/24

J1-24 浦和レッズ戦 観戦記

試合開始とともにエスパルスが攻勢をかけるものの、5分くらいからレッズペースとなり、前半15分過ぎにゴール前混戦からワシントンがゴール。コーナーキックから繋がれて、クリアにミスがあり、相手もシュートが美味い、近距離からフカサない。西部の股間を上手く抜いたシュートが決まり1-0。この陣容で前半リードされるのは痛いが、その後 エスパルスが猛攻。しかし、浩太があの位置では生きないか?最近のエスパルスの攻撃は右サイド次第。浩太が前を向いても、イチとの連携がとれない。手詰まり。左サイドは奮闘するも、マルキとJJへのマークは手堅い。

後半よりアレシャンドレ投入が投入されるが、気分的にはギャンブル?という印象。浩太に比べるとキープもできるし、インサイドへの移動で、右サイドスペースにもパスが出せる。しかしながら、イチとのタイミングも悪く、サイドへ助けにくるJJともタイミングは悪く手詰まり。

途中でクリアできても相手にセカンドボールを拾われ、攻撃に晒される場面があり、去年までよくあった光景が続く。懐かしい気分になりながらも耐え続けることができるところに成長を感じた。いくどか繋がれた後 セカンドボールをキープするのがマルキ。このあたりに連携の悪さ(チームの調子が後退している)と思い切りの無さ(クリアで上げきれないラインコントロール)を感じる。

全般的には、攻め込むエスパルスに対し守備の手堅いレッズペース。エスパルスのパスコースを着実に早く潰してミスパスを出すことでペースを作らせない。ただ、追加得点するほどの連動した攻撃はなく、局面で個人が打破することが目立ち、結局 田中達也へも効果的なパスはでない。レッズはそれほど調子がいいわけではなく、守備で勝ち続けている中での勝ち点3の確保は立派。

立ち上がりからやや気後れしたこと。前節 勝てそうな試合を負傷者の発生とやはり気後れしたような浮き足立ったことで負けたのは尾を引いているように見えた。鹿島戦で藤本が負傷し、兵働がオバトレ気味な体調。本来は右サイドで康平が先発してくるくらいの意欲がなければならないが、どうやら監督の要求には応えられず山本真希がベンチ入り。次節は下位に沈む福岡との対戦。負傷者+マルキの累積休みでさらにメンバーの変更が余儀なくされるが、果たして先発以外のメンバーが、どうチームを盛り上げ立ち直ってくるか?に注目したい。

関東近郊での開催ということで、エスパルスのサポーターも数多く集まった。これはチームの調子が良いからだろうし、それはよいことだと思う。ただ、なんとなく、こっちにも強い意思を感ることがなかった。野次るのがサポートではないと思うが、悪いときの日本平のゴール裏を見るようだった。リズムも途切れがち、声援も野次がち、こっちも息切れしているのか?ひとつひとつに必死だった去年はどこにいったのか、戦術が浸透しただけでメンツは去年並と思っていかないといけないと思うのですが。

20060923_01
今日は東武線から。隣になったレッズサポのおじいさんと話し込む。こっちもレッズサポを装い話を併せてあげましたよ。

20060923_02
会場外も結構な人がおります。

20060923_03
アウェイゴール裏。

20060923_04_1
華盛頓です。

20060923_05
王国にこだわりはないけど。
試合前にはU-16のレッズユース代表4人がトロフィーとメダルを持って挨拶に出てきました。<拍手とうぃーあーでお答えするレッズ側。

20060923_06
10月からはボーダーフォンじゃなくて胸マークはやっぱりSOFTBANKだよね。。。。。これで見納めですか。

20060923_07

20060923_08

20060923_09

20060923_10gol

20060923_11

20060923_12

20060923_13

20060923_14

20060923_15

20060923_16

20060923_17

20060923_18
ということで9月関東3連戦は1勝2敗でした。まぁ、鹿島を蹴散らして、勝てなかったのがポイントだったね。10月以降はU-21の代表戦もあるんで、またチーム編成が大変そうな気もします。私の次回は10月7日のC大阪戦です。ここからが踏ん張りどころ、元気だしていきましょう。

|

« レッズ戦負けました。 | トップページ | 兵働 全治3ヶ月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J1-24 浦和レッズ戦 観戦記:

« レッズ戦負けました。 | トップページ | 兵働 全治3ヶ月 »