« 鹿島2 清水1 連勝ストップ | トップページ | 週末は埼玉スタジアム »

2006/09/16

J1-23 鹿島アントラーズ戦 観戦記

3年ぶりの国立ホームゲーム開催。今の勢いを期待していたのですが、どうやら、運気は下降線のようです。注目され、研究され、ちょっと浮ついた感じがチームにも感じるのですが、なにより、あの迫力では国立でホームゲームをやる意味は粗ないな、と。
せっかく 静岡から多くの応援を頂いたのですが、ほかの関東アウェイゲームよりも纏まりの無い、連帯感の薄い声援になっていたように感じるのはなぜなのでしょうか?
060916_00
先得JAL’Sマッチということで入場口にはJALののぼりが。

060916_01
まずは敵サポの懐柔に勤しむぱるちゃん。
しかも、鹿サポの反応が(≧∇≦)b

060916_02
物は試しで、BIGってやつ買いましたよ、一口だけ。

060916_03
ふぁんきーもんきーべいべーがリターン。

060916_04
エアーギターも再演。

060916_05
たらこ・たらこ・たらこ・・・・・しかおくんに宜しく。

060916_06

060916_07
で、パルちゃんは、JALとも踊ってしまうのであった。

060916_08
ビッグユニ展開、一部 間に合わず。

060916_09
先発のみなさま、エスパルスは矢島>JJになったほかは変わらず。

060916_10
こんなFKが3回ほど連続でありました。
出足はアントラーズのメンバーが鋭く、攻撃的に足元に突っ込んできて、エスパルスの中盤が腰が引け、バックパスが多く。さらにアントラーズのクサビからのリターン+飛び出しについていけず、ズルズルと。せっかくJJがいるのだから、飛ばしでスペースを稼ぐのもいいのですが、落ち着きません。

060916_11

060916_12
と、攻め込まれること多し。

060916_13
接触プレイでイチが倒れて(審判のフォローはなし)

060916_14
テープでグルグル巻きになって復活。
それでも最終ラインの高さは圧倒的で、競り勝ってます。
前半は食い下がってましたが。

060916_15
中盤の緩さから、フェルナンジーニョにミドルを決められて1-0。
先週のフクアリもそうなのですが、関東エリアの芝は切り替え時期なのか、ラクビー等で使用過多なのか、かなり緩いです。ジェフ戦のミドルも、踏み切った西部の足元が黒くめくれてましたが、今日の国立もボロボロと踏ん張ると芝が剥がれてました。
2点とも、エスパルスの守備(サイドプレイヤーのあがったエリアを突く)と西部の弱点(至近距離は強いが・・・・)を丁寧に遂行してきたあたりが、監督・スタッフの差と感じました。
特に、先発となった中堅~脇役が奮起してくるのを期待する試合前のマスコミへの受け答えや、深井を右2列目前目に入れることで4バックを押し込む擬似3トップ体勢なども。

逆に健太の采配(選手もですが)は、前半途中で守備ブロックを修正しきれないことや、その状況下で藤本のケガを生かし、スタイルの変更に踏み切らなかったこと。純平よりは矢島を入れてマルキを2列目でフリーにするなど、押されているのに交代のメッセージが、いつもどおりというのも。(まぁ、素人が勝手に言っているだけですよ)

060916_16
ハーフタイム FMBとOWの競演。
彼らも「まだまだだよ!}と言ってくれたんですけどね。
スタンドは打開策が見えん!と思ってました。

060916_17
ぱるちゃんは、ローラーブレードで東城いや、搭乗、いや、登場。

060916_18
後半です、主審に不満もあったと思いますが、まぁIEMOTO様に比べれば笑える範囲ですし、万が一 主審に不測の事態発生で第4審の登場、いや搭乗、いや東城さまのほうが怖いですよね。

060916_19
ちょっと目覚めて、いつもどおりの攻勢にでるのですが。

060916_20
鹿島の岩政・青木・ソガハタは手堅いですよ。

060916_21
で、○| ̄|_  2点目
リスクマネージメントができておらず、ループで失点。
切り替えがなかなかできないねぇ。

060916_22
本日 期待していた通り、ヤナギさんとミネイロが交代準備。
ヤナギさんは期待通り、今日も外してましたね。

060916_23
鹿島2枚フォワード投入後 こっちに点がはいる。
ごちゃごちゃでわからんかった。

060916_24
得点は、えだむrrrrrr~~~~~~~らでした。
このまえにアレシャンドレが入ったんですが、足遅い、でもボールは意外と吸い付く、こぼれない、という芸風。まだまだ、右サイドでの連携はできてないんですが、前向くといい感じで突っ込みますね。ただ、シュート力は良く判りませんでした。

060916_25
で、矢島投入。
サポから自然に湧いてきたヤジマコールではアレシャンドレが投入。
のこり15分で矢島投入で、純平が左サイドバックに入って、前線を増やすんですが。役割もはっきりせず、ダランとした4枚ならべ。どっかの青い代表と同じで、パワープレーがヘタレでした。ペナエリアで切り替えし多用で横パス(クロスのつもりだろうが)は弱い時期にもどったように感じます。

060916_26
試合終了 左でうつぶせっているのは?拡大してみたらアオでした。

060916_27

060916_28
さて、夜のBSでレッズ戦を見てましたが、来週も正直 ダイレクトなマッチアップでは厳しいでしょう。そうは言ってもチャンスが無いわけではありません。
今日なぜ負けたのかは、スタッフ・選手ともに判っているのでしょうから、次節は、「プレーは熱く、頭は冷静に、90分間を丁寧に」突き進むだけです。

最後に、この試合だけで判断すれば、関東で無理にホームゲームをやる必要がないと思いました。公式では2万人、招待客を入れたら2.5万人くらいなんでしょうが、最近の日本平にある「勝たせてやる」という視線を感じませんでした。悲しいですが、強い意識のある1.4万人で専用スタジアムで囲むほうがやはりホームなのかもしれません。
今日も夕刻・曇天なのに最後まで照明がつかなかったり、装飾や入場者プレゼントなどが簡略になり、ビックスポンサーなのに予算が前面にでた運営に映りました。関東在住者としてはありがたいのですが、ホームの雰囲気を出せなかった以上 バッサリと切っていただいて結構です。頑張ってダイラまで通います。

次節 サイスタで反撃を楽しみにして、気分を切り替えて、秋の連休をお過ごしください。ではおやすみなさい。みなさん、お疲れ様でした。

|

« 鹿島2 清水1 連勝ストップ | トップページ | 週末は埼玉スタジアム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29219/11921326

この記事へのトラックバック一覧です: J1-23 鹿島アントラーズ戦 観戦記 :

» 敵状視察 ホーム 清水戦 [與野レッズBlog]
埼スタ三連戦のヤマ場、清水戦です。好調だった清水、前節は国立で鹿狩りに失敗。国立 [続きを読む]

受信: 2006/09/20 08:00

« 鹿島2 清水1 連勝ストップ | トップページ | 週末は埼玉スタジアム »